Create issue ticket

考えれる5県の原因 乳児期に脂肪が多い

  • 鼻涙管閉塞

    こどものさかさまつ毛(眼瞼内反) こどものさかさまつ毛(眼瞼内反症)とは 先天性のもので、睫毛全体が角膜の方向を向くことにより、睫毛の多くが角膜に当たっている状態をさかさまつ毛と呼びます さかさまつ毛の原因について 乳児は皮膚や皮下脂肪が過剰なため顔面がふっくらし、まぶたが内側に向いていることが原因です。[mochizukiganka.com] 症状の現れ方 まばたきが異常に多い、光を異常にまぶしがる、結膜充血(眼が赤い)、眼脂(目やに)、流涙(涙がでる)などの症状があります。また、睫毛を角膜にできるだけ接触させないように、顎を引いたり、顔を回したり不自然な姿勢を示すことがあります。[mochizukiganka.com]

  • 涙嚢炎

    こどものさかさまつ毛(眼瞼内反) こどものさかさまつ毛(眼瞼内反症)とは 先天性のもので、睫毛全体が角膜の方向を向くことにより、睫毛の多くが角膜に当たっている状態をさかさまつ毛と呼びます さかさまつ毛の原因について 乳児は皮膚や皮下脂肪が過剰なため顔面がふっくらし、まぶたが内側に向いていることが原因です。[mochizukiganka.com] 症状の現れ方 まばたきが異常に多い、光を異常にまぶしがる、結膜充血(眼が赤い)、眼脂(目やに)、流涙(涙がでる)などの症状があります。また、睫毛を角膜にできるだけ接触させないように、顎を引いたり、顔を回したり不自然な姿勢を示すことがあります。[mochizukiganka.com]

  • 結節性硬化症

    胎生期から乳児期に出現する心臓の横紋筋腫、出生時より認められる皮膚の白斑、乳幼児期から出現するてんかん、自閉症、精神発達遅滞、顔面の血管線維腫、乳児から幼児期にかけて問題になることの多い脳腫瘍、眼底の過誤腫、小児期から思春期に著明になる腎の血管筋脂肪腫や嚢腫。[nanbyou.or.jp]

  • 結節性硬化症 2型

    胎生期から乳児期に出現する心臓の横紋筋腫、出生時より認められる皮膚の白斑、乳幼児期から出現するてんかん、自閉症、精神発達遅滞、顔面の血管線維腫、乳児から幼児期にかけて問題になることの多い脳腫瘍、眼底の過誤腫、小児期から思春期に著明になる腎の血管筋脂肪腫や嚢腫。[nanbyou.or.jp]

  • 涙管欠損

    こどものさかさまつ毛(眼瞼内反) こどものさかさまつ毛(眼瞼内反症)とは 先天性のもので、睫毛全体が角膜の方向を向くことにより、睫毛の多くが角膜に当たっている状態をさかさまつ毛と呼びます さかさまつ毛の原因について 乳児は皮膚や皮下脂肪が過剰なため顔面がふっくらし、まぶたが内側に向いていることが原因です。[mochizukiganka.com] 症状の現れ方 まばたきが異常に多い、光を異常にまぶしがる、結膜充血(眼が赤い)、眼脂(目やに)、流涙(涙がでる)などの症状があります。また、睫毛を角膜にできるだけ接触させないように、顎を引いたり、顔を回したり不自然な姿勢を示すことがあります。[mochizukiganka.com]

さらなる症状