Create issue ticket

考えれる98県の原因 乏しい認知

  • 不眠症

    日本睡眠学会ガイドラインではそのような現状を鑑み、睡眠薬による薬物療法に先だって認知行動療法を第一選択に置くことは実効性に乏しいとして、常用量で治らない不眠症患者に対して認知行動療法の適応を考慮するとしている。[ja.wikipedia.org] 日本睡眠学会は、日本では不眠症に対する認知行動療法は健康保険の適応外であり、認知行動療法が実施可能な医療機関はごく限られており、日本睡眠学会は、睡眠薬による薬物療法に先だって認知行動療法をファーストラインに置くことは実効性に乏しく、常用量で治らない不眠症患者に対して認知行動療法の適応を考慮するとしている。[ja.wikipedia.org]

  • せん妄

    しかし、認知症の人がせん妄を合併することは珍しいことではなく、その場合、周囲からは「 急激に認知症の症状が進行した 」ように見えることがあり、またこの場合、せん妄が改善すると周囲からは「 認知症の症状が改善した 」ように見えることがあります。 せん妄の症状 表情は乏しくなり、態度や感情の動きは活発さに欠けて、ぼんやりしてくることが多い。[kishiro-mental.jp]

  • アルツハイマー病

    第3期は認知症症状が高度になり、周囲に対する関心も低下して自発性が極度に低下する。感情の変化も乏しくなり、ぼんやりしてつかみどころのない表情を示すことが多くなる。 診断は臨床症状を詳細に検討するとともに、認知症症状についてはMMSE(簡易認知機能検査)や長谷川式簡易知能評価スケールなどの心理検査を行う。[kotobank.jp]

  • 恐怖症

    強迫症をはじめとする不安症に、エビデンスは乏しいが、抗精神病薬が用いられる場合もある。 認知行動療法 認知行動療法 の不安症に対する有効性は、多くのエビデンスにより示されている [15] [16] 。[bsd.neuroinf.jp]

  • 不安障害

    強迫症をはじめとする不安症に、エビデンスは乏しいが、抗精神病薬が用いられる場合もある。 認知行動療法 認知行動療法 の不安症に対する有効性は、多くのエビデンスにより示されている [15] [16] 。[bsd.neuroinf.jp]

  • 2型糖尿病

    また、心筋梗塞や脳梗塞など致死的血管合併症を引き起こすのみならず、最近では癌や認知症とも関連している事が報告されています。症状が乏しいことから、糖尿病は"サイレント・キラー"とも呼ばれています。[j-endo.jp]

  • 糖尿病性腸疾患

    主に扱う疾患 脳梗塞、脳出血などの脳卒中 頭痛症 認知症 パーキンソン症候群などの変性疾患 糖尿病・内分泌内科 糖尿病は、自覚症状が乏しくても、やがて全身くまなく現れる合併症を伴います。[mmhp.jp]

  • 混合性不安抑うつ状態

    表3-10 パーソナリティ障害の基本的特徴 妄想性パーソナリティ障害 広範な不信,猜疑心(さいぎしん) シゾイドパーソナリティ障害 社会的関係からの遊離,感情表現の乏しさ 失調型パーソナリティ障害 親密な関係形成の不全,認知的歪み,行動の奇妙さ 反社会性パーソナリティ障害 他人の権利を無視し侵害する傾向 境界性パーソナリティ障害 対人関係・[www8.cao.go.jp]

  • 慢性疲労症候群

    全国的に専門医が極めて少なく病気の認知度も低いことから、患者は医療や福祉を受ける環境に乏しく、周囲からも病気のことを理解されない状況にあります。 認知度が低いME/CFSという難病の理解者を増やしたい…![camp-fire.jp] それは、専門の医療機関が少なく、病気の認知度が低いために起こります。 患者は病気そのものの苦しさ以外にも、医療や福祉を受ける環境の乏しさや、偏見や周囲の無理解など、たくさんの壁に突き当たっています。 国の実態調査によると、患者の25%が社会的支援を必要としていますが、現行の制度ではなかなか支援に結びついていません。[camp-fire.jp]

  • アルコール性認知症

    認知機能チェック 見当識障害の現れ方 時間や季節がわからなくなる まず時間の認識が乏しくなる場合が多く、今日の年月日や曜日、時間、季節を間違える事が多くなります。そのため、遅刻をする、外出の準備ができない、季節に合った服装を選ぶことができないなどの症状がみられます。 場所がわからなくなる 次に認識しにくくなるのが場所です。[info.ninchisho.net] 本人は自覚が乏しく、受診を拒否しやすい。そのため診断までに時間がかかる。したがって、症状の進行を遅らせ、生活の改善を図るためには、若年性認知症の早期発見・早期治療が重要なのは言うまでもない。 大酒飲みは若年性認知症のリスクが高い! アルコールの多量飲酒が、このような若年性認知症を発症させやすいという研究がある――。[excite.co.jp]

さらなる症状