Create issue ticket

考えれる24県の原因 二次パーキンソン症

  • 頭部外傷

    頭部外傷(とうぶがいしょう、英: head injury、独: Kopftrauma)は、頭部に外力が加わって損傷が生じた状態の総称である。外傷性脳損傷を続発させることも少なくなく、発生段階からこれを伴うこともある。 外傷は開放性と閉鎖性に分けられ、いずれも部位によって頭皮、頭蓋骨、頭蓋内に分けられるが、頭蓋内、特に脳に対する損傷の程度が最も重視される。外力が脳に与える損傷の成立機序には様々なものがあり、代表的なものとしては以下の通りである。 打撃部位において骨は撓み inbending を生じ、脳を圧迫損傷する。特に小児では骨が軟らかいので inbending injury[…][ja.wikipedia.org]

  • 低酸素症

    低酸素症(ていさんそしょう、Hypoxia)とは、生体の組織に十分酸素が行きわたらず、組織の酸化による代謝が不十分である状態のこと。呼吸機能の障害がもたらす低酸素血症(hypoxemia)については、血液ガス分析の項目を参照のこと。 肺胞換気不全などによる呼吸の障害、一酸化炭素中毒などによる血液の酸素運搬量の減少、シアン化合物中毒などによる組織自体が代謝できない場合などによるさまざまな原因が挙げられる。 軽度の低酸素症ならば、血液中の赤血球が増加し、心拍出量と心拍数が増加し、すぐに回復するが、 脳に低酸素が生じた場合、呼吸機能が減退、神経の働きが鈍くなるなどの症状があらわれる。[…][ja.wikipedia.org]

  • パーキンソン病

    京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授らの研究チームは30日、人のiPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病のサルに移植し、手足の震えなどの症状が軽減したとする研究成果を発表した。霊長類で効果が確認されたのは初めて。2018年度中にもパーキンソン病患者を対象にした再生医療の臨床試験(治験)の開始を目指す。高橋教授は「(治験に使う)手法の有効性や安全性に問題がないことが確認された」としている。 研究成果は英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。[…][nikkei.com]

  • 淡蒼球錐体症候群
  • 大脳基底核出血
  • 脳腫瘍
  • 一酸化炭素中毒

    一酸化炭素中毒 (いっさんかたんそちゅうどく、別名 CO中毒 )とは、 一酸化炭素 に起因する中毒症状である。 原因 [ 編集 ] 発症機序は充分に解明されていない [1] が、次のように考えられている。一酸化炭素は酸素の約200 - 250倍も 赤血球 中の ヘモグロビン と結合しやすい [2][…][ja.wikipedia.org]

  • 拳闘家痴呆
  • オリーブ橋小脳萎縮症

    オリーブ橋小脳萎縮症 (オリーブきょうしょうのういしゅくしょう、Olivopontocerebellar atrophy (OPCA))は、 脊髄小脳変性症 の一種。 多系統萎縮症 の一病型である。 目次 1 原因 2 病態 3 症状 4 検査 5 診断 6 治療 7 予後 8 診療科 9 各国において 9.1 日本 10 参考文献 11 関連項目 12 外部リンク 原因 [ 編集 ] 病因は不明。孤発性に見られることから、遺伝的要因は薄いと考えられている 常染色体 優性遺伝[…][ja.wikipedia.org]

  • シャイ・ドレーガー症候群

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 多系統萎縮症(3)シャイ・ドレーガー症候群(指定難病17) たけいとういしゅくしょう しゃい・どれーがーしょうこうぐん (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) (1)線条体黒質変性症 (2)オリーブ橋小脳萎縮症 (3)シャイ・ドレーガー症候群 1.シャイ・ドレーガー症候群とはどのような病気ですか 尿失禁や失神を起こすような自律神経障害で発病しそれが経過前半期の主要症状である多系統萎縮症を特別に区別して、シャイ・ドレーガー症候群とよんでいます。 組織病理所見はオリーブ橋小脳萎縮症や線条体黒質 変性[…][nanbyou.or.jp]

さらなる症状