Create issue ticket

考えれる105県の原因 仮面顔貌

  • パーキンソン病

    顔の表情が乏しくなり、喜怒哀楽がわかりづらくなります(仮面顔貌)。大きい声でなくなり、小さく単調になります。起き上がり、椅子からの立ち上がりなどの動作もゆっくりになり、時間がかかります。 パーキンソン病では歩行障害が困ることもあります。パーキンソン病における歩き方の特徴は、最初は前かがみの姿勢で歩くようになり、手の振りが減ります。[med.fukuoka-u.ac.jp] 表情は変化に乏しく(仮面顔貌)、言葉は単調で低くなり、なにげない自然な動作が減少する。歩行は前傾前屈姿勢で、前後にも横方向にも歩幅が狭く、歩行速度は遅くなる。進行例では、歩行時に足が地面に張り付いて離れなくなり、いわゆるすくみ足が見られる。方向転換するときや狭い場所を通過するときに障害が目立つ。[nanbyou.or.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    2)運動緩慢(うんどうかんまん、bradykinesia)・無動(むどう、akinesia) まばたきが少なく、表情が乏しい仮面顔貌や、体の運動を始めることが難しくなる。このため、歩行開始、寝返り、立ち上がり、その他の日常動作が行いにくくなる。[kango-roo.com] 例えば、パーキンソン症候群(振戦、筋強剛、流涎、寡動、歩行障害、仮面様の顔貌、嚥下障害等、構音障害など)と括弧内で書かれているのもありますし、パーキンソン症候群という同じ副作用名でありますのに、括弧が、手指の振戦、筋の強剛、流涎などと書かれているのもあります。[medical.radionikkei.jp] パーキンソン病でみられる仮面顔貌、すくみ足、瞬きの 減少などは無動によるものと考えられる。 ・ 振戦 :静止時振戦、姿勢時振戦、運動時振戦に分類される パーキンソン病では静止時振戦が特徴的で、通常、片側 の上肢に発症、次に同側下肢、後に対側の上肢、下肢へ とみられるようになる。[akira3132.info]

  • パーキンソン病 3型

    まばたき、自然な眼球運動がみられにくくなり、一点をみる眼差し、仮面顔貌となる。無意識な唾液の嚥下がなくなるため流涎が出やすくなる。また、歩行時の腕の振りが少なくなる。両手で行う動作で片方が止まってしまうという現象もみられる。 非運動症状としては自律神経症状で便秘が90%以上にみられる。脂漏症、頻尿、起立性低血圧も出現する。[nagoya-central-hospital.com] 表情は変化に乏しく(仮面顔貌)、言葉は単調で低くなり、なにげない自然な動作が減少する。歩行は前傾前屈姿勢で、前後にも横方向にも歩幅が狭く、歩行速度は遅くなる。進行例では、歩行時に足が地面に張り付いて離れなくなり、いわゆるすくみ足が見られる。方向転換するときや狭い場所を通過するときに障害が目立つ。[nanbyou.or.jp] これらにより、日常生活においては歩行が障害されたり(前傾姿勢、小歩、すり足、進行するとすくみ足や突進歩行)、手の動作が不自由になったり(書字やボタンかけが困難、食事困難)、表情が乏しくなったり(仮面顔貌)、声が小さくなったり、動作がゆっくりになってきます。一人の患者さんにこれらの症状が、すべてが現れるわけではありません。[agmc.hyogo.jp]

  • パーキンソン-痴呆症候群

    はじめは垂直方向(特に下向き)に制限されますが、進行すると全方向に制限されます 仮性球麻痺 しゃべりにくい、飲み込みにくいといった症状です 体幹と項部のジストニア 体幹の筋肉が固くなり、首が後ろに反ってくるのが特徴です 認知機能障害 物忘れをしたり、思考がゆっくりになったり、無感動になったり(仮面顔貌)、抑うつがでたりします。[agmc.hyogo.jp] パーキンソン病では手足や顔のリズミカルな振るえ、筋肉の硬直からくる顔の表情の乏しさ(仮面顔貌)や最初の一歩が踏み出せなくなる歩行困難や動作の緩慢、バランスと姿勢の保持の困難さと前かがみの姿勢といった症状が特徴的です。これらの症状が悪化すると社会生活だけでなく、日常の生活でさえ著しく困難となります。[itonaika-ketsuekinaika.jp] 身体機能の異常 歩行障害 前かがみの姿勢で小刻みにすり足で歩く 歩き出しの一歩が踏み出せない(すくみ足) 歩いているとだんだんスピードが速まる(加速歩行) など 姿勢の異常 腰が曲がる ななめに傾いてしまう 首が下がる など 無表情 まばたきが減る 表情がなくなる「仮面顔貌」 など 嚥下障害 食べ物が飲み込みにくくなる 字の変化 字が小さくなる[otsuka.co.jp]

