Create issue ticket

考えれる1県の原因 乏しい体成長

  • クロモブラストミコーシス

    初期の臨床症状は徐々に始まる乾性で薄く、乏しい毛質である。毛幹と毛の再成長乏しく、毛包性丘疹が発症し、幹のコメドに進行するかもしれない。脱毛とコメド形成は通常体幹部で最も重度で、特に皮膚の色素淡色部位でもある。色素失調性脱毛の6症例では3ヶ月 10歳の犬で報告がある。[vet.g2.xrea.com]

さらなる症状