Create issue ticket

考えれる13県の原因 中等度の低酸素血症, 安静時の呼吸困難

  • 慢性閉塞性肺疾患

    COPDの主な症状としては慢性の痰を伴う咳があり、進行例では体動呼吸困難があります。更に進行すると安静でも呼吸困難を自覚するようになり、そのため食欲の低下、外出せずに自宅に居ることが多くなる、自宅に居ても居間など一定の場所から殆ど動かなくなるなどといった状態になります。[nho-kumamoto.jp] ①呼吸困難症状の評価 ②胸部X線撮影・・・肺の過膨張 ③胸部CT(コンピューター断層写真)検査・・・気腫性陰影、気道壁の肥厚 ④呼吸機能検査:・・・閉塞性換気障害 ⑤血中酸素飽和度、動脈血ガス分析・・・安静・運動負荷時の低酸素 呼吸困難の重症度の目安(Fletcher-Hugh-Jonesの分類) 1度:同年齢の健常者と同様の労作ができ、[sassa-hospital.com] 図1 症状 初期は無症状ですが、病気が進行すると、慢性の咳、痰、ゼーゼーとした呼吸、動いたの息苦しさなどが出てくるようになり、さらに進行すれば、安静でも呼吸困難を感じるようになり、日常生活に支障を来します。COPDは現在、在宅酸素療法を必要としている患者さんの最も多い病因です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 肺水腫

    肺水腫初期では興奮あるいは運動後に速い呼吸呼吸困難の症状を示しますが、末期には安静でも呼吸困難になります。 【診断】 肺水腫は症状によっても診断されますが、確定診断は胸部X線撮影によって行います。また聴診で、呼吸に合わせて液体が移動する音がします。 【治療】 酸素吸入を行い、利尿薬によって肺に溜まった液体を尿として体外に排泄させます。[noah-vet.co.jp] 高山病の種類 状況 症状 病名 急性高山病 新しい高度に到達した際に起こる 頭痛、食欲不振、嘔き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、目まいまたは朦朧感、睡眠障害 高地脳浮腫 重症急性高山病の最終段階 急性高山病患者に精神状態の変化か運動失調を認める場合 高地肺水症 右症状のうちふたつの症状がある場合 安静呼吸困難、咳、虚脱感、運動能力低下、胸部圧迫感[sangakujro.com] 出典 内科学 第10版 内科学 第10版について 情報 世界大百科事典 内の 肺水腫 の言及 【心不全】より …初期には体動,労作呼吸困難をきたし,しだいに安静にも息苦しさを覚えるようになる。さらに進行すると,肺組織の間質さらには肺胞内にもろ液が滲出してガスを追い出し肺水腫の状態になる。[kotobank.jp]

  • 肺炎

    著者の結論: 肺炎予防に対するビタミンCの予防投与について、肺炎への 罹患率 が高い集団、特に食事性ビタミンC摂取量が低い場合についてさらに調査が必要である。同様に、ビタミンCの 治療効果 については、特に血漿中ビタミンC量が低い患者を対象として 試験 を実施する必要がある。現在得られているエビデンスは、一般集団での肺炎予防を目的としたビタミンCの予防投与的使用を支持するには弱いものである。しかしながら、 治療 目的のビタミンC補充療法は、 費用 が安くまたリスクが低いことから、血漿中ビタミンC量が低い肺炎患者では妥当である。 アブストラクト全文を閲覧 背景:[…][cochrane.org]

  • 肺塞栓症

    さらに、突然の強い胸痛、背部痛、冷汗、安静呼吸困難などを発症したときには、比較的大きな血管に血栓がつまった(肺血栓塞栓症が生じた)可能性がありますので、近くの人に声をかけるとともに、躊躇しないで救急要請をしましょう。 Q3.どのように診断しますか? A3.現場や避難所では、脚の腫れ、痛み、胸痛、背部痛、息切れなどの症状を聴取します。[jrs.or.jp] ベッド上安静の解除後、離床に失神や呼吸困難で発症することが多いです。肺動脈が詰まることで、ガス交換が行えなくなり低酸素血症や心拍出はの低下。それにより急な呼吸困難、頻呼吸、頻脈、胸痛といった症状が出現します。 肺塞栓症が起きた場合どうするか 肺塞栓症は急性心筋梗塞以上に死亡率が高いと言われています。[kango-oshigoto.jp] このような背景があって、トイレで失神発作を起こした場合や、ベッドで寝たままの安静期間が終わり、起きて歩き始めたに、呼吸困難、もしくは失神を起こすのが肺塞栓症の典型的なケースです。[ncvc.go.jp]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    […] c) 胸部X線又はCTスキャンによる放射線診断による異常を有する;胸水、結節、腫瘤、肺葉/肺虚脱によって完全に説明されない両肺野の浸潤影 d) 酸素を有する。 中等(Moderate)ARDS:100mmHg PaO2/FiO2 5cmH2O 重度(Severe)ARDS:PaO2/FiO2 5cmH2O 2.[rctportal.niph.go.jp] また陽圧換気下での酸素の程度により軽症、中等症、重症に分類されるが、この重症と予後との関連について明らかになっていない。ベルリン定義を下記に示す。[clinicalsup.jp] 放射線診断及び酸素に関するARDS基準(c及びd)は同じ24時間の期間内に発現しなければならない。ARDSの発現時間は、2つのARDS診断基準を最後に満たした時点とする。 3. 上記の選択基準を初めて満たした時点から48時間以内に治験薬の初回投与が計画されている。 4. 挿管され、人工呼吸管理下にある。 5.[rctportal.niph.go.jp]

