Create issue ticket

考えれる36県の原因 交叉性片麻痺

  • MELAS症候群

    MELAS (mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes) ・疾患の概要 MELAS (mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis, and stroke-like episodes) は、ミトコンドリア病の中では頻度の高い病気であり、脳卒中様症状を特徴とするものの、合併する臓器症状が多様で、しかも発症年齢の幅が広く、中枢神経疾患に限らず数多くの疾患の鑑別 にあげられるのが特徴である。 ・臨床像[…][ncnp.go.jp]

  • 前大脳動脈梗塞

    されないもの 脳動脈炎 ウィリス動脈輪周囲炎 その他の明示された脳血管疾患 脳壊死 フォヴィル症候群 脳動脈循環不全 虚血性脳血管障害 外頚動脈海綿静脈洞瘻 虚血性白質脳症 脳虚血症 脳毛細血管拡張症 脳循環不全 放射線脳壊死 脳血管疾患,詳細不明 ウェーバー症候群 ミヤール・ギュブレール症候群 ベネディクト症候群 閉じこめ症候群 脳血管障害 上交叉麻痺[scuel.me]

  • 不全対麻痺

    弛緩麻痺麻痺 麻痺 交代麻痺 一過麻痺交叉麻痺 純粋運動性片麻痺 同側性片麻痺 不全片麻痺 対麻痺および四肢麻痺 弛緩性対麻痺 痙性対麻痺 屈曲性対麻痺 対麻痺 不全対麻痺 弛緩性四肢麻痺 痙性四肢麻痺 四肢不全麻痺 四肢麻痺 脊髄中心症候群 下肢の単麻痺 下肢弛緩性麻痺 下肢不全麻痺 下肢麻痺 下肢単麻痺 その[scuel.me] 脳性麻痺 痙性脊髄麻痺 先天性痙性麻痺 脳性両麻痺 脳性対麻痺 乳児片麻痺 小児片麻痺 先天性片麻痺 先天性舞踏病 ジスキネジア性脳性麻痺 重複性アテトーシス 先天性アテトーシス 両側性アテトーシス アテトーシス型脳性麻痺 運動失調性脳性麻痺 弛緩型脳性麻痺 先天性四肢麻痺 先天性対麻痺 混合型脳性麻痺症候群 脳性麻痺 リットル病 麻痺[scuel.me]

  • カウフマン眼脳顔症候群

    105 交叉麻痺 106 Emery-Dreifuss症候群 107 パーキンソン病 108 Camptocornia 109 文 献 111 索 引 商品詳細 著者 田中 真 出版社 中外医学社 発刊年 2013年05月 ISBN 978-4-498-22806-1 弊社の在庫管理につきまして、online shopと学会販売用を兼[m-book.co.jp] Angel-wing appearance 93 罪なきバビンスキーのあしゆび 94 逆シャンペンボトル型萎縮 95 偽性肥大 96 早朝ジストニア 97 多毛症(POEMS症候群) 98 アキレス腱の肥厚 99 Striatal toe 100 咬 痙 101 アテトーゼ(顔・体幹) 102 見えない枕徴候 103 首下がり 104 頭痛[m-book.co.jp]

  • ブラウン・セカール症候群

    弛緩麻痺麻痺 麻痺 交代麻痺 一過麻痺交叉麻痺 純粋運動性片麻痺 同側性片麻痺 不全片麻痺 対麻痺および四肢麻痺 弛緩性対麻痺 痙性対麻痺 屈曲性対麻痺 対麻痺 不全対麻痺 弛緩性四肢麻痺 痙性四肢麻痺 四肢不全麻痺 四肢麻痺 脊髄中心症候群 下肢の単麻痺 下肢弛緩性麻痺 下肢不全麻痺 下肢麻痺 下肢単麻痺 その[scuel.me] , 詳細不明 H01097 弛緩麻痺 G810 弛緩麻痺麻痺 G811 痙麻痺 一過麻痺交叉麻痺 交代性片麻痺 純粋運動性片麻痺 同側性片麻痺 不全片麻痺 片麻痺 G819 片麻痺, 詳細不明 弛緩性対麻痺 G820 弛緩性対麻痺 屈曲性対麻痺 痙性対麻痺 G821 痙性対麻痺 対麻痺 不全対麻痺 G822[kegg.jp] 脳性麻痺 痙性脊髄麻痺 先天性痙性麻痺 脳性両麻痺 脳性対麻痺 乳児片麻痺 小児片麻痺 先天性片麻痺 先天性舞踏病 ジスキネジア性脳性麻痺 重複性アテトーシス 先天性アテトーシス 両側性アテトーシス アテトーシス型脳性麻痺 運動失調性脳性麻痺 弛緩型脳性麻痺 先天性四肢麻痺 先天性対麻痺 混合型脳性麻痺症候群 脳性麻痺 リットル病 麻痺[scuel.me]

