Create issue ticket

考えれる16県の原因 伝導異常

  • 脊柱側弯症

    構音障害、顔面筋罹患 ラミン異常症 心伝導障害・不整脈、心不全、関節拘縮(肘・足首・脊椎等)、偽性肥大(下腿等)、リポジストロフィー、シャルコー・マリー・トゥース(Charcot -Marie-Tooth)病、早老症 カベオリン異常症 rippling、QT延長症候群 デスミン異常症 心伝導障害・不整脈、心不全、呼吸不全 サルコグリカン異常[nanbyou.or.jp] 一般に病気の進行に伴い傍脊柱筋障害による脊柱変形や姿勢異常、関節拘縮や変形を伴うことが多い。歩行機能の喪失、呼吸筋障害や心筋障害による呼吸不全・心伝導障害・心不全の合併はADL、QOLや生命予後に大きく影響する。 4.治療法 いずれの病型においても根本的な治療法はない。[nanbyou.or.jp] 眼瞼下垂・兎眼、白内障・網膜色素変性症、難聴、心伝導障害・不整脈、低酸素血症、睡眠時無呼吸症候群、耐糖能障害・高インスリン血症、高脂血症、骨肥厚、低IgG血症 エメリー・ドレイフス型 心伝導障害・不整脈、心不全、関節拘縮(肘・足首・脊椎等) 眼咽頭筋型 眼瞼下垂・外眼筋麻痺、構音障害・嚥下障害 2.個別疾患(群)の特徴 (肢帯型等) ミオチリン異常[nanbyou.or.jp]

  • 心房粗動

    AVNRT(房室結節リエントリー性頻拍) 正常伝導路の房室結節に近い心房に伝導特性の違う2本の電線(速伝導路と遅伝導路)が存在して、その2本の伝導路を介して房室結節内を興奮が旋回してしまい、頻拍がおきます。 心房頻拍 心房内に異常な興奮部位が存在し、この興奮が洞結節を上回り頻拍となります。[sjm.co.jp]

  • 心律動異常

    不整脈の発生機序として刺激生成異常と刺激伝導異常がある。高齢者に多いが、各世代に不整脈をもっている人は普遍的に存在している。原因として、虚血性心疾患、先天性心疾患などがある。 不整脈には様々な種類が存在し、全く自覚症状を伴わない不整脈もあるが、ある種の不整脈は生命の危険を伴っており突然死の原因とも成りうる。[ja.wikipedia.org]

  • 末梢神経障害

    神経伝導速度検査ではSNAPの異常(通常は消失)から軸索性の感覚運動性ニューロパチー、そして完全に正常(おもに小径線維の障害)の例まで幅がある。原因不明な遠位優位の末梢性ニューロパチーを改善させる治療はないが予後は良好である。 圧迫性ニューロパチー、単ニューロパチー [ 編集 ] 主要な圧迫性ニューロパチーをまとめる。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎

    BNBは血管内皮や神経周膜などで構成されており、抗体(免疫グロブリン)などの大分子量物質はBNBを通過できないため、典型的CIDPにおいてはBNBの脆弱な部位に好発しそれを反映した神経伝導異常が認められる。BNBは遠位部神経終末と神経根において生理的に欠如している。[ja.wikipedia.org] 生理的絞扼部以外での運動神経に伝導ブロックを認め、感覚神経に異常を認めないことが特徴である。約半数の症例でGM1に対するIgM自己抗体が見出されている。病変の首座が髄鞘であるため、発症初期は筋力低下に比し筋萎縮が目立ちにくい。しかし進行につれて二次的な軸索変性が生じ筋萎縮が明らかとなる。[ja.wikipedia.org]

  • 欠神発作

    注意すべき副作用としては、フェニトイン、カルバマゼピンの心伝導異常の悪化、カルバマゼピン、バルプロ酸での低ナトリウム血症の悪化、フェニトイン、カルバマゼピンでの免疫系疾患の影響、フェノバルビタール、ゾニサミド、カルバマゼピンの認知機能への悪化、バルプロ酸のパーキンソン症候群などがある。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性日常性頭痛

    ③心伝導障害、心筋症などの心症状、肺高血圧症などの呼吸器症状、糸球体硬化症、腎尿細管機能異常などの腎症状、強度の貧血などの血液症状又は中等度以上の肝機能低下、凝固能低下などの肝症状を認める。 ④低身長、甲状腺機能低下症などの内分泌症状や糖尿病を認める。 ⑤強度視力低下、網膜色素変性などの眼症状、感音性難聴などの耳症状を認める。[nanbyou.or.jp]

  • サルコイドーシス

    心サルコイドーシスのステロイド全身投与の適応は、高度房室ブロック、心室頻拍などの重症心室不整脈、局所壁異常運動、あるいはポンプ失調とされている。その治療効果は房室ブロックでは伝導障害が改善し正常化する例があり、低心機能例では収縮能は改善しないまでもそれ以上に悪化しない例が多い。[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    神経伝達速度検査 GBSの急性期に認められやすい神経伝導速度検査の異常所見としては遠位刺激のCMAP振幅の低下、伝導ブロック、遠位CMAPでの時間的分散、H波やF波の消失、遅延、A波の出現、特に絞扼部での遅延や伝導ブロック、SCSで正中神経では異常が認められるが腓腹神経では正常を示すAMNS(abnormal median normal sural[ja.wikipedia.org] 四肢の腱反射低下〜消失 症状の左右対称性 軽度の感覚障害、異常感覚 脳神経麻痺(外眼筋麻痺、顔面神経麻痺、球麻痺)の存在 自律神経障害(頻脈、不整脈、血圧変動)の存在 発症時に発熱を欠く診断を支持する検査所見 末梢神経伝導検査での異常伝導速度低下、遠位潜時延長、伝導ブロック、F波潜時延長、複合筋活動電位低下など) 発症1週間以降における蛋白細胞解離[ja.wikipedia.org]

  • MELAS症候群

    ③心伝導障害、心筋症などの心症状、肺高血圧症などの呼吸器症状、糸球体硬化症、腎尿細管機能異常などの腎症状、強度の貧血などの血液症状又は中等度以上の肝機能低下、凝固能低下などの肝症状を認める。 ④低身長、甲状腺機能低下症などの内分泌症状や糖尿病を認める。 ⑤強度視力低下、網膜色素変性などの眼症状、感音性難聴などの耳症状を認める。[nanbyou.or.jp]

さらなる症状