Create issue ticket

考えれる259県の原因 乳び胸, 腹水, 黄疸

  • 門脈性肝硬変
  • 肝硬変

    その結果として生じる症状が黄疸です( 成人の黄疸 )。 胆汁は緑色がかった黄色の消化液で、肝臓の細胞によって作られます。作られた胆汁は細い管(胆管)に流れ込み、それらの管が集まって、より大きな管が形成されます。この大きな管は、最終的に肝臓から出て、胆嚢(胆汁を貯蔵します)または小腸につながります。[msdmanuals.com] 門脈の流れが悪くなったことなどによって発生する腹水については、体液貯留を防ぐためにも塩分制限を患者に課し、利尿薬の投与が試みられるものの、効果が不充分であれば、腹部に針を刺して直接腹水を抜き取る場合もある。門脈に溜まった血液が無理に心臓に戻ろうとした結果、しばしば痔核や食道静脈瘤を形成する。[ja.wikipedia.org] 後期の臨床像には, 門脈圧亢進症 ,腹水,代償不全に至った場合の 肝不全 などがある。診断にはしばしば肝生検が必要となる。肝硬変は通常,不可逆的と考えられている。治療は支持療法である。 肝硬変は世界的に上位を占める死亡原因となっている。肝硬変の原因は線維化の原因と同じである( 肝線維化を引き起こしうる疾患および薬物 )。[msdmanuals.com]

    不足: 乳び胸
  • 心不全

    そのほか、腹水、肝腫大、静脈怒張など、循環の不良を反映した症状をきたす。 右心不全の多くは、左心不全に続発して生じるかたちとなる。左心不全で肺うっ血が進行し、肺高血圧をきたすまでに至ると、右室に圧負荷がかかり、右心不全を起こす。治療薬にコルホルシンダルパートがある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 乳び胸
  • アルコール性肝疾患

    肝障害特有の、黄疸、全身倦怠感、食欲低下、発熱。 アスパラギン酸アミノ基転移酵素(AST)・アラニンアミノ基転移酵素(ALT):AST優位の上昇を示すことが多い。 γ-GTP:上昇傾向を示す 禁酒。 重症症例では、肝移植、白血球除去、血漿交換、ステロイド投与が有効であったとする報告がある、持続血液濾過透析。[ja.wikipedia.org] 肝障害で症状(腹水・黄疸・出血・昏睡)が出るのは肝硬変が進行した非代償期です。 肝硬変は回復しないわけではありませんが、飲酒で悪くなるのは1日単位、良くなるのは年単位なので完全断酒が必要です。 当院での調査では「アルコール性肝硬変」と診断されても飲酒継続した場合の4.4年後の生存率は35%、断酒を継続できた場合は88%でした。[kurihama-med.jp] 抄録 症例は43歳,男性.アルコール多飲により高度の肝機能障害を呈し,断酒後も黄疸が遷延した.検査成績では多核白血球優位の高度白血球増加,プロトロンビン時間の低下を認め,重症型アルコール性肝炎と診断した.肝不全に対し計8回の血漿交換施行し,白血球,サイトカインの除去目的に顆粒球除去療法を計2回施行した.しかし,肝不全の改善は認めず,家人と相談[doi.org]

    不足: 乳び胸
  • 肝細胞癌

    進行するに従って 肝不全 症状( 肝性脳症 , 黄疸 , 出血傾向 , 腹水 , 浮腫 など)がみられる。他の癌同様、 転移 、周辺臓器の圧迫による症状もみられる。 また頻度は低いが 腫瘍随伴症候群 がおこることもある。[ja.wikipedia.org] ただし、腹水がある場合は、肝切除後に肝臓が機能しなくなる(肝不全)危険性が高く、通常は肝切除以外の治療を行います。 切除の術式は、がんのある場所や肝機能に応じて、小さい範囲での切除から、複数の区域にわたる大きい範囲での切除までさまざまです。[ganjoho.jp] 進行するに従って 肝不全 症状( 肝性脳症 , 黄疸 , 出血傾向 , 腹水 , 浮腫 など)がみられる。他の癌同様、 転移 、周辺臓器の圧迫による症状もみられる。 また頻度は低いが 腫瘍随伴症候群 がおこることもある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 乳び胸
  • 肝炎

