Create issue ticket

考えれる605県の原因 乾皮症

  • 日焼け

    しかし、色素性のように修復機能が欠損するケースでは、紫外線暴露による皮膚ガンが極めて起こりやすいことが知られている。また、日焼けは稀に全身性エリテマトーデス発症のきっかけになるともされている。 テトラサイクリン系などの抗生物質、抗てんかん薬や抗精神病薬及び避妊薬は副作用に光線過敏があり日焼けのリスクを増大させる。[ja.wikipedia.org] 色素性・コカイン症候群など:元来持つ遺伝子以上による皮膚疾患 紫外線で生じる DNA損傷は、2個の隣接したチミン塩基が共有結合で結ばれて、チミン2量体になる。この種のDNA損傷は、日光を浴びることの多い皮膚の細胞で特に起こりやすい。[web.archive.org] しかし、 色素性 のように修復機能が欠損するケースでは、紫外線暴露による皮膚ガンが極めて起こりやすいことが知られている。また、日焼けは稀に 全身性エリテマトーデス 発症のきっかけになるともされている [3] 。[ja.wikipedia.org]

  • 更年期障害

    診療内容  更年期障害 世界一長寿となった日本人女性。 平均寿命も86歳を超えてきました。これからは、この長い人生をいかに自分らしく健康に過ごすための知恵が求められています。 つまり閉経後の30年以上の時間(セカンドライフ)をいかにうまく過ごすかが大きな課題となってきます。 閉経をはさんだ10年間は更年期とよばれ、セカンドライフへの通過点であり、女性はさまざまなからだの変化を感じる時期です。 すべての女性に等しく訪れる更年期。でも、誰もが同じ症状ではありません。[…][kosya-clinic.jp]

  • 接触性皮膚炎

    原因 【】 皮脂の分泌が減少し、皮膚が乾燥することで、外部の刺激に対して敏感になり起こります。特に老化によるを老人性皮膚瘙痒(そうよう)症ということがあります。 【限局性皮膚掻痒症】 外陰部(主に中年以降の女性)、肛門部(主に中年以降の男性)にかゆみが起こります。[hifunokoto.jp]

  • アトピー性皮膚炎

    痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。慢性的ではありますが、適切な治療をきちんと受ければ、いずれ治ったと同様の状態になることが期待されます。 日本皮膚科学会編「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン」について[dermatol.or.jp]

  • 乾癬

    絶対禁忌: 1)皮膚悪性腫瘍の合併あるいは既往歴のある者、2)高発癌性リスクの(dysplastic nevus syndrome、色素性、過去にヒ素の内服や接触歴、放射線照射歴のある者)、3)顕著な光線過敏を有する者(遺伝性光線過敏症、白皮症、ポルフィリン症、光線過敏性膠原病など)、4)妊娠中あるいは授乳中の女性。[lab.toho-u.ac.jp]

  • 甲状腺機能低下症

    甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)は、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が不十分となる疾患である。代謝内分泌疾患の一つ。先天性のものや幼少時発症のものは、発達上の障害が大きな問題となるため特にクレチン症という。 甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンである。エネルギー需要に応じて甲状腺から分泌されるが、本症ではこれが不足するので全身でエネルギーを利用できず、神経系、心臓、代謝など各器官の働きが低下する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脱水

    脱水(だっすい、英:dehydration)とは、医学において体内の水分量が不足した状態を言う。この脱水には二種類の状態が存在し、細胞外液(血漿と間質液)を失う“volume depletion"と、細胞外液中の水分と細胞内液中の水を失う “dehydration" があるが、日本ではこれらを総称して「脱水」と呼んでいる。簡易なチェック方法として「毛細血管再充血時間」を計る方法(指の爪を上から5秒間押して白くなった状態から元のピンク色に戻るまでの時間)がある。2秒以上かかる場合は緊急治療が必要と判断される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

  • 薬疹

    これらの薬剤では共通して顔面、項部、四肢にざ瘡様疹、体幹四肢に、顔面の眉毛部から鼻翼(いわゆるTゾーン)に脂漏性皮膚炎、手足の爪囲炎などを高頻度に生じることが明らかになっている。 治療は通常の尋常性ざ瘡などに準じるが、一進一退を繰り返し治療は比較的長期にわたることが多い。[kouseiren-ta.or.jp]

  • うっ滞性皮膚炎

    […] twenty nail dystrophy of childhood デルマドローム 薬疹 中毒疹 光線過敏 ペラグラ 色素性 ガラス圧法 皮膚真菌検査(KOH検査) 生検(病理検査) ダーモスコピー 貼布試験(パッチテスト) プリックテスト ツァンク試験 細菌培養検査 ウッド灯検査 皮膚外用療法 紫外線療法(PUVA療法、ナローバンド[ja.wikipedia.org] ページェット病(Paget病) 菌状息肉腫 セザリー症候群 皮膚悪性リンパ腫 転移性皮膚癌(他の癌の皮膚への転移) 痤瘡(にきび) 酒さ(あから顔) 酒さ様皮膚炎 汗疹(あせも) 多汗症 汗疱 汗疱状湿疹 腋臭症(わきが) 老人性脂腺増殖症 円形脱毛症 壮年性脱毛症 トリコチロマニア(抜毛癖・精神疾患) 爪囲炎 陥入爪 爪の変形 爪の色素異常[ja.wikipedia.org]

さらなる症状