Create issue ticket

考えれる65県の原因 乾性ラ音

  • インフルエンザ肺炎

    書誌情報 原著 インフルエンザ肺炎84例の臨床像 高柳 昇 1) 原 健一郎 1) 徳永 大道 1) 加藤 貴子 1) 金澤 實 1)2) 斎藤 大雄 1) 生方 幹夫 1) 倉島 一喜 1) 柳沢 勉 1) 杉田 裕 1) 360-0105 埼玉県大里郡江南町板井1696 1) 埼玉県立循環器・呼吸器病センター呼吸器内科 2) 現 埼玉医科大学呼吸器内科 要旨[…][journal.kyorin.co.jp]

  • 肺炎球菌性肺炎

    概要 疾患のポイント: 肺炎球菌性肺炎とは、肺炎球菌が原因で起こる肺炎である。 市中肺炎の中で最多であり、死亡者が多いのも肺炎球菌肺炎である。 侵襲性肺炎球菌感染症(侵襲性感染症のうち肺炎球菌が髄液又は血液から検出された場合)は、感染症法の5類感染症に分類され、診断した医師は、7日以内に最寄りの保健所に届け出る必要がある。 市中肺炎と診断した場合には、第一に肺炎球菌性肺炎であるかどうか考える。 インフルエンザ罹患後に続発する肺炎としても、28 48%と最多である。 市中肺炎と診断後、良質な喀痰を塗抹鏡検し、グラム陽性双球菌を有意に認めたら確定診断できる。 喀痰グラム染色中の肺炎球菌: 図表[…][clinicalsup.jp]

  • 剥離性間質性肺炎

    図1.特発性間質性肺炎診断フローチャート 2.身体所見 fine crackles(乾性、捻髪音): 90 % 以上に聴取され、ほぼ必発と考えられており、 診断上、最も大きな手がかりとなる。[okinawa.med.or.jp] 聴診上fine crackles(乾性,捻髪 音): 90 %以上に聴取される。 間質性肺炎の診断にCT 検査は非常に有用 である。 間質性肺炎の診断にVATS は必須検査であ る。 抗線維化薬ピルフェニドン(ピレスパ) は特発性間質性肺炎の7 臨床病型に適応があ り、予後を改善することが証明されている。[okinawa.med.or.jp]

  • 新生児間質性肺線維症

    特発性肺線維症の画像診断 - 蜂巣肺,IPF/UIP画像診断の理解のために - このページを印刷する IPF/UIP画像診断の最新テキスト,待望の刊行! 原因不明の間質性肺炎(IIPs)の中でも予後不良な疾患として知られる特発性肺線維症(IPF)に焦点を当て、画像-病理対応の理解も含めて、画像診断の問題点を示し、新たな診断の可能性を探る。IPF/UIPの重要な画像所見である蜂巣肺の解釈について詳述。IPFの周辺疾患との鑑別や、急性増悪・合併症にも言及。IPF/UIP診断に関わる放射線科医や呼吸器内科・外科医、病理医必携の書。 著 編集: 酒井文和 埼玉医科大学国際医療センター画像診断科 教授[…][medsi.co.jp]

  • 二次性肺間質性線維症

    特発性間質性肺炎 (idiopathic interstitial pneumonia: IIP) 患者さんの診断において、二次性間質性肺炎の原因となりうる膠原病や感染症、薬剤、吸入抗原などの検索は非常に重要です。特に膠原病の検索には疾患特異的な症状・症候だけでなく、自己抗体の測定が有用です。実臨床では、膠原病に特異的な自己抗体が陽性にも関わらず、確立した膠原病の診断基準を満たさない間質性肺炎患者さんがおり、このような方々は現時点では特発性の間質性肺炎と診断されています。 抗好中球細胞質抗体 (anti-neutorophil cytoplasmic antibody: ANCA) は顕微鏡的多発血管炎[…][hamamatsu-lung.com]

  • 肺線維症

    特発性肺線維症の国際診療ガイドラインが2018年9月1日に改定となりました。 今回は診断方法についてのガイドライン改定です。 改定の主な点は 1)胸部HRCT所見の分類の変更 patterns of UIP, (UIPパターン) probable UIP, indeterminate:(鑑別困難) alternate diagnosis :(他の診断) に変更となり、possible UIPが削除されたこと indeterminateはさらにUIPの可能性があるものとそうでないものに分類されているようです。 2)胸部HRCTでProbable、indeterminate、alternate[…][ameblo.jp]

  • ウイルス性肺炎
  • 肺胞蛋白症

    肺胞蛋白症とは、末梢気腔(肺胞腔内及び終末気管支)にリン脂質とサーファクタントアポ蛋白が貯留し、次第に呼吸困難が進行する稀少肺疾患です。国内における推定患者数は800 1,200人程度とされています。 【研究班による全数調査の結果】 研究班では、1999年より同症の血清診断を行い、全数調査を行ってきましたが、2015年までに累積1,005名の肺胞蛋白症を診断しました。2014年までの罹患率はそれぞれ、0.69人/百万人/年(平均0.7人/百万人)と推定されます。[…][pap-guide.jp]

  • 僧帽弁狭窄症

    僧帽弁狭窄症(そうぼうべんきょうさくしょう,mitral stenosis,MS)は、心疾患の一種であり、僧帽弁口の狭窄によって左心房から左心室へ血液が流れにくくなる疾患である。 心臓の左心房と左心室の間には、僧帽弁 (mitral valve) と呼ばれる、二枚の尖弁(前尖、後尖)が存在する。 この弁は、左心房の収縮時には開いて、左心房からの血液を左心室へ流入させる一方、左心室収縮時には閉じて、左心室から左心房への逆流を防いでいる。 通常僧帽弁口の面積は4 - 6cm2であるが、僧帽弁尖の癒着などにより僧帽弁口の面積が1.5cm2以下になると、様々な症状を呈するようになる。[…][ja.wikipedia.org]

  • ニューモシスチス肺炎

    目次 概要 症状 原因 検査内容と主な診療科目 治療方法と治療期間 治療の展望と予後 発症しやすい年代と性差 概要 ニューモシスチス肺炎とは? ニューモシスチス肺炎は、ニューモシスチス・イロベチイという真菌に感染することで発症する肺炎です。 以前はこの病気の原因菌を発見した博士の名前をとってカリニ肺炎と呼ばれていました。 免疫機能が正常に維持されている状態であれば、ほとんど感染することはないとされています。 しかし、AIDSによって免疫機能に異常をきたした状態になると感染率があがり、致死率も高いため、この病気も注目されています。[…][fdoc.jp]

さらなる症状