Create issue ticket

考えれる40県の原因 低アルブミン血症自己免疫性 肝炎

つまり: 低アルブミン血, 自己免疫性 肝炎

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 低アルブミン血症

    低アルブミン血症(ていアルブミンけっしょう)とは、医学用語のひとつで、ヒト血漿においてアルブミンの濃度が異常に下がることをいう。種々の低蛋白血症のひとつ。 アルブミンはヒト体内における主要な蛋白のひとつであり、血清においては蛋白のおよそ60%を占める。多くのホルモン、薬剤や分子化合物は血中でアルブミンと結合している。生物学的に活性を示すにはアルブミンから分離する必要がある。一例として、カルシウムはアルブミンと結合しており、低アルブミン血症は血中カルシウムイオンの増加をきたす。 アルブミン合成能低下、アルブミン喪失、アルブミン原料の不足といったことが原因となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 薬物過敏症
  • 脾機能亢進症
  • 低ガンマグロブリン血症
  • 結節性紅斑

    結節性紅斑(けっせつせいこうはん、英: erythema nodosum:EN)とは皮下の脂肪細胞の炎症(脂肪織炎)。結節性紅斑は圧痛結節を引き起こし、一般に脛部に認められる。種々な病因に基づく急性炎症性の皮膚症状症候群(免疫反応)である。 原因は不明で細菌、ウイルス、真菌などの感染アレルギーが主な原因と考えられている。このほか、薬剤によるもの、内臓の悪性腫瘍や、ベーチェット病、結核、サルコイドーシス、クローン病などの合併症によるものがある。 細菌感染では溶血性連鎖球菌、梅毒、サルモネラ菌、エルシニア菌、ブルセラ菌によるものが多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 腹水

    腹水 (ふくすい) は、医学における症状、病態で、腹腔内に異常に多量の液体が貯留した状態ないしはその液体をいう。 腹腔内には正常な状態でもごく少量の液体があるが、 血漿蛋白の減少による膠質浸透圧の低下 門脈圧亢進 腹膜炎、悪性腫瘍の腹膜播種、肝癌の破裂といった原因により、多量の漏出液や滲出液が見られるようになる。肝硬変ではアルブミン合成能低下及び門脈圧亢進により前者のタイプ、腹膜の炎症や癌では後者のタイプが見られる。 女性の場合は卵巣ガンなどの可能性がある。 症状・所見[…][ja.wikipedia.org]

  • 湿疹

    皮膚炎(ひふえん)とは、皮膚に起こる炎症のこと。別名湿疹(英: Eczema)ともいう。湿疹の特徴として「外見上、多様性に富む固疹が、時間的にも状態的にもみられる」「病理学的にリンパ球などの炎症細胞浸潤がみられること」などがあげられるが、統一した定義をつけることが困難な概念である。外見の変化を専門的には湿疹の三角形と言われ別項に記す。 湿疹とは病態(動き)を示す言葉であり、ある湿疹を診た時に、発疹が起こっているとは言うことができるが、発疹を診てこれは湿疹だと言うことはできない(同じことが蕁麻疹でもいうことができる)。皮膚に起こる形態的徴候は皮膚科学の言葉で発疹として別に定義されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 胸膜炎

    胸膜炎(きょうまくえん)とは、肺の外部を覆う胸膜(壁側胸膜 肋膜・肺胸膜)に炎症が起こる疾患である。かつては肋膜炎(ろくまくえん)とも呼ばれていた。胸膜炎はそれ自体で発症することは少なく、ほとんどは癌・結核・肺炎などの後に発症することが多い。 胸の痛み(胸水が溜まることによる) 呼吸困難(胸水が溜まることによる) 発熱 咳・痰 など 癌による胸膜炎(がん性胸膜炎)肺癌をはじめとするほかの部位にできたがんの転移などによるもの結核菌による胸膜炎肺結核をはじめとして結核菌によるものその他の疾患による胸膜炎肺炎や肺の化膿など肺に細菌が感染したことに伴うもの 慢性関節リウマチなどに伴うもの[…][ja.wikipedia.org]

  • ニトロフラントイン

    ニトロフラントイン(Nitrofurantoin)は商標名のマクロビッド(Macrobid)で販売されている尿路感染症に用いられる抗生物質である。腎盂腎炎には効果的ではない。投与法は経口である。 よくある副作用は吐き気、食欲不振、下痢、頭痛があげられる。稀にしびれ、肺または肝臓に支障をきたす場合がある。腎臓に問題がある患者には投与するべきではない。一般的に妊娠中の患者への投与は比較的安全とされるが出産が近い患者への投与はするべきではない。ニトリフラントインの効果は殺菌ではなく細菌の成長を遅らせる作用によるものである。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状