Create issue ticket

考えれる47県の原因 中等度の低酸素血症, 慢性閉塞性肺疾患

  • 肺気腫

    慢性閉塞疾患(COPD) SpiNet[ja.wikipedia.org] 背景 慢性閉塞疾患(COPD)は、肺気腫と慢性気管支炎の総称で、気道閉塞による呼吸困難を引き起こします。[riken.jp] 呼吸不全改善 腹式呼吸の強化運動による換気運動の是正 在宅酸素療法による慢性的な呼吸不全の解消 サプリメントによる栄養補給の補佐 食事療法による嚥下機能の改善並びに補佐 胃瘻並びに経口栄養法による栄養補給と嚥下能力の補佐 点滴静脈注射による水分補給や栄養補給の補佐 高カロリー輸液による栄養不足の解消(アレルギー等によっては使えない) 生体移植[ja.wikipedia.org]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    以前より病理学的に「肺気腫」と呼ばれていた疾患概念と臨床的に「慢性気管支炎」と呼ばれていた疾患概念を統一したもので、慢性閉塞疾患 (COPD) として総称する疾患概念となった。[ja.wikipedia.org] COPD(シーオーピーディー) の生活習慣病とも言われている「COPD」とは、Chronic Obstructive Pulmonary Diseaseの略で、肺気腫や慢性気管支炎も合わせた、慢性閉塞疾患という病気のことです。[fukushihoken.metro.tokyo.jp] (了) ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第3回慢性閉塞疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録[mhlw.go.jp]

  • 肺炎

    著者の結論: 肺炎予防に対するビタミンCの予防投与について、肺炎への 罹患率 が高い集団、特に食事性ビタミンC摂取量が低い場合についてさらに調査が必要である。同様に、ビタミンCの 治療効果 については、特に血漿中ビタミンC量が低い患者を対象として 試験 を実施する必要がある。現在得られているエビデンスは、一般集団での肺炎予防を目的としたビタミンCの予防投与的使用を支持するには弱いものである。しかしながら、 治療 目的のビタミンC補充療法は、 費用 が安くまたリスクが低いことから、血漿中ビタミンC量が低い肺炎患者では妥当である。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 間質性肺疾患

    間質肺炎は基本的に拘束換気障害を呈するため、慢性閉塞疾患(COPD)などの閉塞性肺疾患を合併していない限り、1秒率は低下しない。 6分間歩行試験(6MWT)により、重症度ⅠのIPF患者のうち6MWT後に SpO2 90% の低酸素血症を呈した患者は、低酸素血症を呈さなかった患者と比較して有意に予後不良であることが示されている。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    リンパ節炎(菊池病) 感染心内膜炎 心不全 心臓喘息 気管支喘息 アレルギー性気管支アスペルギルス症(ABPA)・夏型過敏肺臓炎 慢性閉塞疾患(COPD) リウマチ性多発筋痛症・RS3PE 巨細胞性動脈炎…原因不明の発熱、頭痛など感冒類似の症状がみられる。[ja.wikipedia.org] 急性喉頭蓋炎 咽頭後壁膿瘍・口底蜂窩織炎 髄膜炎・脳炎 心筋炎 レミエール症候群(細菌性頸静脈炎) 慢性骨髄性白血病急性転化 糖尿病性ケトアシドーシス 経過が長いもの(正しい診断にいたるまで時間がかかることがある) マイコプラズマ感染症 クラミジア感染症 肺結核・非結核性抗酸菌症 百日咳 亜急性甲状腺炎 伝染性単核球症 扁桃周囲膿瘍 組織球壊死[ja.wikipedia.org]

    不足: 中等度の低酸素血症
  • 気管支炎

    気管支炎(きかんしえん、羅: 独: 英: 蘭: Bronchitis)は、呼吸器疾患の一つで気管支の炎症を指す。急性と慢性に区分される。また、別の区分では慢性気管支炎は閉塞疾患にも分類される(気道の狭窄症状、肺の過膨張、喘鳴、呼気延長、1秒率の低下、残気量の増加等)。[ja.wikipedia.org] 慢性閉塞疾患(COPD)に含まれる。ただし肺結核、肺化膿症、気管支喘息、気管支拡張症等の肺・心疾患を伴うものは除外する。また男性に多く、冬期に増加する傾向がある。進行そのものは緩慢で適切な治療を行えば問題は無いが、放置すると肺性心へ進行する事も多いので注意が必要である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 中等度の低酸素血症
  • 急性気管支炎

    気管支炎(きかんしえん、羅: 独: 英: 蘭: Bronchitis)は、呼吸器疾患の一つで気管支の炎症を指す。急性と慢性に区分される。また、別の区分では慢性気管支炎は閉塞疾患にも分類される(気道の狭窄症状、肺の過膨張、喘鳴、呼気延長、1秒率の低下、残気量の増加等)。[ja.wikipedia.org] 慢性閉塞疾患(COPD)に含まれる。ただし肺結核、肺化膿症、気管支喘息、気管支拡張症等の肺・心疾患を伴うものは除外する。また男性に多く、冬期に増加する傾向がある。進行そのものは緩慢で適切な治療を行えば問題は無いが、放置すると肺性心へ進行する事も多いので注意が必要である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 中等度の低酸素血症
  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 慢性閉塞性肺疾患
  • 不安障害

    内分泌疾患: 甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、褐色細胞腫、低血糖症、副腎皮質機能亢進症 心血管疾患: 鬱血心不全、塞栓症、不整脈 呼吸器疾患: 慢性閉塞疾患 (COPD) 、喘息、過呼吸 代謝障害: ビタミンB12欠乏、ポルフィリン症 神経疾患: 新生物、前庭機能障害、脳炎、けいれん性疾患 特定不能の不安障害不安を伴うもの混合性不安抑[ja.wikipedia.org]

    不足: 中等度の低酸素血症

さらなる症状