Create issue ticket

考えれる20県の原因 伝染性単核球症, 皮疹

  • 伝染性単核球症

    EBウイルスによる伝染に特異的な治療法はなく、対症療法が中心となる。肝脾腫が強い例では、腹部への衝撃により脾破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org] 伝染(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。[ja.wikipedia.org] リンパの著しい増加、異型リンパの出現(5 %以上になることが多い)が特徴的である。伝染の鑑別において平均リンパ球/白血球比(L/WBCC)を用いると、cut off 0.35とすることで、特異度100 %、感度90 %との報告がある。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性疲労症候群

    州立ワシントン大学に著作権のある音源と、個人所有の写真を許可なく無断で使用し、 Youtube を使って嫌がらせをしたグループへ告ぐ。 2度までは、個人的な通報で穏便に済ませたが、 3度目は、同大学の法務に連絡をとり、法的アクションを起こすことを理解してほしい(著作権侵害) このサイトは、沢山の”命”のために「真実」を伝える目的、 および、慢性疲労症候群(15歳発症)から他の自己免疫疾患を発症するも治療法がなく (再発性多発性軟骨炎・ベーチェット病、前者は希少疾患) ---生物製剤は1%未満の重篤な副作用で使えず、殆ど全ての免疫抑制剤に深刻な副作用が出るため使用できない---[…][cocurej.web.fc2.com]

  • 川崎病

    薬剤を中止の上, 副腎皮質ホルモン剤外用と抗ヒスタミン剤内服のみでは速やかに消退した。その後の再発は認めていない。使用した薬剤でのパッチテストでは陰性であった。リンパ球刺激試験は同意が得られず施行していない。乾癬様を示した川崎病の報告は本邦では少なく興味深いと思われここに報告する。[doi.org] 主要症状には含まれていないが、乾癬様、麻痺性イレウス、低アルブミン血症、BCG接種部位の発赤・痂形成などは留意すべき所見とされる。 川崎病治療の目的は、急性期の炎症反応を可能な限り早期に終息させることで、冠動脈瘤の形成を予防することである。初期治療としては免疫グロブリンとプレドニゾロン・アスピリンを併用される。[ja.wikipedia.org]

  • 急性顎下部リンパ節型トキソプラズマ症
  • 急性HIV感染症
  • 全身性エリテマトーデス

    ループス頬部(頬部円板状は含まない)、水疱性ループス、SLEに伴う中毒性表皮壊死症、斑状丘状ループス、光線過敏ループス。あるいは、亜急性皮膚ループス(瘢痕を残さずに治る非硬化性の乾癬状あるいは標的状。炎症後の色素沈着異常や毛細血管拡張症を伴うことはある。) 2.[med.osaka-u.ac.jp] 多くの場合、小児時に感染し、無症状もしくは軽い症状ですが、思春期や成人期に感染すると伝染を引き起こすこともあります。[resou.osaka-u.ac.jp] 凍瘡様: 手指末梢に凍瘡のような外観を呈することがある。爪周囲に紅斑が観察されることもある。 レイノー症状: SLEに特異的ではないが、寒冷刺激によって手指の色調が白色化・青紫色化するレイノー症状が観察される。 リベドー: 四肢に淡褐色の網目状が見られることがある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp]

  • バベシア症

    バベシア症(ばべしあしょう、babesiosis)とは、バベシア属 Babesia の原虫感染を原因とする感染症。マダニの吸血の際に唾液を介してスポロゾイトが宿主内に侵入する。日本ではギブソン犬バベシア Babesia gibsoni および犬バベシア Babesia canis 感染による犬のバベシア症が存在する。症状は発熱と溶血性貧血を主とする。クームス試験陽性となることが多く免疫介在性溶血性貧血との鑑別が必要。確定診断は虫体の証明によってなされ、ライトギムザ染色あるいはギムザ染色などが用いられる。虫体は1.0[…][ja.wikipedia.org]

  • 連圏状ひ糠疹

    中毒 光線過敏症 ペラグラ 色素性乾症 ガラス圧法 皮膚真菌検査(KOH検査) 生検(病理検査) ダーモスコピー 貼布試験(パッチテスト) プリックテスト ツァンク試験 細菌培養検査 ウッド灯検査 皮膚外用療法 紫外線療法(PUVA療法、ナローバンドUVB療法) ケミカルピーリング 液体窒素療法 イオントフォレーシス 内服療法 手術 レーザー[ja.wikipedia.org] 麻疹 風疹 伝染紅斑(りんご病) 突発発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ症 癜風 マラセチア毛包炎[ja.wikipedia.org] とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 慢性膿症 梅毒 皮膚結核(尋常性狼瘡・皮膚腺病・皮膚疣状結核) 非定型好酸菌感染症 ハンセン病(旧称:らい病) 水痘 帯状疱疹 単純ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B[ja.wikipedia.org]

  • うっ滞性皮膚炎

    中毒 光線過敏症 ペラグラ 色素性乾症 ガラス圧法 皮膚真菌検査(KOH検査) 生検(病理検査) ダーモスコピー 貼布試験(パッチテスト) プリックテスト ツァンク試験 細菌培養検査 ウッド灯検査 皮膚外用療法 紫外線療法(PUVA療法、ナローバンドUVB療法) ケミカルピーリング 液体窒素療法 イオントフォレーシス 内服療法 手術 レーザー[ja.wikipedia.org] 麻疹 風疹 伝染紅斑(りんご病) 突発発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ症 癜風 マラセチア毛包炎[ja.wikipedia.org] とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 慢性膿症 梅毒 皮膚結核(尋常性狼瘡・皮膚腺病・皮膚疣状結核) 非定型好酸菌感染症 ハンセン病(旧称:らい病) 水痘 帯状疱疹 単純ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B[ja.wikipedia.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    中毒 光線過敏症 ペラグラ 色素性乾症 ガラス圧法 皮膚真菌検査(KOH検査) 生検(病理検査) ダーモスコピー 貼布試験(パッチテスト) プリックテスト ツァンク試験 細菌培養検査 ウッド灯検査 皮膚外用療法 紫外線療法(PUVA療法、ナローバンドUVB療法) ケミカルピーリング 液体窒素療法 イオントフォレーシス 内服療法 手術 レーザー[ja.wikipedia.org] 麻疹 風疹 伝染紅斑(りんご病) 突発発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ症 癜風 マラセチア毛包炎[ja.wikipedia.org] とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 慢性膿症 梅毒 皮膚結核(尋常性狼瘡・皮膚腺病・皮膚疣状結核) 非定型好酸菌感染症 ハンセン病(旧称:らい病) 水痘 帯状疱疹 単純ヘルペス カポジ水痘様発疹症 麻疹 風疹 伝染性紅斑(りんご病) 突発性発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状