  • 穿孔性強膜軟化症

    , 詳細不明 H01097 弛緩麻痺 G810 弛緩麻痺麻痺 G811 痙麻痺 一過麻痺交叉麻痺 交代性片麻痺 純粋運動性片麻痺 同側性片麻痺 不全片麻痺 片麻痺 G819 片麻痺, 詳細不明 弛緩性対麻痺 G820 弛緩性対麻痺 屈曲性対麻痺 痙性対麻痺 G821 痙性対麻痺 対麻痺 不全対麻痺 G822[kegg.jp] アテトーシス型脳性麻痺 ジスキネジア性脳性麻痺 重複性アテトーシス 先天性アテトーシス 先天性舞踏病 両側性アテトーシス G803 ジスキネジー性脳性麻痺 運動失調性脳性麻痺 G804 失調性脳性麻痺 混合型脳性麻痺症候群 先天性四肢麻痺 先天性対麻痺 弛緩型脳性麻痺 G808 その他の脳性麻痺 H01837 リットル病 脳性麻痺 G809 脳性麻痺[kegg.jp]

  • 両側性再発性咽頭神経麻痺

    片麻痺 (hemiplegia)は身体の一側に限局する運動麻痺であり、運動麻痺の頻度としては最も多い。 神経診断学 として重要な麻痺に 交代麻痺 と 交叉性麻痺 というものがある。 交代性麻痺 (alternating hemiplegia)とは対側の 脳神経 麻痺を伴う片側の上下肢麻痺である。これは脳幹病変の存在を示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • 中枢神経系嚢胞

    感覚障害 18.玉ねぎの皮配列状感覚解離 19.交叉麻痺 20.下眼瞼向き垂直性眼振 21.頭蓋裂孔 22.側脳室後角拡大症 23.嚢胞性二分頭蓋 24.無脳症 25.嚢胞性二分脊椎 26.先天性皮膚洞 27.係留脊髄症候群 28.脊髄空洞症 29.割髄症 30.神経腸嚢胞 31.腰仙部脂肪腫 32.水頭症 33.Chiari奇形 34[nagaishoten.co.jp] .中枢神経系の発生過程 3.エレベーター運動 4.脳の重量 5.大脳新皮質の発生 6.脳溝 7.小脳の発生 8.小脳の溝 9.ヒトの脳の発生―まとめ― 10.脊髄円錐 11.終糸 12.髄鞘形成 13.主な中枢神経奇形の発生時期 14.出生前診断 15.新生児・乳児期の反射の出現時期と消失時期 16.乳児期の運動発達の正常月齢 17.解離[nagaishoten.co.jp]

  • 不全麻痺

    片麻痺 (hemiplegia)は身体の一側に限局する運動麻痺であり、運動麻痺の頻度としては最も多い。 神経診断学 として重要な麻痺に 交代麻痺 と 交叉性麻痺 というものがある。 交代性麻痺 (alternating hemiplegia)とは対側の 脳神経 麻痺を伴う片側の上下肢麻痺である。これは脳幹病変の存在を示唆する。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    片側の痙性歩行の原因は脳卒中後の麻痺などの一側の皮質脊髄路の障害である.両側の痙性歩行は両側皮質脊髄路病変(脊髄腫瘍,多発性硬化症,亜急性連合性脊髄変性症,変形性頸椎症,傍矢状髄膜腫,両側硬膜下血腫など)で認められる.痙性はさみ足歩行は,家族性痙性対麻痺脳性麻痺などに見られる.[primary-care.sysmex.co.jp] するような歩行になることがある(痙はさみ足歩行).[primary-care.sysmex.co.jp] ⑤痙性歩行(spastic gait) 痙縮のため,股関節,膝関節,足関節の屈曲が制限される.このため,下肢は外側から前方へぶん回すように円を描く(circumduction)歩行になる.一般に,歩幅は短く,歩隔は狭い.靴のつま先部の内側,靴底の外縁がすり減りやすい.両側の痙性歩行では大腿部が内転するとともに,下肢が伸展位になり,下肢が交叉[primary-care.sysmex.co.jp]

さらなる症状