Create issue ticket

考えれる693県の原因 中枢神経系疾患, 感覚, 腹痛

  • 慢性疲労症候群

    っていたかわからなくなる、情報回想力低下など 全身の疼痛、頭痛、筋肉や関節の激しい痛みなど 睡眠リズム障害、疲労回復のなされない睡眠 神経感覚、知覚、及び運動障害 光、騒音、臭気、味覚、触覚に対する敏感性、筋力低下、麻痺、立位での不安定感、運動失調など 免疫系、胃腸器系、泌尿生殖器の機能障害 インフルエンザ様症状、ウイルスに感染しやすい、腹痛[markhouse-projects.com] 具体的な症例 慢性疲労症候群と診断されたAさんは、「自分の意思で思うように体が動かない、一時的に起きることはできるが、体に力を入れ続けることが困難、体中が弱っているような感覚」と訴えたほど深刻な状態に見舞われています。[epark.jp] 痛み — 筋肉痛や関節痛(発赤や腫れがなく、移動性)、頭痛、リンパ節の痛み、喉の腫れ、腹痛、顎関節症、顔面筋疼痛症候群 知的活動障害 — 健忘、混乱、思考力の低下、記憶力の低下 過敏性 — 羞明、音への過敏、化学物質や食べ物への過敏。アレルギー症状の悪化。[ja.wikipedia.org]

  • 結節性多発動脈炎

    この病気ではどのような症状がおきますか 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能低下、腹痛・下血、脳出血・脳 梗塞 、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤 な症状としては、腎不全、腸出血、脳出血・脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などがあります。[nanbyou.or.jp] 左右非対称に手足のしびれ、感覚障害、運動障害を呈します。神経伝達速度や筋電図を測ったり、機能に影響しない感覚神経(腓腹神経)を生検して調べることが有用です。神経を栄養する動脈の血管炎が検出可能です。多発性単神経炎は他のANCA関連血管炎でも高頻度に見られます。[ryumachi.umin.jp] 消化管の血管障害による症状 消化管に分布する動脈が障害を受けることから、 腹痛 吐き気 嘔吐 血便 などの腹部症状を生じます。初期の症状として、食後の強い腹痛を訴えることもあります。 腎臓の血管障害による症状 腎臓の血管が障害を受けることも多く、高血圧や腎機能障害が生じます。[medicalnote.jp]

  • 重金属中毒

    中枢神経の傷害が主な症状と指摘 ・新プラント完成するも事故相次ぐ(廃液の異常な増加) ・付属病院院長(細川医師)、原因不明の疾患が発生と水俣保健所へ報告 ・水俣病公式発見(5月1日) ・11月厚生省厚生科学研究班(厚生科学班と表記)設置 ・奇病対策委、52人を公式に水俣(奇)病と」指定 ・ネコの発病に加え水俣湾の付着貝類、海草類の死滅、魚[nimd.env.go.jp] 症状の現れ方 金属を飲み込むと、その直後から、腹痛、嘔吐がみられ、下痢、 吐血 、下血などもみられます。多量の場合は、ショックが起こることもあります。 一方、フュームを吸入した場合には、数時間の潜伏期のあと、39 以上の発熱とインフルエンザ様の感冒症状がみられます。多くの場合、半日程度で自然に軽快します。[qlife.jp] 消化器系:吐き気、おう吐、腹痛、消化管出血、肝障害による黄疸や意識障害など 血液系:貧血など 呼吸器系:咳、たん、呼吸困難など 神経系:不随意運動、平衡感覚の障害、けいれん、意識障害、抑うつなどの精神症状、発達障害など 腎機能障害:蛋白尿、血尿、尿毒症による意識障害など 検査・診断 医療機関では、重金属中毒の診断のために、一般的な血液検査や[medicalnote.jp]

