Create issue ticket

考えれる80県の原因 付属器腫瘤

  • 卵巣嚢胞

    直樹, 高瀬 幸子, 渕脇 泰介, 橋本 武次 J-STAGE 医中誌Web 参考文献7件 4 より安全な気腹式腹腔鏡の検討 : 新トラカールOPTIVIEWと自動気腹器の併用 大高 究, 難波 安哉美, 斎藤 智博, 深谷 暁, 三宅 潔, 木下 俊彦, 伊藤 元博 J-STAGE 医中誌Web 参考文献19件 被引用文献1件 5 良性付属[ci.nii.ac.jp] また、嚢胞や(通常4cm以上)の付属捻転(ねじれること)により、重度の腹痛が引き起こされることがあります。 診断 は通常偶発的に発見されますが、症状や徴候により、わかることがあります。妊娠時はその影響で卵巣が腫れている場合があり、診断に注意が必要です。通常は経腟超音波検査で診断を確定します。[okayamasaiseikai.or.jp]

  • 多嚢胞性卵巣症候群

    多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん、英: Polycystic ovary syndrome:PCOS)とは、女性の排卵が阻害されて卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊を生じた病態。 卵巣の表面が肥厚し排卵が行われず、滞留した卵胞によって卵巣が多嚢胞化している。エコー画像で見ると、卵巣の表面に沿って粒がぐるりと数珠つなぎになっている様子から、「ネックレス・サイン」と呼ばれる。 明確な原因は解明されていない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 子宮内膜症

    診断 予官腺筋症では、子宮が増大しており、卵巣チョコレート膿庖では、付属部に境界不鮮明で可動性のない膿庖状のを触れます。 また、ダクラス窩に子宮内膜症が存在する場合は強い圧痛があり、硬結を触れることが多い。診断は、超音波断層検査、腹腔鏡検査、MRI、CTスキャン、子宮卵管造影法などが行われます。[niizashiki-hp.jp]

  • 卵巣嚢胞腺腫

    超音波断層検査・MRIにて,卵巣の近傍に存在する単純嚢胞として観察される.多くは内面平滑であるが,内腔に充実性部分をみとめた場合には悪性腫瘍との鑑別が問題となる.今回我々は,超音波断層検査及びMRIにて嚢胞内腔に充実性部分がみとめられた傍卵巣嚢胞腺腫を経験した.症例は27歳・未婚で0回経妊0経産.不正出血を主訴に近医受診したところ,径5 cm大の左付属嚢胞性[jsog-k.jp] また、嚢胞や(通常4cm以上)の付属捻転(ねじれること)により、重度の腹痛が引き起こされることがあります。 診断 は通常偶発的に発見されますが、症状や徴候により、わかることがあります。妊娠時はその影響で卵巣が腫れている場合があり、診断に注意が必要です。通常は経腟超音波検査で診断を確定します。[okayamasaiseikai.or.jp] 子宮頸部細胞診は陰性であった.1年間経過観察していたが増大傾向はみられなかった.その後,手術目的にて当科へ紹介初診となったが,超音波断層検査にて嚢胞内腔に突出する充実性部分がみとめられた.MRIにても同様の所見であったが,造影による増強効果をみとめず良性腫瘍と判断された.また,超音波断層検査及びMRIにていずれも正常な左卵巣が同定されており,左付属嚢胞性[jsog-k.jp]

  • 卵巣腺腫

    また、嚢胞や(通常4cm以上)の付属捻転(ねじれること)により、重度の腹痛が引き起こされることがあります。 診断 は通常偶発的に発見されますが、症状や徴候により、わかることがあります。妊娠時はその影響で卵巣が腫れている場合があり、診断に注意が必要です。通常は経腟超音波検査で診断を確定します。[okayamasaiseikai.or.jp]

  • 卵巣嚢胞性奇形腫

    一般に、全妊娠の1 2%に付属が合併するといわれている。妊婦健診の経腟超音波でみつかることが多い。 卵巣嚢胞の有無と良悪性の評価に、主に経腟超音波を使用することが推奨される。[clinicalsup.jp] また、嚢胞や(通常4cm以上)の付属捻転(ねじれること)により、重度の腹痛が引き起こされることがあります。 診断 は通常偶発的に発見されますが、症状や徴候により、わかることがあります。妊娠時はその影響で卵巣が腫れている場合があり、診断に注意が必要です。通常は経腟超音波検査で診断を確定します。[okayamasaiseikai.or.jp]

  • 子宮筋腫

    子宮筋腫(しきゅうきんしゅ、uterine fibroids)とは、子宮の筋層に存在する平滑筋細胞由来の良性腫瘍である。 生殖年齢の女性のうち20%の割合で発生するが、悪性化するのは0.5%以下である。30代以上に好発し45歳までに女性の約70%に発生する。 子宮壁を構成する3つの層における存在部位によって、粘膜下筋腫(子宮の内側(子宮腔)寄り)、筋層内筋腫(子宮壁の肉の中)、漿膜下筋腫(子宮の外側寄り)に分類される。また、子宮頸部の位置にできるものは頸部筋腫と呼ばれる。半数以上の子宮筋腫が多発性(複数の塊が発生する)である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 卵巣奇形腫

    また、嚢胞や(通常4cm以上)の付属捻転(ねじれること)により、重度の腹痛が引き起こされることがあります。 診断 は通常偶発的に発見されますが、症状や徴候により、わかることがあります。妊娠時はその影響で卵巣が腫れている場合があり、診断に注意が必要です。通常は経腟超音波検査で診断を確定します。[okayamasaiseikai.or.jp]

  • 卵巣門細胞腫

    2週間前の職場の健康診断で腹部超音波検査を受け右卵巣嚢を指摘された。自覚症状はない。内診で径5cmの軟らかい右付属を触知し、可動性は良好で圧痛を認めない。右卵巣の超音波像を次に示す。 このへの対応として最も適切なのはどれか。[ameblo.jp] […] a.骨盤部CT b.右付属摘出 c.嚢胞穿刺吸引 d.GnRHアゴニスト療法 e.経過観察(3か月後の再診)[ameblo.jp]

  • 卵巣腫瘍

    また、嚢胞や(通常4cm以上)の付属捻転(ねじれること)により、重度の腹痛が引き起こされることがあります。 診断 は通常偶発的に発見されますが、症状や徴候により、わかることがあります。妊娠時はその影響で卵巣が腫れている場合があり、診断に注意が必要です。通常は経腟超音波検査で診断を確定します。[okayamasaiseikai.or.jp]

さらなる症状