Create issue ticket

考えれる755県の原因 中等度の低酸素血症, 疲労

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    亜急性過敏性肺炎 亜急性型は,急性型と慢性型の間に位置し,数日から数週間にわたって咳嗽,呼吸困難,疲労,および食欲不振が現れることもあれば,慢性型の症状に急性型の症状が重なった形で現れることもある。[msdmanuals.com] Division of Pulmonary Sciences and Critical Care Medicine, Department of Medicine, University of Colorado Denver 過敏性肺炎は,環境性(しばしば職業性)抗原への感作および続発する過敏反応により引き起こされる咳嗽,呼吸困難,および疲労[msdmanuals.com] 慢性過敏性肺炎 慢性型は,低濃度の抗原に長期間曝露されている人(鳥の飼い主など)に生じ,労作時呼吸困難,湿性咳嗽,疲労,および体重減少が数カ月から数年かけて現れる。身体所見はほとんどない;ばち状指がまれに生じるが,発熱はみられない。進行例では,肺の線維化により右心不全,呼吸不全,またはその両方の症候がみられる。[msdmanuals.com]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第5回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年11月4日 14:30 16:30 場所 厚生労働省専用18会議室(厚生労働省17階) 議事 高城生活習慣病対策室長補佐 それでは、若干定刻まで時間がございますけれども、本日御参集の委員の皆様はすべてそろわれておりますので、ただいまから第5回の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきます。[…][mhlw.go.jp]

  • 肺水腫

    肺水腫(はいすいしゅ、pulmonary edema)とは、肺の実質(気管支、肺胞)に水分が染みだして溜まった状態をいう。溜まった水分により呼吸が障害され、呼吸不全に陥る。 肺にはガス交換のための毛細血管が無数に走っている。毛細血管には元々小さな穴が開いており、血液中の水分(血漿)が血管外に染みだして灌流することにより、周囲の細胞に酸素や栄養分を補給し、老廃物を回収している。正常な状態では染み出す量と戻る量はつり合っているが、何らかの原因でバランスが崩れて染み出す量が上回ると、細胞のまわりは水浸しになり、やがて肺胞や気管支に水が溜まっていく。この状態が肺水腫である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺塞栓症

    シンポジウム(肺塞栓症と医療訴訟) 心電図が決め手であったのに:「心筋梗塞」と誤診されてしまった2剖検例 ジャーナル フリー 2011 年 43 巻 7 号 p. 1045-1047[doi.org]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 間質性肺疾患

    抄録 呼吸リハビリテーション(以下,呼吸リハ)目的で入院した比較的重症の間質性肺疾患患者12名を対象に,呼吸リハの効果を肺機能,運動能力,ADLだけでなく,SF-36とSGRQを用い,心理的側面からも検討した.その結果,ADLは改善(p 0.05),SF-36は部分的に改善がみられ,SGRQの合計は改善が認められなかった.今後,重症間質性肺疾患患者に対する呼吸リハの方法およびQOL評価の検討が必要と考えられた.[doi.org]

  • 風邪

    現在では、ビタミンCはとりわけ子供や疲労した大人の風邪の予防に一定の効果があることがわかっているが、万人に効果があるわけではないとされている。また一部の科学者からは、ビタミンCは体内でシュウ酸を生じさせるため、過剰摂取すると胆石の発生につながるという危険性が指摘されている。[ja.wikipedia.org] 2013年のコクランレビューでは、1日200mg以上のビタミンCは、風邪の発症率に変化はないが、重症度を下げ、罹患期間が成人で8%、小児では14%短縮し、マラソン選手など極度に肉体疲労する人々では予防効果はあった。2014年のコクランレビューは、3か月毎日のニンニクは風邪の発症率を低下させており、罹患期間に差はなかった。[ja.wikipedia.org]

    不足: 中等度の低酸素血症
  • ビタミンB12欠乏

    ビタミンB12欠乏症は、躁病や精神病、疲労、記憶障害、神経過敏、抑うつ、運動失調及び人格変化の症状を引き起こす可能性もある。 オックスフォード大学が61歳から87歳の107人に対して行った研究によると、ビタミンB12濃度が最も低い群は脳収縮を引き起こす可能性が6倍高いと報告されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 中等度の低酸素血症
  • 不眠症

    適度の運動をする ほどよい肉体的疲労は心地よい眠りを生み出してくれます。運動は午前よりも午後に軽く汗ばむ程度の運動をするのがよいようです。厳しい運動は刺激になって寝付きを悪くするため逆効果です。短期間の集中的な運動よりも、負担にならない程度の 有酸素運動 を長時間継続することが効果的です。[e-healthnet.mhlw.go.jp] 睡眠衛生:より良質な睡眠を促進するための一般的助言(「夜、眠気や疲労を感じたときのみ寝床へ行く」・「しばらくしても寝付けなければ、起きて何かリラックスできることをする。そして眠気や疲労を感じたら寝床に戻る」・「就寝前に、炭水化物を含んだ軽食や温めた牛乳を摂取してみる」など)を行い、質の良い睡眠に向けてサポートする。[ja.wikipedia.org] 睡眠により脳のオーバーヒートを防止し、身体の疲労を回復している。 眠りにつくとすぐに脳のための深い眠り( ノンレム睡眠 )が認められ、約90分後に身体のための眠り( レム睡眠 )が出現する。起床までにこれを繰り返す。レム睡眠は全睡眠の20 25%で、残りはノンレム睡眠である。ノンレム睡眠はその深さにより4段階に分類される。[ebm.jp]

    不足: 中等度の低酸素血症

さらなる症状

類似した症状