Create issue ticket

考えれる41県の原因 乳房の腺癌

  • 肥満

    いつでも食べたい物が手に入る豊かな時代になり、肥満による健康問題が増えています。近年は欧米だけでなく、中国などのアジア諸国でも肥満が急増中。日本では成人における肥満の割合は約30%。最近30年間の推移を見ると、成人男性の肥満が増え続けています。健康を支える上で肥満に対する対策が課題となっているなか、日本肥満学会によって「肥満症の診断基準」の見直しが行われ、2011年9月、11年ぶりに新しい診断基準が示されました。[…][healthcare.omron.co.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    某人気グループのメンバーが書類送検されたことが大きなニュースになってます。国政やら南北朝鮮やら重要な問題がたくさんあるときに、それほど大騒ぎすることでもあるまい、という気がしつつも、つい見てしまう自分が恥ずかしい。 飲酒で酩酊状態になったことが原因のようだが、う ん、それってアルコール依存症とちゃうんか。[…][sumufumulab.jp]

  • 大腸の腺癌

    大腸癌の腺癌で中分化型は増加傾向にあり、その背景には喫煙などの酸化ストレスによる環境因子を原因としたKRAS遺伝子変異が関わっている可能性が、ゲノム解析で明らかになった。7月16日から18日に大阪市で開催された第64回日本消化器外科学会総会のワークショップ「大腸中分化型腺癌への対応」で、九州大学大学院消化器・総合外科の掛地吉弘氏らが発表した。 大腸癌の大半を占める腺癌は組織学的に高分化型、中分化型、低分化型に分けられ、高分化型に比べて中分化型は予後が悪いとする報告もある。[…][medical.nikkeibp.co.jp]

  • 乳腺線維嚢胞症

    疾患 好発 年齢 しこり 乳腺の異常分泌 乳 腺 症 30歳 閉経 ・弾力性に富み、柔らかく、境界不明瞭 ・両側多いが、片側のこともある ・手のひらで触れるより、指で乳腺をつまみ上げるとわかりやすい ・伴うこともある ・多くは乳汁様の混濁した分泌物 ・血性のことは無い。 ・乳頭変化・・・特にない ・自発痛や圧痛を伴う ・月経前に症状が増強。 ・皮膚変化はみられない 乳 腺 線 維 腺 腫 20 35歳 ・球形 卵形。 弾力性と可動性に富む ・単発が多い。多発、両側性もある ・シコリの大きさは様々 ・特にない ・乳頭変化・・・特にない ・自発痛なし ・圧痛なし ・皮膚変化なし 乳 管 内 乳[…][naoru.com]

  • 乳房膿瘍

    (IASR Vol. 38 p.84-85: 2017年 4月号 ) 腸チフスは, Salmonella Typhiによって起こる全身性感染症であり, ここ数年は日本国内で年に40 60例の届出がされている。インドへの渡航後, 1カ月以上にわたって発熱, 下痢の症状を認めたが, 便からは病原体が検出されず, 乳房膿瘍の膿汁から病原体が検出され, 腸チフスと診断された非常に稀な症例を経験したので報告する。 症例:28歳女性 飲食業 既往歴に気管支喘息, その他特記すべきことはなし。2016(平成28)年8月中旬から20日間一人でインドへ旅行した(今回で5回目)。旅行14日目から39 台の発熱と下痢があり,[…][niid.go.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    抄録 症例は80歳,女性.2008年9月に肝障害で当科紹介となり,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTで肝S2に径22 mm大の肝細胞癌(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20[…][jstage.jst.go.jp]

  • 日光角化症

    また,悪性黒色腫(メラノーマ)は診断が難しいうえに高い転移能を有し,治療抵抗性であるので,診療上,細心の注意を要する皮膚である。さらにまた,やはり高齢者の外陰部に好発する特異なである乳房外Paget病も稀ならずみられる。日常診療において,これら各種の皮膚癌に適切に対処することが切望される。[amazon.co.jp]

  • 皮膚癌

    また,悪性黒色腫(メラノーマ)は診断が難しいうえに高い転移能を有し,治療抵抗性であるので,診療上,細心の注意を要する皮膚である。さらにまた,やはり高齢者の外陰部に好発する特異なである乳房外Paget病も稀ならずみられる。日常診療において,これら各種の皮膚癌に適切に対処することが切望される。[amazon.co.jp] 表皮内に限局してが生じたもので、進行すると有棘細胞になります。治療は手術、放射線などです。 パージェット病(乳房や外陰部に生じる組織のです。はじめは紅斑や色素斑で始まり、びらんを伴うこともあります。湿疹や他の皮膚疾患と間違われることがあり要注意です。初期は癌組織は表皮内に留まりパージェット病と呼ばれます。[gmhosp.jp] 乳房外Paget病は皮膚のであり所属リンパ節転移を起こすと予後は非常に悪いのですが、病期分類さえ存在せず、治療法の開発は非常に遅れています。本疾患については海外での研究はそれほど盛んではないため、国際的にも先頭に立って情報発信をしていく必要を感じています。[jcog.jp]

  • 黒色表皮腫

    Paget病、有棘細胞、基底細胞癌、汗腺癌、脂癌、転移性皮膚癌、血管肉腫、悪性黒色腫、菌状息肉症、Sezary症候群、成人T細胞白血病、隆起性皮膚線維肉腫 毛包脂腺・毛髪・爪疾患 :汗疱、臭汗症、汗疹、汗腺膿瘍、多汗症、尋常性ざ瘡、皮膚毛包虫、新生児ざ瘡、脂腺増殖症、円形脱毛症、抜毛症、爪甲剥離症、爪囲炎、陥入爪、 細菌感染症 :毛嚢炎[kyumed.jp] 尋常性白斑、 母斑・母斑症 :表皮母斑・脂腺母斑、母斑細胞母斑、扁平母斑、太田母斑、単純性血管腫、苺状血管腫、海綿状血管腫、結節性硬化症、神経線維腫症、色素失調症、 皮膚良性腫瘍 :老人性疣贅、粉瘤、汗孔腫、汗管腫、皮膚混合腫瘍、、神経線維腫、神経鞘腫、皮膚線維腫、ケロイド、肥厚性瘢痕、脂肪腫、 皮膚悪性腫瘍 :ケラトアカントーマ、Bowen病、乳房[kyumed.jp]

  • 乳房ページェット病

    乳房以外にも、乳房パジェット癌に似て、皮膚表面に拡大して進展する特殊ながあり乳房外パジェット病()と称されている。乳房外パジェット病()は、外陰部、腋窩、肛門に好発する。これらの部位に存在するアポクリンに由来する癌と考えられている。 通常、自覚症状のない紅斑として始まり、徐々に傷(びらん)を伴い拡大する。[com-info.org] 平成27年度に当科で治療を行った皮膚がんの件数を示します(表1) 表1 平成27年度悪性腫瘍新患内訳(平成27年4月 平成28年3月) 総数 66 基底細胞癌 21 悪性黒色腫 6 扁平上皮癌 10 隆起性皮膚線維肉腫 3 日光角化症 4 メルケル細胞 1 ボーエン病 4 血管肉腫 1 乳房外パジェット病 2 悪性線維性組織球腫 1 脂[tachikawa-hosp.gr.jp]

さらなる症状