Create issue ticket

考えれる29県の原因 仙骨神経根障害

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 仙骨障害

    知覚異常(伴うものと伴わない例がある)伴う場合には、障害される神経根によって、下腿外側より前面をまわり、母趾し外側 第Ⅳ趾に至る場合(第5腰神経障害)、下腿外側 後面 小趾し側に知覚鈍麻を訴える場合(第1仙骨神経障害)などがあります。[kosei.jp] 神経叢または腰仙骨神経叢の障害は,対応する四肢に疼痛を伴う混合性運動感覚障害を引き起こす。 神経叢内では複数の神経が絡み合っているため( 神経叢 ),症状のパターンは個々の神経根または神経の分布とは一致しない。腕神経叢吻側の疾患では肩が,腕神経叢尾側の疾患では手が,腰仙骨神経叢の疾患では下肢が侵される。[msdmanuals.com] また、第1仙骨神経障害されると、長短腓骨筋の筋力の低下のため足の外反力が現弱し、つま先で歩けないことがあります。 ひどい場合には、排尿が出来なくなる場合もあります。 【検査】 下肢伸展挙上試験(膝を伸ばしたまま下肢を挙上し、坐骨神経痛の出現を見るもの)や下肢の感覚が鈍いかどうか、足の力が弱っていないかを調べます。[kosei.jp]

  • 腰仙骨神経叢障害
  • 末梢神経障害

    末梢神経障害について(まっしょうしんけいしょうがい)Neuropathy 脳神経外科というのは、時に“脳外科”ともいわれ、脳だけを診る科と思われがちですが、実は脳、脊髄、末梢神経といった神経系すべてを診る科です。[…][nms.ac.jp]

  • 神経痛

    神経痛(しんけいつう、Neuralgia)とは、人の体においてさまざまな原因により、末梢神経が刺激されることに起因する痛みのことである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 神経根障害

    知覚異常(伴うものと伴わない例がある)伴う場合には、障害される神経根によって、下腿外側より前面をまわり、母趾し外側 第Ⅳ趾に至る場合(第5腰神経障害)、下腿外側 後面 小趾し側に知覚鈍麻を訴える場合(第1仙骨神経障害)などがあります。[kosei.jp] 特に、far-out syndromeといわれる腰椎L5-S椎間レベルのL5横突起と仙骨翼で囲まれた椎間孔外側で、脊髄神経障害される病変は見落とされがちである。外側病変を見落とすことは、腰部神経症の治療成績の悪化を招く主要因となる。[innervision.co.jp] また、第1仙骨神経障害されると、長短腓骨筋の筋力の低下のため足の外反力が現弱し、つま先で歩けないことがあります。 ひどい場合には、排尿が出来なくなる場合もあります。 【検査】 下肢伸展挙上試験(膝を伸ばしたまま下肢を挙上し、坐骨神経痛の出現を見るもの)や下肢の感覚が鈍いかどうか、足の力が弱っていないかを調べます。[kosei.jp]

  • 低背部痛

    心因性腰痛とは? 心因性腰痛の可能性を チェック 解消法 心因性腰痛の可能性をチェック 「BS-POP」とは Brief Scale for Psychiatric Problems in Orthopaedic Patients の頭文字をとったもので、福島県立医科大学の整形外科と精神科の医師が共同で開発した、腰痛患者のためのストレスチェック問診です。 合計点数によって結果がわかります。 この問診は、現在のあなたの精神状態や日常生活について伺うものです。 全部で10問の問診に対して、それぞれここ1ヶ月以内の状態で当てはまるものを選んでください。選んだ選択肢の点数の合計で診断します。[…][asahi.co.jp]

  • 腰椎神経根障害

    知覚異常(伴うものと伴わない例がある)伴う場合には、障害される神経根によって、下腿外側より前面をまわり、母趾し外側 第Ⅳ趾に至る場合(第5腰神経障害)、下腿外側 後面 小趾し側に知覚鈍麻を訴える場合(第1仙骨神経障害)などがあります。[kosei.jp] 特に、far-out syndromeといわれる腰椎L5-S椎間レベルのL5横突起と仙骨翼で囲まれた椎間孔外側で、脊髄神経障害される病変は見落とされがちである。外側病変を見落とすことは、腰部神経症の治療成績の悪化を招く主要因となる。[innervision.co.jp] また、第1仙骨神経障害されると、長短腓骨筋の筋力の低下のため足の外反力が現弱し、つま先で歩けないことがあります。 ひどい場合には、排尿が出来なくなる場合もあります。 【検査】 下肢伸展挙上試験(膝を伸ばしたまま下肢を挙上し、坐骨神経痛の出現を見るもの)や下肢の感覚が鈍いかどうか、足の力が弱っていないかを調べます。[kosei.jp]

  • 糖尿病性自律神経障害

    病態 [ 編集 ] 糖尿病性筋萎縮症は臀部や大腿部などの下肢近位筋群や傍脊柱筋の急性神経原性変化を特徴として、腰仙骨神経・神経叢を主たる責任病巣とするため糖尿病性腰仙部神経根叢障害(diabetic lumbosacral radiculoplexus neuropathy; DLRPN )と呼ばれることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 髄膜癌腫症

    狭義には、単純ヘルペスウイルス(HSV)感染による、 広義には無菌性髄膜炎に合併する、仙骨神経障害による排尿障害を指す。 HSVにつぎ、VZVは2番目に多い原因ウイルス。 HSV、VZV感染でも診断のヒントになる皮疹を伴わないこともある。 自然軽快が期待できる合併症とされている。 無菌性髄膜炎の合併症の可能性として、患者説明が必要。[slide.antaa.jp]

さらなる症状