  • 悪性貧血

    内因子分泌不全によるビタミンB 12 の吸収障害によるものを悪性貧血とよび,自己免疫機序により惹起される.経口摂取されたビタミンB 12 は胃底腺粘膜内の壁細胞から分泌される内因子と結合して終末回腸粘膜の内因子受容体を介して吸収されるが,ビタミンB 12 が欠乏するとDNA合成障害が起こり 巨赤芽球性貧血 をきたす.臨床症状としては悪心,嘔吐,腹痛[kotobank.jp] 症状としては、ビタミンB12欠乏では鉄欠乏性貧血と同様の貧血症状のほか、食欲不振・吐き気・下痢などの消化器症状、味覚障害や舌の感覚異常、神経・精神症状、白髪などがみられます。葉酸欠乏でも類似した症状がみられますが、妊婦の場合は胎児の奇形を引き起こしうるので注意が必要です。またともに血小板減少による出血症状が起きることもあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] -副作用と注意- ・徐放性、非徐放性ともに主な副作用として、悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢便秘などの胃腸障害です。 ・鉄剤を服用すると便が黒くなることがありますが、心配はいりません。 ・貧血が改善されたからといって、指示なしに勝手にのむのを止めたりしないで下さい。[apha.jp]

  • MELAS症候群

    A)原発性脳腫瘍:グリオーマ,悪性膠芽腫など B)転移性脳腫瘍 C)白血病の中枢神経浸潤 D)傍腫瘍性辺縁脳炎 8.代謝性疾患・中毒 A)ミトコンドリア脳筋症:MELAS B)ビタミン欠乏症: Wernicke脳症 ナイアシン欠乏性脳症 C)Reye症候群 9.熱性疾患 10.てんかん重積症 11.精神病 12.その他 A)非ヘルペス性辺縁系脳炎[neuroinfection.jp] 進行した場合心不全 じん臓症状 進行した場合腎不全を伴いやすい 直腸障害 腹痛、下痢を伴いやすい。 消化器症状 腹痛、下痢を伴いやすい。 全身症状 易疲労性が強い 精神神経症状 知能低下、概念形成などの精神障害 身体活動 過度な運動は避ける 過労 十分な休養が必要 注意事項 糖尿病合併例が多いので注意する。[nivr.jeed.or.jp] ・ミオクローヌスてんかん-ミオパチー-感覚性運動失調 (MEMSA) :てんかん, ミオパチー, 眼球運動麻痺のない運動失調のスペクトラムを有する。以前の脊髄小脳失調-てんかん (SCAE) を含む。[koinobori-mito.jp]

  • 身体表現性障害

    心と体を結びつけるのは、感情中枢、自律神経、内分泌系であり、精神的原因で身体症状を発症する病態を心身症(身体表現性障害 社会心理的疾患)と言います。 学童期の心身症は、発達の未分化による心身症状が目立つのが特徴です。一方、思春期の心身症は、機能的障害を呈する心身症が多いのが特徴です。[mirai-cl.jp] よくある症状には消化器症状(腹痛、嘔吐〈おうと〉、下痢など)、循環器症状(息切れ、胸痛など)、泌尿器症状(排尿困難、生殖器や周囲の不快感など)、皮膚症状などがあります。身体表現性障害は、症状の出かたやとらえかたによっていくつかに分類できます。[medical.jiji.com] 転換性障害(conversion disorder) 転換性障害は、随意運動または感覚機能についての症状または欠陥で、身体的異常では説明ができないものです。生理的には正常であるにもかかわらず、腕や脚の麻痺や発作や筋肉の協調運動の障害、皮膚感覚の違和感、痛みに対する感覚欠如などの症状が現れます。[madreclinic.jp]

