Create issue ticket

考えれる8県の原因 会陰皮膚発疹

  • 接触性皮膚炎

    日常生活から考えられる原因 1 刺激や毒性のあるものによって起こるかぶれ 触れたものの強い刺激や毒性によって起こり、その物質に触れれば誰でもかぶれる可能性があります。強い酸・アルカリなどの化学物質が含まれている洗剤・髪染料・毛虫の毛や昆虫の毒などが原因で起こります。 2 アレルギーによって起こるかぶれ 特定の物質に過敏に反応する人にだけ起こるアレルギー反応によって、かぶれる場合があります。[…][takeda-kenko.jp]

  • 皮膚カンジダ症

    皮膚カンジダ症 (ひふカンジダしょう)は、 カンジダ という 真菌 が 皮膚 に感染して生じる皮膚 感染症 である。 原因菌 [ 編集 ] 皮膚カンジダ症の主要な起因菌は、 Candida albicans ・ Candida tropicalis ・ Candida parapsilosis ・ Candida glabrata ・ Candida krusei などがあるが、 Candida albicans が主な原因菌である。 臨床症状 [ 編集 ] 皮膚カンジダ症は、他の臓器に感染するカンジダ症と異なり、感染があるからといって AIDS による免疫不全などを考慮する必要がない場合が多い。[…][ja.wikipedia.org]

  • 間擦疹

    概要 カンジダ性 間擦疹 ( かんさつしん ) とは、カンジダというカビの一種によって 鼠径部 ( そけいぶ ) (太ももの付け根のあたり)や指と指の間など、皮膚と皮膚がこすれあう部位に生じる皮膚症状です。 股や指と指の間などのように皮膚と皮膚がこすれる部位は、温暖で湿潤な環境になりやすくカンジダが好む環境といえます。肥満や糖尿病などの因子が存在すると、カンジダ性間擦疹が生じやすくなります。 原因 カンジダそのものは環境中に広く生息するカビですが、特定の状況下において増殖しやすくなります。[…][medicalnote.jp]

  • 乾癬

    抄録 64歳,女性。合併症として橋本病があり,平成14年3月より両手掌に鱗屑を伴う紅斑が出現した。尋常性乾癬と診断されエトレトナート内服,マキサカシトール軟膏の外用を開始したが,皮疹は拡大し、5月末には頭部に脱毛斑が出現した為,当科を受診した。入院の上,PUVA療法を開始し,内服PUVA療法を計28回,計130.5J/cm 2[…][doi.org]

  • 亜鉛欠乏症

    亜鉛欠乏症(あえんけつぼうしょう)は、亜鉛欠乏によって生じる微量栄養素の欠乏症で、「亜鉛欠乏の臨床症状」と「血清亜鉛値」によって確定診断が行われる。日本人は潜在的に亜鉛が不足気味であるとの報告がある。 典型的な症状は、味覚障害、貧血、皮膚炎、口内炎、脱毛症、難治性の褥瘡(じょくそう、床ずれ)、食欲低下、発育障害(小児で体重増加不良、低身長)、性腺機能不全、不妊症、易感染性のうち1つ以上の症状を示し、血清亜鉛値が60μg/dL未満で亜鉛欠乏症と診断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • グルカゴン産生腫瘍

    病気を調べる(家庭の医学) 家庭の医学 / 腹部 / 膵臓の病気 / 膵臓のおもな病気 / 膵内分泌腫瘍 / グルカゴン産生腫瘍(グルカゴノーマ症候群) グルカゴン産生腫瘍(グルカゴノーマ症候群) グルカゴンを過剰に分泌するランゲルハンス島の腫瘍で、糖尿病のような症状のほか、急に下半身に紅斑(こうはん)を生じ、水疱(すいほう)をつくり、破れ、痂皮(かひ)(かさぶた)となるような皮膚症状、口内炎、体重減少などがみられます。 手術で腫瘍を取り除きます。 関連情報[dr-guide.net]

  • 川崎病

    川崎病(かわさきびょう、英: Kawasaki disease, KD)は、主に乳幼児がかかる全身の血管炎症候群のこと。主として中型の血管が全身で炎症を起こすことで、発熱、発疹、冠動脈病変など様々な症状を惹き起こす。小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(英: MucoCutaneous Lymph-node Syndrome, MCLS)とも言われるが、世界的に「川崎病 (KD)」と呼ばれるのが一般的である。[…][ja.wikipedia.org]

  • ランゲルハンス細胞組織球増殖症

    肘の内側や など、体表面が折り重なる部分の皮膚の剥離。 体の各部に生じる、皮膚の盛り上がった茶色または紫色の発疹。 小児および成人のLCHでは、皮膚と爪に影響を及ぼす以下のような徴候や症状がみられることがあります: フケのような頭皮の剥離。[cancerinfo.tri-kobe.org]

さらなる症状