Create issue ticket

考えれる640県の原因 乏尿

  • 尿路感染症

    発熱、側腹部痛と共にほとんどが血尿を伴い、激症型では尿、無尿となる。尿検査では血膿尿を呈し、排泄性腎盂造影(IVU)、逆行性腎盂造影(RP)にて腎乳頭脱落(Ring shadow or Arc sign)が特徴である。尿流停滞の除去などの基礎疾患の治療と強力な化学療法が必要である。[home.hiroshima-u.ac.jp]

  • レンサ球菌感染

    A群溶血性レンサ(連鎖)球菌をご存じですか?たまにメディアで取りあげられているのでご存じの方もいらっしゃると思います。今回は、この菌が原因となって引き起こされる感染症のお話をさせて頂きます。 溶血性レンサ球菌は、顕微鏡で観察した時に、丸い菌が連なって見える事が多く、血液を加えた培地で培養すると溶血を起こす事から名付けられています。また、細菌壁を構成する多糖体の抗原性の違いによってA V群(I,Jは除く)に分類されており、A群溶血性レンサ球菌はA群に属しています。[…][lab.toho-u.ac.jp]

  • 急性腎不全

    3.尿の発生とBUN、クレアチニンの上昇には時間差があるのが普通。従 って、尿がありBUN、クレアチニンは正常の時には、以下に記載する 腎性と腎前性の鑑別のための検査、血液ガス、電解質、クレアチニンクリ アランスなどをチェックし、早期診断に努める。[nms.co.jp] 腎前性急性腎不全 腎血流の低下により糸球体濾過率が低下し、尿となった状態。腎臓自体の機能は保たれている。急激な血圧低下が主な原因で、大量出血、脱水、ショック、心筋梗塞など。 腎性急性腎不全 腎自体が障害され、濾過能低下、尿量減少がみられる状態。急性糸球体腎炎、急性尿細管壊死(ATN)などがあげられる。[ja.wikipedia.org] 1日の尿量が300 400m 以下の尿(ぼうにょう)や、1日の尿量が50 100m 以下の無尿(むにょう)をともなうのがふつうです。尿量の減少をともなわない(非尿性)急性腎不全もあります。 急性腎不全は、腎前性(じんぜんせい)、腎性、腎後性(じんごせい)の3つに分類されます。[kotobank.jp]

  • 敗血症

    臓器灌流低下または灌流異常には,乳酸アシドーシス,尿,意識混濁などが含まれる。重症敗血症のなかで,十分な輸液負荷をおこなっても低血圧が持続するものを敗血症性ショック(septic shock)という(ACCP/SCCM Consensus Conference, 1992)。[jaam.jp] 敗血症の徴候であるshaking chill(悪寒戦慄)、呼吸数 30回/分、酸素飽和度の低下、ABGでの代謝性アシドーシス、尿、意識レベルの変化(大抵は低下)を危険な熱の特徴(severe high fever)という。[ja.wikipedia.org] P239 より作成 さらに、重症敗血症(severe sepsis)は敗血症のうち、乳酸アシドーシス、尿、意識混濁などの臓器灌流低下による臓器障害や低血圧を示す場合と定義され、敗血症性ショック(septic shock)は、十分な輸液負荷を行っても収縮期血圧が90mmHg 未満、または通常の血圧よりも40mmHg 以上の低下が持続する敗血症[dtod.ne.jp]

