Create issue ticket

考えれる48県の原因 伝染性単核球症, 性感染症に対する陽性検査

  • トキソプラズマ感染症

    妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] この間、患者はが増加しており、伝染と似た徴候を示す。普通は治療の必要がない場合が多い。しかし、まれに急性症状を示す患者がいる。この場合は眼(脈絡網膜炎)、心臓、肺などに病変が起き、神経系に症状が出る場合もある。血液中に原虫が認められる虫血症(parasitemia)も長引き、尿や唾液のような体液にも原虫が出現する。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    感染 肺結核・非結核抗酸菌 百日咳 亜急性甲状腺炎 伝染 扁桃周囲膿瘍 組織球性壊死性リンパ節炎(菊池病) 感染性心内膜炎 心不全 心臓喘息 気管支喘息 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)・夏型過敏性肺臓炎 慢性閉塞性肺疾患(COPD) リウマチ性多発筋痛症・RS3PE 巨細胞性動脈炎…原因不明の発熱、頭痛など[ja.wikipedia.org] 経過が短いもの(経過が短いものは急速に増悪し、治療が間に合わないこともある) インフルエンザ 急性喉頭蓋炎 咽頭後壁膿瘍・口底蜂窩織炎 髄膜炎・脳炎 心筋炎 レミエール症候群(細菌性頸静脈炎) 慢性骨髄性白血病急性転化 糖尿病性ケトアシドーシス 経過が長いもの(正しい診断にいたるまで時間がかかることがある) マイコプラズマ感染 クラミジア[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • うつ病
    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 伝染性単核球症

    EBウイルスによる伝染に特異的な治療法はなく、対症療法が中心となる。肝脾腫が強い例では、腹部への衝撃により脾破裂が起こった例もあるため、安静が必要である。小児など、咽頭痛や全身倦怠感のために経口摂取不良となった場合には、入院して補液を行う必要がある。抗菌薬は伝染それ自体には無効である。[ja.wikipedia.org] 伝染(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。[ja.wikipedia.org] リンパの著しい増加、異型リンパの出現(5 %以上になることが多い)が特徴的である。伝染の鑑別において平均リンパ球/白血球比(L/WBCC)を用いると、cut off 0.35とすることで、特異度100 %、感度90 %との報告がある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 咽頭炎

    化膿咽頭炎の治療は抗菌薬の投与であるが、これにはいくつかの考え方がある。それは伝染との区別の問題、マクロライド耐性菌の存在、ニューキノロンによる結核の診断困難などがあげられる。伝染はペニシリン特にアモキシシリンの投与によって皮疹が出現してしまう。これは30歳以前に多いとされている。[ja.wikipedia.org] 30歳以後では伝染のリスクが低いことからアモキシシリン(商品名はパセトシン細粒やサワシリン)も処方可能である。いずれにせよ、ニューキノロンは使わない方が安全である。 インフルエンザウイルスによる感染症。[ja.wikipedia.org] 原因としては60%がウイルスであり、40%が細菌であると言われている。重要な鑑別疾患としては伝染、ジフテリア、HIV、淋病、亜急性甲状腺炎、咽頭結膜炎などがあげられる。細菌性咽頭炎の場合はほとんどの場合は化膿性レンサ球菌が原因であるため、ほとんどの場合はペニシリンが著効する(溶連菌のペニシリン感受性は100%)。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 慢性疲労症候群

    州立ワシントン大学に著作権のある音源と、個人所有の写真を許可なく無断で使用し、 Youtube を使って嫌がらせをしたグループへ告ぐ。 2度までは、個人的な通報で穏便に済ませたが、 3度目は、同大学の法務に連絡をとり、法的アクションを起こすことを理解してほしい(著作権侵害) このサイトは、沢山の”命”のために「真実」を伝える目的、 および、慢性疲労症候群(15歳発症)から他の自己免疫疾患を発症するも治療法がなく (再発性多発性軟骨炎・ベーチェット病、前者は希少疾患) ---生物製剤は1%未満の重篤な副作用で使えず、殆ど全ての免疫抑制剤に深刻な副作用が出るため使用できない---[…][cocurej.web.fc2.com]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 連圏状ひ糠疹

    麻疹 風疹 伝染紅斑(りんご病) 突発発疹 手足口病 ジベルばら色粃糠疹 Gianotti病(B型急性肝炎) 伝染(EBウイルス感染症・サイトメガロウイルス感染症) 伝染軟属腫(水イボ) 疣贅(イボ) 白癬(いわゆる水虫・いんきん・たむし・しらくも) ケルズス禿瘡(Celsus禿瘡) 皮膚カンジダ症 癜風 マラセチア毛包炎[ja.wikipedia.org] 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒 壊死性筋膜炎―ガス壊疽 せつ よう 痤瘡(にきび) 伝染性膿痂疹(とびひ) 汗腺膿瘍(あせものより) ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS) 慢性膿皮症 梅毒 皮膚結核(尋常性狼瘡・皮膚腺病・皮膚疣状結核) 非定型好酸菌感染症 ハンセン病(旧称:らい病) 水痘 帯状疱疹 単純ヘルペス カポジ水痘様発疹[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 結膜炎

    結膜炎(けつまくえん、Pink eye)とは、結膜にできる炎症のことをいう。なお、慢性化した結膜炎を「慢性結膜炎」ということもある。 感染症・アレルギー等を原因として結膜に炎症を生じる。 大きく分けると感染性(細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎)と、非感染性(アレルギー性結膜炎)に大別される。 様々な細菌によって結膜炎を生じる。原因となっている細菌に有効な抗生物質や抗菌剤の点眼液で、ウイルス性結膜炎に比べ、短期間に治癒しやすい。しかし、薬剤耐性を有する細菌によるものも報告されている。 フリクテン -[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • レミエール症候群

    、水痘・帯状疱疹、単純疱疹、手足口病、デング熱、日本脳炎、伝染紅斑、伝染、天然痘、風疹、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻疹、咽頭結膜熱(プール熱)、マールブルグ出血熱、腎症候性出血熱、ラッサ熱、流行性耳下腺炎、ウエストナイル熱、ヘルパンギーナ、チクングニア熱などプリオン病 / 伝達性海綿状脳症 牛海綿状脳症 (BSE)、クールー病、クロイツフェルト・ヤコブ[ja.wikipedia.org] 日本住血吸虫症、フィラリア症、回虫症、広節裂頭条虫症などウイルス感染症 インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、ウイルス性胃腸炎、ウイルス性結膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、進行多巣白質脳症[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 肝炎

    また頻度は低いものの、伝染、単純ヘルペス、サイトメガロウイルス感染症など、他のウイルス感染症が原因で肝炎が起こることがあります。他の様々な感染症や病気でも、ときに肝臓の小さな領域で肝炎が起こりますが、症状や問題が現れることはまれです。 肝炎には、経過が短い急性肝炎と、最低でも6カ月以上持続する慢性肝炎があります。[msdmanuals.com]

    不足: 性感染症に対する陽性検査

さらなる症状