Create issue ticket

考えれる170県の原因 中脳萎縮症

  • アルコール離脱

    また脳への影響も大きく、眼球運動の麻痺や意識障害を伴うウェルニッケ脳症を併発したり、酒の飲み過ぎで萎縮して認知になることもあります。 女性患者が増加! アルコール依存症は圧倒的に男性に多い病気ですが、最近は女性の患者さんが増える傾向にあります。[kbc.co.jp]

  • 淡蒼球錐体症候群

    アルツハイマー病 側頭葉 二次性タウオパチー 亜急性硬化性全脳炎 ピック病 海馬 側頭葉 シヌクレイノパチー Synucleinopathy 多系統萎縮 基底核 橋 延髄 小脳 び漫性レビー小体病 (レビー小体型認知) 大脳皮質 パーキンソン病 橋 延髄 基底核 トリプレットリピート病 Triplet repeat disease[pathologycenter.jp] [3]DRPLA(歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮) 「歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮」(dentorubropallidoluysian atrophy、DRPLA)という名前は、にある小脳歯状核、赤核、淡蒼球、ルイ体(視床下核)が、変性、萎縮していく疾患であることから名づけられました。[jpma-nanbyou.com] 運動ニューロン病 Motor neuron disease 筋萎縮性側索硬化症 典型例 内包 橋 延髄 脊髄(頸髄) 筋萎縮性側索硬化症 軽症例 脊髄(頸髄) 筋萎縮性側索硬化症 広汎例 脊髄(頸髄) 筋萎縮性側索硬化 脊髄(頸髄) タウオパチー Tauopathy 進行性核上性麻痺 大脳 小脳 基底核 皮質基底核変性 大脳 基底核 黒質[pathologycenter.jp]

  • 側頭葉てんかん

    MRIは、パーキンソン病や多系統萎縮と進行性核上性麻痺を鑑別する上で重要な検査方法であり、右の写真に示すように、と呼ばれる場所の被蓋部(背中側)が萎縮して、ハチドリの頭に類似した形を示すようになります(ハチドリ徴候)。多系統萎縮症で認める被殻や橋の異常所見は認めません。 認知症 1.[med.nagoya-u.ac.jp]

  • 精神疾患

    認知でいちばん多いアルツハイマー型認知は、男性より女性に多くみられ、の機能の一部が萎縮していきます。血管性認知症は比較的男性に多くみられ、全体的な記憶障害ではなく、一部の記憶は保たれている「まだら認知症」が特徴です。症状は段階的に、アルツハイマー型よりも早く進むことがあります。[iwaokai.or.jp]

  • パーキンソン病

    多系統萎縮 多系統萎縮は、(黒質だけでなく)の「基底核」や「小脳」という部分の神経細胞が減ってしまうことで生じる病気です。パーキンソン病の約30分の1の頻度でみられます。[ryu-naika.or.jp]

  • パーキンソン病 3型

    MRIは、パーキンソン病や多系統萎縮と進行性核上性麻痺を鑑別する上で重要な検査方法であり、右の写真に示すように、と呼ばれる場所の被蓋部(背中側)が萎縮して、ハチドリの頭に類似した形を示すようになります(ハチドリ徴候)。多系統萎縮症で認める被殻や橋の異常所見は認めません。 認知症 1.[med.nagoya-u.ac.jp]

  • アルコール離脱発作

    また脳への影響も大きく、眼球運動の麻痺や意識障害を伴うウェルニッケ脳症を併発したり、酒の飲み過ぎで萎縮して認知になることもあります。 女性患者が増加! アルコール依存症は圧倒的に男性に多い病気ですが、最近は女性の患者さんが増える傾向にあります。[kbc.co.jp]

  • ラフォラ病

    アルツハイマー病 側頭葉 二次性タウオパチー 亜急性硬化性全脳炎 ピック病 海馬 側頭葉 シヌクレイノパチー Synucleinopathy 多系統萎縮 基底核 橋 延髄 小脳 び漫性レビー小体病 (レビー小体型認知) 大脳皮質 パーキンソン病 橋 延髄 基底核 トリプレットリピート病 Triplet repeat disease[neuropathology.jp] 運動ニューロン病 Motor neuron disease 筋萎縮性側索硬化症 典型例 内包 橋 延髄 脊髄(頸髄) 筋萎縮性側索硬化症 軽症例 脊髄(頸髄) 筋萎縮性側索硬化症 広汎例 脊髄(頸髄) 筋萎縮性側索硬化 脊髄(頸髄) タウオパチー Tauopathy 進行性核上性麻痺 大脳 小脳 基底核 皮質基底核変性 大脳 基底核 黒質[neuropathology.jp] 歯状核赤核淡蒼球 ルイ体萎縮 小脳 基底核 橋 延髄 脊髄(腰髄) ハンチントン病 大脳 基底核 脊髄小脳失調症6 (SCA6) 小脳 脊髄小脳失調症1 (SCA1) 小脳 延髄 マチャド・ジョセフ病 基底核(淡蒼球レベル) 基底核(ルイ体レベル) 小脳 中脳 橋 脊髄 脱髄/髄鞘破壊性疾患 Demyelinating/myelinoclastic[neuropathology.jp]

  • 硬膜下血腫

    発症に影響する因子として ①アルコール多飲 ②萎縮梗塞の予防の薬(抗凝固剤)を飲んでいる場合 ④水頭に対するシャント術後 ⑤透析 ⑥癌が硬膜に転移している場合 などが挙げられ、慢性硬膜下血腫を生じやすい条件として注意が必要です。[nho-kumamoto.jp]

  • 大発作てんかん

    MRIは、パーキンソン病や多系統萎縮と進行性核上性麻痺を鑑別する上で重要な検査方法であり、右の写真に示すように、と呼ばれる場所の被蓋部(背中側)が萎縮して、ハチドリの頭に類似した形を示すようになります(ハチドリ徴候)。多系統萎縮症で認める被殻や橋の異常所見は認めません。 認知症 1.[med.nagoya-u.ac.jp]

さらなる症状