  • 錐体外路症候群

    すくみ(start hesitation / freezing phenomenon)、小刻み歩行(short-stepped gait)、仮面顔貌(mask-like face)、小字症(micrographia)、小声症(hypophonia)などもこの範疇に含まれる。[nmt.ne.jp] 顔面の表情の変化の乏しさの程度(仮面顔貌),評価面接の際の話し方(単調で緩徐な話し方)についても評価すること。 0 正常。 1 動作が緩慢であるという印象。 2 軽度の動作緩慢。わずかに認められる動作の開始または終了の遅延。会話のテンポはやや緩徐で,顔面の表情も幾分乏しい。 3 中等度の動作緩慢。[yoshida-hospital.org] 2)運動緩慢(うんどうかんまん、bradykinesia)・無動(むどう、akinesia) まばたきが少なく、表情が乏しい仮面顔貌や、体の運動を始めることが難しくなる。このため、歩行開始、寝返り、立ち上がり、その他の日常動作が行いにくくなる。[kango-roo.com]

  • レーノー現象

    注意事項 仮面顔貌となる。[nivr.jeed.or.jp]

  • 典型的な進行性核上性麻痺症候群

    はじめは垂直方向(特に下向き)に制限されますが、進行すると全方向に制限されます 仮性球麻痺 しゃべりにくい、飲み込みにくいといった症状です 体幹と項部のジストニア 体幹の筋肉が固くなり、首が後ろに反ってくるのが特徴です 認知機能障害 物忘れをしたり、思考がゆっくりになったり、無感動になったり(仮面顔貌)、抑うつがでたりします。[agmc.hyogo.jp] 思考が緩慢になる) 霧視(むし、目がボヤーッとする) 発語障害(ことばが出て来にくい) 認知機能障害(物忘れ、思考の緩慢、無感情、抑うつ、抽象化する思考の障害) II期 核上性眼球運動障害(垂直方向に動かせなくなる) 開眼失行、眼瞼痙攣(眼を閉じた後、開けにくくなります) 歩行障害 項部ジストニア(体幹の筋肉が固くなり、頚部が後方に反る) 仮面顔貌[agmc.hyogo.jp]

  • 免疫不全を伴うラロン症候群

    顔面は皮膚硬化により表情の乏しい顔貌仮面顔貌)になります。小さな円形から楕円(だえん)形の斑状毛細血管拡張が目立つこともあります 図8 。 シェーグレン症候群 涙腺や唾液腺に炎症を起こし、眼、口腔(こうくう)の乾燥症状、関節症状のほか種々の免疫異常がみられる疾患です。[medica.sanyonews.jp]

  • 二次パーキンソン症

    瞬きが少なくなる、仮面顔貌、流涎、小書症など。指タップ運動と回内回外運動で診よ。 つぎ足歩行はⅢ度までならおおむね可能。二次性パーキンソニズムで障害出やすい。 2つの異なる動作の遂行障害あり。 姿勢反射障害:後方突進減少はⅢ度以上。 すくみ足:家庭における転倒のもっとも大きな原因。[tsumugifc.com] 無動・寡動…特徴的なものは ①日常生活の何気ない動作が乏しくなります ②動きはじめるのが難しくなります ③何をするにも動きがゆっくりとなります ④歩くときに手の振りがありません ⑤まばたきが少なくなります ⑥表情が硬くなります(仮面顔貌) ⑦話声が単調で低くなります ⑧身ぶり・手ぶりの動作が少なくなります ⑨寝返りができにくくなります ⑩[rnac.ne.jp] 仮面顔貌、発語障害(小声、どもる)、書字困難、手の細かい運動の障害 ・精神症状(反応が遅い、うつ状態) ・歩行障害姿勢反射障害(姿勢バランスが崩れた時によろめいたりする) ・自律神経症状(起立性低血圧、嚥下障害) 一見して痴呆のようにみえることもありますが、実際に痴呆を合併する疾患もあり鑑別を必要とする場合があります。[okuchidetaberu.com]

  • 脳血栓症

    仮面顔貌 顔つきが無表情になり、表情に変化が乏しく、まばたきが減ります。 他にも 便秘、排尿障害、発汗障害、抑うつなどの症状も伴うこともあります。 以上のような症状がありましたら、 「パーキンソン病」 の可能性があります。 薬物療法・リハビリテーションが主な治療法となってきます。 早期な段階での受診をおすすめいたします。[ohki-hospital.jp]

さらなる症状