Create issue ticket

考えれる276県の原因 二次腎不全

  • 低血糖症

    性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org] 低血糖症の原因には糖尿病治療薬に伴う低血糖のほか、インスリノーマ、反応性低血糖、薬剤性低血糖(複数の医療機関からの処方、相互作用、アルコール)、性低血糖(副腎不全、肝硬変、不全、先天性酵素異常など)、インスリンに対する抗体によるもの(インスリン自己免疫症候群など)、外因性インスリンによる低血糖(詐病、虚偽性障害を含める)、膵外性腫瘍などがあげられる[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    除外診断 性のHYPPをもたらすような疾患(カリウム保持性の利尿薬、アジソン病、不全など)。 ミオトニーを呈する他の疾患(筋緊張性ジストロフィーや先天性ミオトニーなど)。[ja.wikipedia.org]

  • ビタミンB12欠乏

    性貧血 別名続発性貧血、症候性貧血と呼ばれることもあります。主に、不全、慢性感染症(寄生虫感染症も含む)、膠原病、悪性腫瘍、肝疾患、内分泌疾患など、造血器疾患以外によって起こります。特に高齢者においては、性貧血の頻度が最も高く、貧血を初発症状として、陰に悪性腫瘍が潜んでいることがあります。[apha.jp]

  • 鉄欠乏症

    性貧血 別名続発性貧血、症候性貧血と呼ばれることもあります。主に、不全、慢性感染症(寄生虫感染症も含む)、膠原病、悪性腫瘍、肝疾患、内分泌疾患など、造血器疾患以外によって起こります。特に高齢者においては、性貧血の頻度が最も高く、貧血を初発症状として、陰に悪性腫瘍が潜んでいることがあります。[apha.jp]

  • 口内炎

    免疫低下による口内炎 FeLV、FIV感染、糖尿病、副腎皮質機能亢進症、不全などによって、体を守るための「免疫」が抑えられた状態となり、的に口内炎を発症することもあります。 歯周病による口内炎 歯周病は、歯の周囲にたまった歯垢や歯石の中の細菌によって、歯茎などの歯のまわりが炎症を起こす病気です。[anicom-sompo.co.jp]

  • むずむず脚症候群

    むずむず脚症候群は、原因がはっきりわからないもの(一性)と、他の病気や薬などが原因となって起こるもの(性)に分けられます。性の原因としては、慢性不全(特に透析中)、鉄欠乏性貧血、妊娠、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチなどが挙げられます。 治療法 日常生活を見直す 生活習慣を見直すことにより、症状の改善が期待できます。[mieko-neurologyclinic.com] むずむず脚症候群は、原因がはっきりわからないもの(一性)と、他の病気や薬などが原因となって起こるもの(性)に分けられます。性の原因としては、慢性不全(特に透析中)、鉄欠乏性貧血、妊娠、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチなどが挙げられます。 治療が必要だと考えられる人は約200万人いるとされています。[tawara-clinic.com] レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)は、原因がはっきりわからないもの(一性)と、他の病気や薬などが原因となって起こるもの(性)に分けられます。性の原因としては、慢性不全(特に透析中)、鉄欠乏性貧血、妊娠、糖尿病、パーキンソン病、関節リウマチなどが挙げられます。[kannai-iin.com]

  • 甲状腺腫

    二次性副甲状腺機能亢進症(Secondary hyperparathyroidism) 副甲状腺以外の病気が原因で副甲状腺ホルモンが過剰となり血中カルシウム濃度が上昇する病気を性(続発性)副甲状腺機能亢進症といいます。主たる原因として慢性不全があります。慢性腎不全になると、、活性型ビタミンD欠乏と尿中リン排出低下が起こります。[oph.gr.jp]

  • 慢性腎不全

    さらに不全に合併しやすい心不全により、全身の毛細血管から血漿成分が漏出して浮腫を生 じます。 性副甲状腺機能亢進症と性骨症腎不全ではビタミンDの活性化障害により、腸からカルシウムが吸収できず低カルシウム血症 となります。[foricafoods.co.jp] さらに不全に合併しやすい心不全により、全身の毛細血管から血漿成分が漏出して浮腫を生 じます。 性副甲状腺機能亢進症と性骨症 腎不全ではビタミンDの活性化障害により、腸からカルシウムが吸収できず低カルシウム血症 となります。[foricafoods.co.jp] : 遺伝子組み換えヒトエリスロポエチン製剤 性副甲状腺機能亢進症 : 活性型ビタミンD製剤 慢性不全の薬物療法についての注意点 1、 腎排泄の薬は減量が必要になること 2、非ステロイド性消炎鎮痛薬は腎機能低下の大きな原因の1つであること(腎のPG抑制による) 3、 腎不全での禁忌薬もある [参考文献] 標準腎臓病学 医学書院 慢性腎不全[ohpade.gozaru.jp]

  • 骨粗鬆症

    性骨粗鬆症 骨粗鬆症患者の5%以下の割合で、別の病態や薬剤の影響などで性に発症することがあります。 慢性不全、ホルモン異常(甲状腺、副甲状腺、副腎の病気)、またはステロイドや抗けいれん剤などの薬物による副作用として発症します。[shimamura-clinic.jp]

  • 急性結腸偽性閉塞症(ACPO)とは 特発性(5%以下) 的に引き起こす疾患がない 性(95%以上) 慢性不全、呼吸・中枢神経・心疾患、整形外科手術後、外傷後 慢性腸管偽閉塞症(CIPO)とは 特発性は腸管異常が原因、的に引き起こす疾患がない 二次性は自律神経障害、腸管神経障害、腸管平滑筋障害、腸管神経筋混合性障害、薬剤 一般的[yokkaichi.jcho.go.jp]

さらなる症状