Create issue ticket

考えれる46県の原因 代謝亢進

  • 妊娠後期
  • 低血糖症

    身体症状は心拍数や拍出量の増加、血糖と脂質の上昇、代謝亢進、手足の冷え、呼吸が浅い、眼の奥が痛む、動悸、頻脈、狭心痛、手足の筋肉の痙攣、失神発作、月経前緊張症、手指の震えなどがある。[ja.wikipedia.org] 最後に60 mg/dL以下になると、最後の血糖値を上げるホルモン、コルチゾールの分泌が亢進する。血糖値が50 mg/dLを下回ると、大脳のエネルギー代謝が維持できなくなり、精神症状をおこしはじめ、さらには意識消失を引き起こし、重篤な場合は死に至る。[ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。[jspe.umin.jp] は,代謝亢進および血清遊離甲状腺ホルモンの上昇を特徴とする。[msdmanuals.com] Hershman, MD, MS, Distinguished Professor of Medicine Emeritus, David Geffen School of Medicine at UCLA; Endocrinology Consultant, West Los Angeles VA Medical Center 甲状腺機能亢進[msdmanuals.com]

  • 褐色細胞腫

    また、高血圧、高血糖、代謝亢進の3つの症状を、Howardの3徴ともいう。 差し迫った死の恐怖を感じ急激な精神的変調をきたすなど精神症状がでることもある。 他に突発的な動悸や吐き気などがある。パニック障害様の症状がでることもある。[ja.wikipedia.org] 副腎外発生が約10% 両側性発生が約10% 悪性腫瘍が約10% 家族内発生が約10% 小児発生が約10% 高血圧(Hypertension) 高血糖(Hyperglycemia) 代謝亢進(Hypermetabolism) 頭痛(Headache) 発汗過多(Hyperhydrosis) 等がある。頭文字を取って俗に5H病とも言う。[ja.wikipedia.org]

  • 外因性甲状腺中毒
  • 多発性骨髄腫

    基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 更新・確認日:2017年04月12日 [ 履歴 ] 履歴 2017年04月12日 「多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版)」より内容を更新しました。 2015年05月26日 タブ形式に変更しました。「多発性骨髄腫の診療指針 第3版(2012年10月)」「造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版」より内容を更新しました。 2006年11月14日 「多発性骨髄腫の診断」を掲載しました。 1.多発性骨髄腫とは[…][ganjoho.jp]

  • 変形性骨炎

    骨ページェット病は原因不明の骨代謝疾患である。骨の代謝回転が著しく亢進することで骨変形や骨肥厚が起こり、疼痛や骨折が発生する。時に骨肉種にまで至る場合もあるため、早期治療が必要であるとされる。国内の患者数は200 300人程度である。[medical.nikkeibp.co.jp] 患部では骨代謝の異常な亢進が起きており、 破骨細胞 による骨吸収と 造骨細胞 による骨新生の双方が活発化している [1] 。結果として 皮質骨 は肥厚するものの、骨質は損われて骨強度が低下し、 骨折 を来しやすくなるほか [1] [2] 、骨の疼痛や変形を来す。[ja.wikipedia.org]

  • 肺結核
  • 糖尿病性神経障害

    ポリオール代謝と他の成因との間に密接なクロストークが存在する。末梢神経ではシュワン細胞における ポリオール代謝亢進 が神経障害の発症、進行に深く関与すると考えられる。アルドース還元酵素阻害薬である エパルレスタット が日本で開発され臨床応用されている。[ja.wikipedia.org] 高血糖 によって生じる末梢神経の代謝障害と血管障害を二大因子として発症すると考えられ、ポリオール代謝亢進による神経内ソルビトールの蓄積、蛋白糖化、フリーラジカル、神経栄養因子の異常、細血管障害による神経虚血説などの仮説が提唱される。糖尿病性神経障害では多数の臨床病型が知られている。[ja.wikipedia.org] 成因 [ 編集 ] 特にポリオール代謝の活性の亢進、プロテインキナーゼC(PKC)活性異常、酸化ストレスの増加、グリケーションの増加が糖尿病慢性期合併症で重要な役割を担っている。 ポリオール代謝 ポリオール は2価以上の水酸基を有する糖アルコールの総称で、グルコースのポリオールは ソルビトール と言われる。[ja.wikipedia.org]

  • ホジキン病

さらなる症状