Create issue ticket

考えれる14県の原因 乏しい抗体反応

  • 慢性膿瘍

    (気管支学 2014;36:475-480) 検査・画像 ・血液学的検査では、赤血球沈降速度、CRPの上昇など軽度〜中等度炎症反応を認めるが、白血球上昇は乏しく、特異的な抗原・抗体価などの検査法は存在しない。慢性例では貧血を来す場合もある。 ・胸部単純X線写真では、腫瘤陰影、浸潤影、胸水、空洞形成、胸膜肥厚などの記載が多い。[kameda.com]

  • 卵巣奇形腫

    目次へ戻る 抗NMDA受容体抗体からみた自己抗原の局在と意義 田中惠子* * 金沢医科大学脳脊髄神経治療学(神経内科学) 教授 要 旨 自己免疫性神経疾患において,細胞表面抗原に対する抗体を生じる群では血漿交換療法などに良好な反応を示すが,細胞質内・核内抗原に対する抗体を生じる群では抗体除去による神経症状の改善が乏しく抗体での病態モデル作製[saishin-igaku.co.jp] が困難であるなど,抗原の存在様式が病態機序および治療反応性に関連すると考えられている.しかし,神経障害に及ぼす抗体の意義には不明の部分が多く,さらに基礎となる知見の集積が必要である.[saishin-igaku.co.jp]

  • 幼児の痙攣と舞踏病アテトーゼ

    目次へ戻る 抗NMDA受容体抗体からみた自己抗原の局在と意義 田中惠子* * 金沢医科大学脳脊髄神経治療学(神経内科学) 教授 要 旨 自己免疫性神経疾患において,細胞表面抗原に対する抗体を生じる群では血漿交換療法などに良好な反応を示すが,細胞質内・核内抗原に対する抗体を生じる群では抗体除去による神経症状の改善が乏しく抗体での病態モデル作製[saishin-igaku.co.jp] が困難であるなど,抗原の存在様式が病態機序および治療反応性に関連すると考えられている.しかし,神経障害に及ぼす抗体の意義には不明の部分が多く,さらに基礎となる知見の集積が必要である.[saishin-igaku.co.jp]

  • 自己免疫性脳炎

    目次へ戻る 抗NMDA受容体抗体からみた自己抗原の局在と意義 田中惠子* * 金沢医科大学脳脊髄神経治療学(神経内科学) 教授 要 旨 自己免疫性神経疾患において,細胞表面抗原に対する抗体を生じる群では血漿交換療法などに良好な反応を示すが,細胞質内・核内抗原に対する抗体を生じる群では抗体除去による神経症状の改善が乏しく抗体での病態モデル作製[saishin-igaku.co.jp] が困難であるなど,抗原の存在様式が病態機序および治療反応性に関連すると考えられている.しかし,神経障害に及ぼす抗体の意義には不明の部分が多く,さらに基礎となる知見の集積が必要である.[saishin-igaku.co.jp]

  • 先天性溶血性貧血

    ほとんどが汎凝集素であり,特異性に乏しい。 寒冷凝集素症 寒冷凝集素症(冷式抗体疾患)は,37 未満の温度で反応する自己抗体により生じる。[msdmanuals.com]

  • 傍腫瘍性神経症候群

    目次へ戻る 抗NMDA受容体抗体からみた自己抗原の局在と意義 田中惠子* * 金沢医科大学脳脊髄神経治療学(神経内科学) 教授 要 旨 自己免疫性神経疾患において,細胞表面抗原に対する抗体を生じる群では血漿交換療法などに良好な反応を示すが,細胞質内・核内抗原に対する抗体を生じる群では抗体除去による神経症状の改善が乏しく抗体での病態モデル作製[saishin-igaku.co.jp] が困難であるなど,抗原の存在様式が病態機序および治療反応性に関連すると考えられている.しかし,神経障害に及ぼす抗体の意義には不明の部分が多く,さらに基礎となる知見の集積が必要である.[saishin-igaku.co.jp]

  • 化膿性肉芽腫

    (気管支学 2014;36:475-480) 検査・画像 ・血液学的検査では、赤血球沈降速度、CRPの上昇など軽度〜中等度炎症反応を認めるが、白血球上昇は乏しく、特異的な抗原・抗体価などの検査法は存在しない。慢性例では貧血を来す場合もある。 ・胸部単純X線写真では、腫瘤陰影、浸潤影、胸水、空洞形成、胸膜肥厚などの記載が多い。[kameda.com]

  • 慢性肉芽腫症

    CGD腸炎はメサラジン投与で軽快する症例から、ステロイド、免疫抑制剤併用療法に反応乏しい難治性のものまで幅広く存在している。抗TNFモノクローナル抗体(インフリキシマブ)で改善した報告はあるが、感染症での死亡例報告もあり、安易な使用には注意が必要である。[emeneki.com]

  • 小児慢性肉芽腫症

    CGD腸炎はメサラジン投与で軽快する症例から、ステロイド、免疫抑制剤併用療法に反応乏しい難治性のものまで幅広く存在している。抗TNFモノクローナル抗体(インフリキシマブ)で改善した報告はあるが、感染症での死亡例報告もあり、安易な使用には注意が必要である。[emeneki.com]

  • 播種性ブラストミセス症

    髄膜炎は概して症状が乏しく要注意 一般検査 炎症反応(CRP、赤沈)亢進、好酸球増加 特異的検査 特異抗体(血清、髄液)が、感度、特異度とも高く有用(わが国では本センターで測定や症例のコンサルテーションを行なっている。 胸部画像所見 浸潤影、胸水、結節、空洞、びまん性粒状影等多彩である。播種型では正常の場合も多く、注意する。[pf.chiba-u.ac.jp]

さらなる症状