Create issue ticket

考えれる232県の原因 中等度の低酸素血症, 咳嗽

  • 肺炎

    亜急性過敏性肺炎 亜急性型は,急性型と慢性型の間に位置し,数日から数週間にわたって咳嗽,呼吸困難,疲労,および食欲不振が現れることもあれば,慢性型の症状に急性型の症状が重なった形で現れることもある。[msdmanuals.com] 急性過敏性肺炎 急性型は,すでに感作されている人が急性に高濃度の抗原に曝露されることによって起こり,曝露後4 8時間に発熱,悪寒,咳嗽,両側性の締め付けるような胸の痛み(喘息で起こりうるような),および呼吸困難として現れる。食欲不振,悪心,および嘔吐を呈する場合もある。[msdmanuals.com] Professor, Division of Pulmonary Sciences and Critical Care Medicine, Department of Medicine, University of Colorado Denver 過敏性肺炎は,環境性(しばしば職業性)抗原への感作および続発する過敏反応により引き起こされる咳嗽[msdmanuals.com]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    咳嗽、喀痰がみられることも多いが、見られないこともある。重症化すると、呼吸不全、慢性高二酸化炭素血症となり予後も不良の状況となる。肺炎、気管支炎をおこしやすく、それを契機にした急性増悪を繰り返しやすい。また、重症者であるほど、急性増悪が重症化しやすい。[ja.wikipedia.org] 多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 肺気腫

    肺気腫(はいきしゅ、Pulmonary emphysema)とは閉塞性肺疾患の一種で肺胞壁の破壊的変化を伴う疾患である。気道や終末細気管支から末梢にかけての含気区域が異常に拡大する病態を示し、中年以降の男性に多く発症し、過度の喫煙との関係が深いとする説がある 。日本の成人男性の喫煙率は低下しているが、肺気腫は近年増加傾向にある。これは、喫煙することが男性の常識となっていた世代が発症しやすい年齢を迎えていることがその一因である。なお、進行は緩慢ではあるが、放置するとさらに肺性心に移行する。まれに肺気腫がさらに拡張しブラと呼ばれる状態になり、さらに重篤な呼吸器機能障害に陥る事もある。 加齢 -[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺水腫

    肺水腫(はいすいしゅ、pulmonary edema)とは、肺の実質(気管支、肺胞)に水分が染みだして溜まった状態をいう。溜まった水分により呼吸が障害され、呼吸不全に陥る。 肺にはガス交換のための毛細血管が無数に走っている。毛細血管には元々小さな穴が開いており、血液中の水分(血漿)が血管外に染みだして灌流することにより、周囲の細胞に酸素や栄養分を補給し、老廃物を回収している。正常な状態では染み出す量と戻る量はつり合っているが、何らかの原因でバランスが崩れて染み出す量が上回ると、細胞のまわりは水浸しになり、やがて肺胞や気管支に水が溜まっていく。この状態が肺水腫である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺塞栓症

    シンポジウム(肺塞栓症と医療訴訟) 心電図が決め手であったのに:「心筋梗塞」と誤診されてしまった2剖検例 ジャーナル フリー 2011 年 43 巻 7 号 p. 1045-1047[doi.org]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    急性呼吸窮迫症候群 (きゅうせいこきゅうきゅうはくしょうこうぐん、acute respiratory distress syndrome, ARDS) とは、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全の一種である。特に発症前後の状態を急性肺傷害 (acute lung injury, ALI) と言う。本項では二つをまとめて述べる。 かつては成人呼吸促迫症候群 (adult respiratory distress syndrome) と呼ばれた。これは超未熟児における新生児呼吸窮迫症候群(RDS)と区別するためであるが、本症は未成年にも見られるため、現在はこの呼称は使われない。[…][ja.wikipedia.org]

  • 間質性肺疾患

    発熱, 咳嗽, 呼吸困難と胸部X線上両肺野にびまん性粒状網状影を認めた. 夏型過敏性肺臓炎を疑い経過観察としたが, さらに増悪傾向を示したため, 薬剤誘起性肺炎を疑い, 全投薬を中止すると共にプレドニンを投与したところ, 臨床症状, 検査所見, 胸部X線は著明に改善した.[doi.org] 無症状の場合もあるが、乾性咳嗽や労作時呼吸困難を主症状とする。 予後は不良であり、IPF診断確定後の平均生存期間は2.5 5年で、急性増悪後の平均生存期間は2カ月以内と報告されている。また高確率で 肺癌 を合併することが知られている。 IPF患者数は世界で10万人あたり14 43人と推定されている。[medical.nikkeibp.co.jp] また、肺の持続的な刺激により咳がみられ、それは痰を伴わない乾性咳嗽である(痰は気管支や肺胞の炎症で分泌されるため)。肺線維症に進行すると咳などによって肺が破れて呼吸困難や呼吸不全となり、それを引きがねとして心不全を起こし、やがて死に至ることもある。[ja.wikipedia.org]

  • 肺線維症
  • 風邪

    症状は、咳嗽(咳、症例の50% )、咽頭痛(40% )、鼻汁・鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠感、頭痛、筋肉痛(50%)など。 鼻汁は通常、風邪の初期はさらさらとした水様で、徐々に粘々とした膿性に変化する。 原因の7-8割がウイルスである。 ライノウイルス (30%–80%)。 普通感冒といわれている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 中等度の低酸素血症
  • 急性気管支炎

    NICEは抗生物質の処方を控える,もしくは遅らせるべき患者として以下を挙げ、またそれらの平均罹患期間を示している 急性咽喉痛/急性咽頭炎/急性扁桃炎 - 1週間 風邪 - 1.5週間 急性咳嗽/急性気管支炎 - 3週間 しかしながら米国では1996-2010年の間において、60-80%の水準にて抗生物質が処方されている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 中等度の低酸素血症

さらなる症状

類似した症状