Create issue ticket

考えれる12県の原因 丸顔肥満

  • 内分泌機能不全

    偽性副甲状腺機能低下症ではで手足が短くやや肥満し薬指と小指の短縮が見られます。骨端線の閉鎖前に成長ホルモンの過剰な分泌が生じる場合を巨人症、閉鎖後に生じる場合を先端巨大症といいます。後者では前述の特徴的な顔つきと皮膚の変化、骨の変化より比較的容易に診断がつきます。[tch.pref.toyama.jp]

  • ヨウ化物中毒

    主な副腎ホルモン ホルモン過剰の症状 ホルモン不足の症状 主な副腎ホルモン コルチゾール ホルモン過剰の症状 高血糖、コレステロールの上昇、血圧上昇、肥満、食欲が増す、うぶ毛が増える、風邪をひきやすい ホルモン不足の症状 強い倦怠感、食欲低下、無気力、微熱、血圧低下、血糖が下がる、低ナトリウム血症、意識障害 主な副腎ホルモン アルドステロン[khg.or.jp]

  • アジソン病

    偽性副甲状腺機能低下症ではで手足が短くやや肥満し薬指と小指の短縮が見られます。骨端線の閉鎖前に成長ホルモンの過剰な分泌が生じる場合を巨人症、閉鎖後に生じる場合を先端巨大症といいます。後者では前述の特徴的な顔つきと皮膚の変化、骨の変化より比較的容易に診断がつきます。[tch.pref.toyama.jp]

  • 副腎転移

    副腎皮質腫瘍 クッシング症候群 糖質コルチコイドが過剰となりになったり肥満になったり精神症状や多毛症等様々な症状を呈する疾患です。免疫力の低下により感染症を合併しやすくなります.[yamanashiuro.com]

  • 間脳症候群

    偽性副甲状腺機能低下症ではで手足が短くやや肥満し薬指と小指の短縮が見られます。骨端線の閉鎖前に成長ホルモンの過剰な分泌が生じる場合を巨人症、閉鎖後に生じる場合を先端巨大症といいます。後者では前述の特徴的な顔つきと皮膚の変化、骨の変化より比較的容易に診断がつきます。[tch.pref.toyama.jp]

  • 原発性男性性腺機能低下症

    偽性副甲状腺機能低下症ではで手足が短くやや肥満し薬指と小指の短縮が見られます。骨端線の閉鎖前に成長ホルモンの過剰な分泌が生じる場合を巨人症、閉鎖後に生じる場合を先端巨大症といいます。後者では前述の特徴的な顔つきと皮膚の変化、骨の変化より比較的容易に診断がつきます。[tch.pref.toyama.jp]

  • 視床下部飲症性高ナトリウム血症症候群

    内分泌疾患 頭痛、視力低下、視野障害 視床下部腫瘍 偶然に発見された下垂体の嚢胞、腫瘍(下垂体偶発腫) ラトケ嚢胞、非機能性腫瘍 倦怠感、活力低下、冷え症、無月経、体毛減少 下垂体機能低下症 月経不順、無月経、乳汁分泌、 男性機能低下、男子不妊 プロラクチン産生腫瘍 高プロラクチン血症 顔貌の変化、手足の肥大、発汗、高血圧、糖尿病 先端巨大症 [tokyo-cl.com] ・赤ら顔、肥満、糖尿病、高血圧、骨粗鬆症 クッシング病 成長障害(小児)、活力低下、内臓肥満・メタボ(成人) 成長ホルモン分泌不全症 口渇、多飲、多尿 中枢性尿崩症 低ナトリウム (Na)血症 SIADH (ADH不適合分泌) 甲状腺の病気 症状および所見 疑われる内分泌疾患 甲状腺腫、体重減少、動悸、振戦、眼球突出 バセドウ(グレーブス)[tokyo-cl.com]

  • 異所性副腎皮質刺激ホルモン産生症候群

    [症状] コルチゾールの分泌過剰があると、脂肪が特に腹部や肩に沈着して肥満を呈します(中心性肥満)。逆に筋肉は萎縮し、手足は細く筋力も低下します。 も脂肪沈着のため顔(円形顔貌〈がんぼう〉)になります。皮膚は薄く出血斑をつくりやすく、腹部、大腿(だいたい)部、上腕部などに赤色皮膚線条と呼ばれるすじが見られます。[medical.jiji.com]

  • 副腎疾患

    偽性副甲状腺機能低下症ではで手足が短くやや肥満し薬指と小指の短縮が見られます。骨端線の閉鎖前に成長ホルモンの過剰な分泌が生じる場合を巨人症、閉鎖後に生じる場合を先端巨大症といいます。後者では前述の特徴的な顔つきと皮膚の変化、骨の変化より比較的容易に診断がつきます。[tch.pref.toyama.jp]

  • 偽性副甲状腺機能低下症 1B型

    低Ca血症のテタニーに特有なChvostek徴候、Trousseau徴候やAHO特有の身体徴候(低身長、肥満、短頚、短指など)の有無を確認する。軽度のテタニー症状として筋肉のつっぱり感やこむら返り( こむらがえり )などを訴えることがある。[clinicalsup.jp]

さらなる症状