  • 気胸

    内容一覧 気胸とは 気胸(ききょう)とは肺から空気がもれて、胸腔(きょうくう)にたまっている状態をいいます。空気が漏れてたまっても、胸は肋骨があるために風船のように外側に膨らむことはできません。その代わり、肺が空気に押されて小さくなります。つまり、肺から空気がもれて、肺が小さくなった状況が気胸なのです。 気胸の分類 自然気胸[…][jikei.ac.jp]

  • 肺気腫

    進行すると肺全体が膨張、横隔膜や心臓を圧迫して、安静でも息切れや呼吸困難を生じます。 肺気腫の治療方法は、薬物治療や、外科手術などがあります。外科手術は、解剖学的にも技術的にも難しいため全世界的に手術を回避する傾向にあるため、内科的な低侵襲治療の実現が期待されています。[olympus.co.jp] [主な症状] 安静は問題なく、労作の息切れ、呼吸困難感出現です。安静にすると症状は軽減します。また慢性気管支炎も併発していることが多く、風邪もひいていないのに常に痰がでる状態の方もいます。一部の方は、喘息のようにゼーゼー、ヒューヒューと音が鳴る喘鳴(ぜんめい)が生じることもあります。[eisai.jp] 図1 症状 初期は無症状ですが、病気が進行すると、慢性の咳、痰、ゼーゼーとした呼吸、動いたの息苦しさなどが出てくるようになり、さらに進行すれば、安静でも呼吸困難を感じるようになり、日常生活に支障を来します。COPDは現在、在宅酸素療法を必要としている患者さんの最も多い病因です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 間質性肺疾患

    特徴的な症状は、安静には感じない呼吸困難感が、歩行中や入浴・排便などの日常生活の動作の中で感じるようになります(労作時呼吸困難)。痰を伴わない空咳(乾性咳嗽)で悩まされることもあります。長年かけて徐々に進行してくるので自覚症状が出る頃にはかなり病態が悪化していることがあります。[ra.opho.jp] 特徴的な症状としては、安静には感じない呼吸困難感が、坂道や階段、平地歩行中や入浴・排便などの日常生活の動作の中で感じるようになります( 労作時呼吸困難 )。季節に関係なく痰を伴わない空咳(乾性 咳嗽 )で悩まされることもあります。長年かけて次第に進行してくるので自覚症状が出るころには病状が進行していることもあります。[nanbyou.or.jp]

  • 肺線維症

    特徴的な症状としては、安静には感じない呼吸困難感が、坂道や階段、平地歩行中や入浴・排便などの日常生活の動作の中で感じるようになります( 労作時呼吸困難 )。季節に関係なく痰を伴わない空咳(乾性 咳嗽 )で悩まされることもあります。長年かけて次第に進行してくるので自覚症状が出るころには病状が進行していることもあります。[nanbyou.or.jp]

  • 肺胞蛋白症

    動脈血ガス分析では,軽度から中等の運動に伴う酸素がみられ,また疾患がより重症であれば,安静時でもみられる場合がある。 予後 無治療でも,肺胞タンパク症は患者の最大10%で自然に軽快する。1回の全肺洗浄で,最大40%の患者に治療効果がみられる;その他の患者は長年にわたり6 12カ月毎の洗浄を必要とする。[msdmanuals.com] 治療・予後 自己免疫性肺胞蛋白症の20%が自然寛解する.また,42%が室内気で動脈血酸素分圧が70 torr以上であるため,去痰薬の投与など,保存的に治療されていることが多い.しかし,約20%は呼吸不全が進行し,死亡例もある.動脈血酸素分圧が70 torr未満で,日常生活に支障をきたすような労作あるいは安静呼吸困難がある場合,①全身麻酔下[kotobank.jp] 室内気吸入下で安静PaO2が50mmHg以上70mmHg未満、 または安静PaO2が70mmHg以上75mmHg未満で咳、痰、労作時呼吸困難等の臨床症状を有する症例 除外基準 1. 続発性肺胞蛋白症あるいは遺伝性肺胞蛋白症と診断された症例 2. 組み入れ時に白血球数12000/mm3 以上の症例 3.[rctportal.niph.go.jp]

さらなる症状