Create issue ticket

考えれる427県の原因 低アルブミン血症

  • 薬物乱用の問題

    薬物乱用は心も体もボロボロにしてしまいます。「いちどだけ」「いつでもやめられる」という考えは間違いです。薬物乱用は乱用者だけの問題ではありません。乱用者の周囲も巻き込み、不幸をもたらします。 乱用される薬物は、まず「心」つまり「精神」に大きな影響を与えます。薬物を乱用すると、一時的な幸福感や爽快感・不安感の除去・幻覚・快感などをもたらしますが、その効果が切れたときに襲ってくる苦痛から逃れるため薬物が欲しくなります。これが依存性(*)の形成です。さらに繰り返し乱用することで、同じ量では効かなくなる耐性が生じます。[…][city.nagoya.jp]

  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 食道炎

    内視鏡外科部長の竹村と申します。 最近増加している病気のひとつとして逆流性食道炎があります。逆流性食道炎の症状は胸焼けやのどの不快感、呑酸、食後の嘔吐など様々で、さらに喘息や慢性の咳、齲歯や中耳炎などにも関係しているとされています。時に狭心症を疑うような非心臓性胸痛と呼ばれる突発的な胸の痛みを生じ、救急搬送される方もあります。このように逆流性食道炎には多彩な症状を呈する疾患として知られていますが、その治療法は 1.生活習慣の改善 、 2.薬物による治療 、 3.外科的治療 の三種類があります。今回はこれらの治療法について解説します。 逆流性食道炎の治療法 1.生活習慣の改善 -暴飲暴食を避ける[…][minamiosaka.com]

  • 胃炎

    胃粘膜が異常に肥厚し、蛇行したやや硬い感じの巨大なひだがみられ、タンパクを伴う。その原因として多量のアルブミンが胃液中に漏出することが近年証明され、タンパク漏失性胃腸症の一つとして注目されている。症状は、胃部痛または不快感、悪心および嘔吐、食欲不振、下痢、消化管出血、浮腫、体重減少などであるが、無症状の場合もある。[kotobank.jp]

  • 肝硬変

    一方、肝不全対策は腹水の管理、アルブミン、肝性脳症の管理です。腹水については利尿剤の投与とアルブミン製剤の投与、場合によっては腹水濾過濃縮再静注療法が有効です。また肝性脳症、アルブミンについては、アミノ酸製剤の投与により良好な管理が得られつつあります。[kobe-asahi-hp.com] 肝硬変になると、アルブミンは肝臓内で作られにくくなり、アルブミンとなります。 アルブミンの状態では、血管内の水分が血管外に移動してしまいます。 その結果、お腹に水が溜まったり(腹水〔ふくすい〕)、 胸に水が溜まったり(胸水〔きょうすい〕)します。[ketsukyo.or.jp] リーバクト顆粒は分岐鎖アミノ酸だけの組成で常用投与量(3包/日)により12g の分岐鎖アミノ酸の摂取が可能であり、適応症は非代償性肝硬変患者におけるアルブミンとなっている。[osaka-eiyoushikai.or.jp]

  • 妊娠後期

    […] life 妊娠後期になるとお腹が随分と大きくなってきますよね。日常生活の中で不自由に感じてしまう場面も多いことでしょう。なかでも悩ましいのが、休息を取るための「寝る体勢」。仰向けから横向きに寝る姿勢を変えても肋骨が痛くて寝れない、お腹痛いと感じる場面が多いようです。 妊娠後期の寝苦しさ、先輩ママたちはどんな風に寝る体勢を工夫して乗り切ったのでしょうか? 妊婦あるある!?寝苦しいのは寝る姿勢の影響も大きい 妊娠後期。多くの妊婦さんが抱える「寝る姿勢」問題 「寝る体勢が辛いなんて私だけ[…][…]?」そう思っていたあなた、安心してください。多くの人が妊娠後期には同じ悩みを抱えていました。とくに8[…][select.mamastar.jp]

  • 心不全

    心不全(しんふぜん、英: heart failure)は、心臓の血液拍出が不十分であり、全身が必要とするだけの循環量を保てない病態を指す。[…][ja.wikipedia.org]

  • 閉塞性黄疸

    今回は、閉塞性黄疸とその治療を中心にお話したいと思います。 黄疸 とは、 赤血球を構成するヘモグロビンの分解代謝産物で黄色の色素であるビリルビンが血液中に増加した結果、眼球結膜と皮膚黄染をきたした状態 を言います。ミカンやカロチンの多いニンジンジュースなどをたくさん摂って手のひらが黄色くなる柑皮症とは全く違うものです。 黄疸は内科的治療が中心となる 内科的黄疸 と外科的処置が必要な 外科的黄疸(閉塞性黄疸) の2種類[…][ogorimii-med.net]

  • 門脈性肝硬変

    NaKMgアルブミン血糖 神経:肝性脳症 [肝肺症候群] 肝硬変患者で肺内血管の拡張などにより低酸素脳症をきたすもの。[www2.nms.ac.jp] アルブミン、肝性浮腫・腹水 肝臓の蛋白合成能の指標の一つに、血清中のアルブミン値があります。アルブミンが低くなると、足がむくんだり、腹水が貯まりやすくなります。アルブミンの治療薬には分岐鎖アミノ酸製剤の内服が有効で、アルブミンが減りにくくなり、増加も期待できます。[wakayamah.johas.go.jp] 腹水は,門脈圧亢進,腎でのナトリウムと水分の再吸収促進,貯留などの因子により病期の進行した状態で認められ,肝機能低下によるアルブミン(アルブミン産生低下)による血漿膠質浸透圧低下がこの症状を助長させる.末梢の浮腫や 胸水 (多くの場合右側)の出現もある.腹水貯留の結果,腹部膨満がみられ,腹壁の波動を触知する.また,腹壁ヘルニア,臍ヘルニア[kotobank.jp]

  • 乾癬

    乾癬(かんせん、英: psoriasis)は、慢性の皮膚角化疾患である。伝染性感染症ではない。 尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん、 psoriasis vulgaris ) - 尋常性とは「普通の、ありふれた」という意味から来ており、乾癬では最も患者数が多いとされる。 関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん) 膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん) 滴状乾癬(てきじょうかんせん) 乾癬患者では心臓冠動脈の動脈硬化プラークの断面積比率が高いとの報告がある。 典型的には、赤い発疹とその上に白色の鱗屑(りんせつ。皮膚上皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、皮屑(ひせつ)とも呼ばれる)を伴う発疹が出現する。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状