  • 急性ヒ素中毒

    吐き気やおう吐、腹痛や下痢のような消化器系の症状 意識障害、けいれんや脱力といった神経系の症状 ショック、不整脈といった循環器系の症状 この他、皮膚の発疹や肺水腫といった症状が現れることがあります。重症例では、肝臓や腎臓などの全身の臓器が障害され、適切な治療が行われない場合、循環血液量が減少して死に至ることがあります。[medicalnote.jp] を伴う感覚運動性多発ニューロパチーを生じ,四肢遠位部の筋力低下,深部腱反射の減弱・消失をみる.暴露を中止することにより症状の改善をみる.[kotobank.jp] 急性中毒は、 ヒ素 服用後数十分 数時間で現れ、 下痢 、 腹痛 、 嘔吐 が起こり、さらに心臓衰弱などを引き起こし、全身痙攣で死に至ることもある。慢性中毒は、 嘔吐 、食欲減退、皮膚に 発疹 や炎症を生じ知覚障害や運動障害を起こすこともある。[pharm.or.jp]

  • フザリウム感染症

    トリコテセン系カビ毒の中毒症状としては、悪心、おう吐、腹痛、下痢が主なものですが、造血機能障害、免疫機能抑制作用などもあります。 その他、ゼアラレノンは女性ホルモンのような作用を持ち、家畜に対して不妊、流産、外陰部肥大を引き起こします。[fukushihoken.metro.tokyo.jp] トリコテセン系マイコトキシンは、汚染された穀物を摂取することにより、食中毒性無白血球症 (ATA) と言われる中毒症状(悪心、嘔吐、腹痛、下痢、造血機能障害、免疫不全など)を起こす。ゼアラレノンは女性ホルモン様作用を持ち( 環境ホルモン )、家畜に不妊、流産、外陰部肥大を引き起こす。[ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    予後 一般的に予後は良好で,数週間で回復します.紫斑が遷延,再発する例があります.腎障害の有無が長期予後を左右します.まれに腸穿孔などの外科的疾患,ごくまれに中枢神経の合併症などにより致命的となることがあります.[zousantsushin.jp] の血栓 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(以前はチャーグ-ストラウス症候群と呼ばれていた) 血管の炎症が、皮膚、神経、肺、腎臓を損傷することに関連する、喘息または他のアレルギー性の問題(慢性の鼻の炎症など) 侵された臓器により様々な症状 せき、ときに喀血 顔面の痛み 息切れ 発疹 腕や脚のしびれ、チクチク感、または筋力低下 筋肉や関節の痛み 腹痛[msdmanuals.com] (6)神経の障害によるもの 手足のしびれや感覚がない、力が入らないなどの症状(多発性単神経炎)。 診断 本症は生命に関わりうる重症な疾患ですので、強力な治療が必要となります。このため血管炎があることをきちんと証明する必要があり、症状や異常がみられる臓器や部位の一部を生検し、顕微鏡で確認する病理組織診断が必要です。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • せん妄

    直接因子 中枢神経に影響を与えて急性の意識障害を生じさせる器質的要因であり、中枢神経疾患(脳血管障害、脳炎、脳腫瘍、癌性髄膜炎、頭部外傷など)、二次的に脳機能に影響を及ぼす全身性疾患( 肺炎 などの 感染症 、 心不全 、 心筋梗塞 、 不整脈 、 肝・腎機能障害 など)、薬物や化学物質中毒、 アルコール や 睡眠薬 の離脱などが挙げられる[bsd.neuroinf.jp] 注意力の低下 ・話題が次々と変わってしまう ・周囲の物の整理ができない、点滴などの管を無意識に抜いてしまう 昼と夜の感覚が鈍くなる ・寝る時間と起きる時間が不規則になる ・昼間に眠り、夜は眠れない 場所や時間の感覚が鈍くなる ・自分が今いる場所がわかりにくい ・今日がいつかわかりにくい ・昼夜の区別、時間がわかりにくい 行動の変化 ・落ち着[akiramenai-gan.com] 背景因子としての高齢、認知症などの存在、誘発因子としての断眠、疼痛、感覚遮断または感覚過剰、ストレスなどが著明なほど、せん妄は発症しやすくなります。せん妄が発症した場合には、何らかの身体症状の悪化、あるいは新たな身体疾患が存在しており、原因の検索が重要です。[tsuchiura-ishikai.org]

類似した症状