  • うっ血性心不全

    心不全の症状 ・肺うっ血による右心不全症状 呼吸困難、息切れ、頻呼吸、起座呼吸、発作性夜間呼吸困難、呼気性喘鳴、ピンク状泡沫状痰など ・心拍出量低下による低心拍出症状 易疲労感、意識障害、冷汗、不穏、チアノーゼ、低血圧、尿など ・体静脈うっ血による右心不全症状 頚静脈怒張、浮腫、体重増加、食欲低下、腹部膨満感(腹水)、心窩部不快感、肝うっ[kango-oshigoto.jp] 具体的な症状としては、 動悸 易疲労感(疲労を感じやすくなる) 低血圧 冷や汗 四肢チアノーゼ(手足の末端の血色が悪く、青白くなる) 意識障害(脳に十分な酸素が行き届かなくなるため) 尿(ぼうにょう・尿の量が1日400ml以下になる) などがあげられます。 肺うっ血による症状 心臓と肺は、太い血管でつながっています。[tyojyu.or.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    良性前立腺肥大症は,一般に α アドレナリン受容体拮抗薬( α 遮断薬)または 5 α 還元酵素阻害薬で治療される.これらの薬剤の単独あるいは併用療法が,臨床的進展のリスクに与える長期効果は明らかではない. 男性 3,047 例を対象に長期の二重盲検試験(平均追跡期間 4.5 年)を行い,プラセボ,ドキサゾシン,フィナステライド,およびその併用療法が,良性前立腺肥大症の臨床的進展の指標に及ぼす効果を比較した. 全般的な臨床的進展――米国泌尿器科学会(American Urological Association)の症状スコアのベースラインからの 4[…][nejm.jp]

  • 肺水腫

    (重症:HACE、HAPE) 重症になると頭痛が増強、嘔吐、尿、呼吸困難が増悪する。倦怠感が増悪すると食事や着替えにも介助を要するようになる。HACEとなると運動失調や意識障害が起こり治療が遅れると12時間以内に昏睡となる。 他覚所見: (中等症)まで特異的理学所見はない。心拍数や血圧はさまざまで通常正常範囲にある。[med.teikyo-u.ac.jp]

  • 低ナトリウム血症

    ヘンレの上行脚に十分な尿量が到達しない場合 真っ先に考えられることは急性腎不全や慢性腎不全で糸球体濾過量(GFR)が低下し、尿となっているのに水負荷をした時である。またGFRが低下していなくとも有効動脈血流量が低下した病態では近位尿細管での尿再吸収が亢進した結果ヘンレの上行脚に充分な尿量が到達しなくなる。[ja.wikipedia.org]

  • 子癇前症

    もし、高血圧症(160/110mmHgを超える)、尿タンパク(24時間中に採取された尿のタンパク質が5g未満)、尿症(24時間中に400mlを超える過剰な排尿)脳障害あるいは視覚障害、上腹部痛(右上下腹部)、肺水腫(肺中の液体)、血小板減少症(血小板数の低下)、肝機能障害、そして重い子宮内胎児発育遅延のうち、一つでも症状が見られるならば、[naturopathiccurrents.com] 気道確保、酸素投与 降圧薬:ヒドララジン、ラベタロールなど 輸液管理:尿道カテーテルを挿入し、尿量をみる。尿では観血的血圧測定の適応となる。 子癇と脳血管障害に関連した症例で、社会問題となったものがある。たとえば大淀町立大淀病院事件である。[ja.wikipedia.org]

  • 血液量減少症

    用法・用量(この薬の使い方) あなたの用法・用量は (医療担当者記入) 高血圧症(本態性、腎性など)、悪性高血圧、心性浮腫(うっ血性心不全)、腎性浮腫、肝性浮腫、脳浮腫、尿路結石排出促進 :通常、成人は1日1回、静脈内または筋肉内に注射します。 急性または慢性腎不全による尿 :通常、静脈内に注射します。[rad-ar.or.jp] 診断 診断は主に臨床的に下され,組織灌流が不十分なことを示す所見(意識障害,尿,末梢性チアノーゼ)および代償機序が働いていることを示す徴候(頻脈,頻呼吸,発汗)による。[msdmanuals.com] 尿(尿の出が悪くなること)が続いたり、 尿毒症 による症状がみられる場合には、透析を開始します。透析が必要になるのは腎臓が機能を回復するまでの一定期間だけのこともあり、通常は数日から数週間で回復します。 早期発見のポイント 高齢の方は、気づかないうちに急性腎不全が発症している可能性があります。[saiseikai.or.jp]

さらなる症状