Create issue ticket

考えれる229県の原因 中背部痛

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症(こつそしょうしょう、骨粗しょう症、osteoporosis)とは、後天的に発生した骨密度の低下または骨質の劣化により骨強度が低下し、骨折しやすくなる疾患あるいはその状態を指す。 骨粗しょう症のほとんどを占める老化に伴う原発性骨粗鬆症と、続発性骨粗鬆症とがある。後者は疾患、特にステロイドの様な医薬品など薬物、栄養などによる二次的なものである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊椎圧迫骨折

    名は,歩行に腰痛・背部を訴えており9名は500m以上の歩行が可能であった.4)日常生活動作:立ち上がり動作,中腰姿勢の持続のやや困難・困難が,40―50%を占めていた.他の動作に関してはすべて容易が60%以上であった.項目以外の困難な動作は,家事動作,物の持ち上げの記述があった.[jstage.jst.go.jp] 毎年約10万人の患者が新たに発生しており、そのの3割の人が背部を訴えております。さらに頑固な痛みが持続する人もあり放置しておくと寝たきりになっていく可能性があります。 当院では脊椎圧迫骨折の患者さまに対し、新しい治療法を行っておりますのでご紹介します。[higashi-totsuka.com] 腰痛:「常に激しい」はなく,「常にある」は,4名(10%)のみであり,多くは,「ない」か「時々あり」であった.痛みを有するものの詳細は,87.5%の者が重い痛みであった.2)下肢痛およびシビレ:「なし」,「時々」のものが34名(85%)で,腰痛の症状と類似していた.3)歩行能力:25名(62.5%)は全く正常に歩行が可能であった.他,15名13[jstage.jst.go.jp]

  • 急性膵炎

    また、腹痛のほかにお腹を押すと痛い、食欲不振、吐き気・嘔吐(おうと)、発熱、背部などが多くみられる症状です。 胃潰瘍 や胆石発作、 急性虫垂炎 の初期、尿管結石など、お腹ので急に発症する多くの病気で似た症状がみられますので鑑別が必要になります。[saiseikai.or.jp]

  • 棘突起骨折

    頚椎骨折、つまり首の骨の骨折とは大変なケガのように聞こえます。しかし骨折部位によっては一生残るような深刻な後遺症を残さないケースがあります。まず頚椎の図からみてみましょう。 脛骨の骨は全部で7つ、上からC1 C7と呼んでいます。棘突起とは椎骨の後ろに飛び出たでっぱりです。首の後ろを触ればわかります。 平面図ではこのように 椎骨の骨折でよく折れるのは、後ろ側の棘突起、横の横突起です。形状をみれば細く突き出ているので折れやすいと言えます。この部分だけが折れた場合、多くの場合、手術で固定することなく保存療法がとられます。くっつくまで安静とカラー固定です。[…][jiko110-akb.com]

  • 横突起骨折

    HOME 交通事故外傷と後遺障害のポイント 08 脊柱・その他の体幹骨 73_腰椎横突起骨折 腰椎横突起骨折 衝撃の大きい追突や,衝突によるバイク・自転車からの転落で腰椎横突起骨折は発生しています。 昨年のワールドカップでは,ブラジルのネイマール選手が第3腰椎左横突起骨折で戦列を離れました。 腰椎には横突起という骨突起があります。 背筋の中に埋もれており,筋肉の力を腰椎に伝える役目を果たしています。 交通事故,スノーボードなどで腰部を強打したとき,腰椎の横突起骨折は頻発しています。[…][atsugi-jiko.com]

  • 慢性膵炎

    膵臓の炎症に伴う腹痛や背部が生じ、血の膵酵素(アミラーゼやリパーゼ)が高値を呈する時期を代償期と言います。持続する炎症により膵臓の破壊が進行すると、残った膵臓の細胞も減ってきます。痛みは軽くなり、膵酵素の上昇も軽度になります。炎症で破壊された膵組織は線維化して硬くなり、膵臓は萎縮(小さくなる)してきます。この時期を移行期と言います。[myclinic.ne.jp] 病態生理 進行の軽度な代償期では,膵機能は比較的保たれており,血・尿の膵酵素上昇を伴う上腹部背部が主症状である.進行すると膵組織は破壊荒廃するため,むしろ疼痛は軽減し,血膵酵素上昇がみられなくなる反面,膵外分泌機能低下による消化吸収障害や内分泌機能低下による糖代謝障害が出現する. 1)代償期: 血中あるいは尿中膵酵素の上昇と腹痛発作[kotobank.jp]

  • 髄膜炎

    髄膜炎(ずいまくえん)とは、髄膜(脳および脊髄を覆う保護膜)に炎症が生じた状態である。脳膜炎、脳脊髄膜炎ともいう。炎症はウイルスや細菌をはじめとする微生物感染に起因し、薬品が原因となることもある。髄膜炎は炎症部位と脳や脊髄との近接度合いによっては生命の危険があるため、救急疾患に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脊髄精神的外傷

    神経障害性疼痛とは、体性感覚系(痛みを伝える神経)の損傷や疾患の直接的な結果として引き起こされる疼痛と定義されています (国際疼痛学会)。その疼痛には自発痛と誘発痛があります。自発痛は間欠的な場合もあれば持続的な場合もあり、電撃痛や刺痛、灼熱痛、ズキズキする痛み、鋭い痛みなどと表現されることが多いです。誘発痛は機械刺激や温熱刺激などにより生じる疼痛や痛覚過敏のことです。また、神経損傷を反映する様々な知覚障害(知覚鈍麻や異常知覚など)を伴っていることが多く、運動麻痺や自律神経症状を伴うこともあります。しかし、神経障害の有無を厳密に判定することが困難な場合も少なくありません。[…][twmu.ac.jp]

  • 膵腺癌

    主膵管が閉塞すると膵液がうっ滞し、尾側の二次性膵炎が起こり心窩部、左上腹部や左背部などの症状や血膵酵素(アミラーゼやエラスターゼ)の上昇がみられます。これは膵癌の比較的早期にみられ、この時点で発見、診断ができますと手術適応となり、癌が治る可能性もあります。[pref.aichi.jp] 病気が進行すると持続的な腹痛や頑固な背部が出現しますが、血膵酵素はむしろ低下します。主膵管の閉塞は膵外分泌能を低下させ食物の消化吸収を障害し、下痢、腹痛、体重減少などが生じます。また、内分泌機能も障害されると口渇、多飲、多尿などの糖尿病の症状があらわれます。[pref.aichi.jp]

  • 膵の悪性新生物

    主膵管が閉塞すると膵液がうっ滞し、尾側の二次性膵炎が起こり心窩部、左上腹部や左背部などの症状や血膵酵素(アミラーゼやエラスターゼ)の上昇がみられます。これは膵癌の比較的早期にみられ、この時点で発見、診断ができますと手術適応となり、癌が治る可能性もあります。[pref.aichi.jp] 病気が進行すると持続的な腹痛や頑固な背部が出現しますが、血膵酵素はむしろ低下します。主膵管の閉塞は膵外分泌能を低下させ食物の消化吸収を障害し、下痢、腹痛、体重減少などが生じます。また、内分泌機能も障害されると口渇、多飲、多尿などの糖尿病の症状があらわれます。[pref.aichi.jp]

さらなる症状