Create issue ticket

考えれる13県の原因 会話の圧力

  • 急性アンフェタミン中毒

    北海道の覚せい剤事犯検挙状況 平成26年中の北海道内における覚せい剤事犯の検挙人員は、498人で前年より増加し、そのうち暴力団などが310人で全体の約62%を占めています。 検挙人員のうち、年齢別では40代が187人と最も多く全体の約38%、初犯・再犯別では、再犯者が全体の約72%を占めています。 押収量は約26,945グラムと前年より大幅に増加しています。 また、道内における大麻事犯の検挙人員は、176人で前年より64人と大幅に増加しており、そのうち暴力団などが48人で全体の約27%を占めています。[…][city.tomakomai.hokkaido.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 心的外傷後ストレス障害

    心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である。症状がまだ1か月を経ていないものは急性ストレス障害といって区別する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

  • 精神疾患

    北村 秀明 、 染矢 俊幸 新潟大学 大学院医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 DOI: 10.14931/bsd.3507 原稿受付日:2013年3月17日 原稿完成日:2013年5月6日 担当編集委員: 加藤 忠史 (独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究センター) 英語名:mental illness, mental disorder 独語:Geistesstörung 仏語:trouble du mental 精神疾患とは、平均や価値の基準から偏った精神状態のために、著しい苦痛や機能障害をもたらし得る多様な 症状群[…][bsd.neuroinf.jp]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • 妄想性パーソナリティ障害

    妄想性パーソナリティ障害(もうそうせいパーソナリティしょうがい、英語: Paranoid personality disorder ; PPD)とは、猜疑(さいぎ)性パーソナリティ障害とも呼ばれる、何ら明確な理由や根拠なく人から攻撃される、利用される、陥れられるといった不信感や疑念を抱き、広く対人関係に支障をきたすパーソナリティ障害の一類型である。 精神医学的障害の一種である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 外因性甲状腺中毒

    放置すると心臓にも負担が 丸屋 純 岡山・水島協同病院内科 甲状腺とは、からだ全体の新陳代謝を促進するホルモン(甲状腺ホルモン)を出すところです。喉 ぼとけの両側にあり、ラグビーボールのような形をしています。左右に1個ずつあり、真ん中でつながっています(図1)。片側の大きさが幅15硺、長さ 30 40硺で、親指ぐらいです。 甲状腺ホルモンは生きてゆく上では欠かせません。このホルモンがなくなると1 2カ月ぐらいしか生きられないといわれています。[…][min-iren.gr.jp]

  • 甲状腺クリーゼ

    目次 概要 症状 原因 検査内容と主な診療科目 治療方法と治療期間 治療の展望と予後 発症しやすい年代と性差 編集部脚注 概要 甲状腺クリーゼとは? 甲状腺クリーゼは、生命にかかわる甲状腺中毒状態のことです。甲状腺機能中毒症がコントロールできなくなり、高熱やショック、意識障害、下痢、黄疸などの症状がおこります。このような状態になることは、甲状腺ホルモンが明らかに高いという状態ではなくてもおこり、さまざまな臓器に症状がおこります。[…][fdoc.jp]

  • 高圧酸素療法

    5.患者さまの不測の事態に対応できるよう、治療室の中には電話、インターホンが設置されていて、患者さまと外の監視室の技士、看護師などと、直接会話が出来ます。 6.安全管理においては治療圧力や酸素、炭酸ガス濃度及び温度、湿度などを常時監視しております。[city.kagoshima.med.or.jp]

さらなる症状