    アセトアミノフェンの服用にもかかわらず,重症肝障害を生じた2例を経験したので報告した.患者は38歳の男性と31歳の女性である.アセトアミノフェン服用量は,それぞれ,3.7gと6.4gで,いずれも嘔吐,腹痛,全身倦怠感を訴えて入院した.本剤服用時,前者はアルコールを摂取し,後者は絶食状態であった.検査上,前者は著明な血清トランスアミナーゼの上昇,軽度の黄疸[doi.org] 肝炎(かんえん、英語:Hepatitis)は、何らかの原因で肝臓に炎症が起こり発熱、黄疸、全身倦怠感などの症状を来たす疾患の総称である。日本ではウイルス性による肝炎が80%を占める。日本では特にA、B、C型が多い。 肝炎の主な原因には以下が存在する。[ja.wikipedia.org]

    不足: 乳び胸
  • ヘモクロマトーシス
    不足: 乳び胸
  • C型肝炎

    一般に自覚症状が乏しい場合もあるが、発熱、全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐、口腔扁平苔癬が出現し、血液検査にて肝障害(AST・ALT高値)、黄疸(T-Bil高値)を認めるといった急性肝炎症状を呈する場合が多い。なお、B型肝炎やA型肝炎に比較して劇症肝炎を呈する例は稀である。[ja.wikipedia.org] 肝硬変になると腹水やむくみ、黄疸などの症状が現れ、腎臓の炎症(膜性増殖性糸球体腎炎)を合併することがある。 基本的に血液感染によって成立するため、輸血、注射、手術、針刺し事故、覚醒剤注射などの感染の原因となりうることがあったかどうかを確認が大切である。 血液検査の目的は主に肝炎があるかどうかや、肝炎の程度、肝臓の機能を調べること。[ja.wikipedia.org] 肝硬変になると腹水やむくみ、黄疸などの症状が現れ、腎臓の炎症(膜性増殖性糸球体腎炎)を合併することがある。 基本的に血液感染によって成立するため、輸血、注射、手術、針刺し事故、覚醒剤注射などの感染の原因となりうることがあったかどうかを確認が大切である。 血液検査の目的は主に肝炎があるかどうかや、肝炎の程度、肝臓の機能を調べること。[ja.wikipedia.org]

    不足: 乳び胸
  • 原発性胆汁性肝硬変

    一方で症候性原発性胆汁性胆管炎における初発症状は皮膚の掻痒感(かゆみ)が最も多く、進行すると黄疸が出現します。また、我が国ではあまり注目されていませんが、疲労感(つかれ)は欧米では原発性胆汁性胆管炎の最も一般的な症状と考えられています。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 肝臓は初期に腫大していることが多く、進行すれば、萎縮し、黄疸と共に、胃食道静脈瘤、腹水、肝癌等、肝硬変に伴う身体所見が現れる。 4.治療法 確立した根治的治療法はないため対症療法にとどまるが、病期・病態に応じた対策が必要である。[nanbyou.or.jp] 臨床像 [ 編集 ] 以前は黄疸、腹水貯留、意識障害などの肝硬変・肝不全症状を呈して発見された場合が多かったが、近年は健康診断が普及し、無症状で血液検査での軽度黄疸や肝胆道系酵素の異常値で早期に発見されて診断に至る場合が80%以上でほとんどである。 分類 [ 編集 ] 以下の種類に大別されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 乳び胸
  • 発作性夜間血色素尿症

    黄色のビリルビンが原因で黄疸が発症する。 黄疸 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇して黄疸になる。 胆石症 : 溶血により血中ビリルビン値が上昇するため胆石症を合併する事が多い。 核黄疸 : 新生児黄疸にみられ、大脳核にビリルビンが沈着することで起こる障害。[ja.wikipedia.org]

    不足: 乳び胸

類似した症状