Create issue ticket

考えれる18県の原因 丹毒

  • 黄色ブドウ球菌

    境界はやや不明瞭であることが多い(A群β溶血性連鎖球菌で起こる丹毒では境界明瞭である)。 膿痂疹は局所を消毒し、掻破しないように心がけるだけでも治ることがある。他の皮膚感染症には抗菌薬の投与が必要である。[ja.wikipedia.org]

  • 連圏状ひ糠疹

    深在性エリテマトーデス 抗リン脂質抗体症候群 シェーグレン症候群(SjS) 皮膚筋炎(DM) 全身性強皮症(SSc) 限局性強皮症 混合性結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節性多発動脈炎(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒[ja.wikipedia.org]

  • 丹毒

    感染症 皮膚科学 豚丹毒 丹毒様癌(転移性皮膚癌の一種)[ja.wikipedia.org] また、治癒したと思っても再発再燃をおこす場合があり、それを習慣性丹毒(しゅうかんせいたんどく)という。 顔面に好発する。 蜂窩織炎が下肢に多いのに比べると下肢の丹毒は少ない。 再発が多い。リンパ液の循環障害により、栄養分が滞るため細菌が常に感染しやすい状態になっていることが一因である。リンパ循環障害のある患者では体幹などにも認められる。[ja.wikipedia.org] 丹毒(たんどく、erysipelas)とは、溶連菌による皮膚の化膿性炎症である。 表皮基底層および真皮浅層が、病変の主座である。そのレベルを水平方向に急速に拡大する浮腫性紅斑と腫脹を特徴とする。浮腫性紅斑には菌体および菌産生毒素に対する免疫アレルギーが関与しているといわれている。疼痛を伴うこともあるが、比較的少ない。[ja.wikipedia.org]

  • 蜂窩織炎

    類似の疾患である丹毒は皮膚の表面におこる細菌感染症で、赤く腫れた部分の境目がはっきりしており、多くの場合発熱を伴う。蜂巣炎と診断する前に、さらに重篤な感染症である骨髄炎または壊死性筋膜炎でないこと確認する必要がある。[ja.wikipedia.org]

  • 人獣共通感染症

    肝蛭症、ダニ麻痺症など 細菌性人獣共通感染症 炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ症 ― サルモネラ症 ― リステリア症 ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 腸管出血性大腸菌感染症 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等[ja.wikipedia.org]

  • うっ滞性皮膚炎

    深在性エリテマトーデス 抗リン脂質抗体症候群 シェーグレン症候群(SjS) 皮膚筋炎(DM) 全身性強皮症(SSc) 限局性強皮症 混合性結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節性多発動脈炎(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒[ja.wikipedia.org]

  • 爪周囲炎
  • 木村病

    深在性エリテマトーデス 抗リン脂質抗体症候群 シェーグレン症候群(SjS) 皮膚筋炎(DM) 全身性強皮症(SSc) 限局性強皮症 混合性結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節性多発動脈炎(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒[ja.wikipedia.org]

  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    深在性エリテマトーデス 抗リン脂質抗体症候群 シェーグレン症候群(SjS) 皮膚筋炎(DM) 全身性強皮症(SSc) 限局性強皮症 混合性結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節性多発動脈炎(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒[ja.wikipedia.org]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    深在性エリテマトーデス 抗リン脂質抗体症候群 シェーグレン症候群(SjS) 皮膚筋炎(DM) 全身性強皮症(SSc) 限局性強皮症 混合性結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節性多発動脈炎(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA) リウマチ熱 レイノー病 川崎病 ベーチェット病 蜂窩織炎 丹毒[ja.wikipedia.org]

さらなる症状