Create issue ticket

考えれる857県の原因 中枢神経系疾患, 感覚, 腹痛

  • 慢性疲労症候群

    痛み — 筋肉痛や関節痛(発赤や腫れがなく、移動性)、頭痛、リンパ節の痛み、喉の腫れ、腹痛、顎関節症、顔面筋疼痛症候群 知的活動障害 — 健忘、混乱、思考力の低下、記憶力の低下 過敏性 — 羞明、音への過敏、化学物質や食べ物への過敏。アレルギー症状の悪化。[ja.wikipedia.org] 2004年、結核予防会から「信頼性に欠く」と報告が出た時点で、一般社会の感覚なら、 「その検査を検証する」「結論が出るまでCRPを使った評価はしない」 ”西日本以西”のまっとうな医者達は、すでに、CRPだけにかじりつくようなことをしない。 その様子を見て、東京の医者達は「西日本はいい加減」という。 真剣に尋ねている。[cocurej.web.fc2.com]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 感覚
  • 日本脳炎

    小児では腹痛、下痢を伴うことも多い。これらに引き続き急激に、項部硬直、光線過敏、種々 の段階の意識障害とともに、神経系障害を示唆する症状、すなわち筋強直、脳神経症状、不随意運動、振戦、麻痺、病的反射などが現れる。感覚障害は稀であ り、麻痺は上肢で起こることが多い。脊髄障害や球麻痺症状も報告されている。[nih.go.jp] 感覚障害は稀であ り、麻痺は上肢で起こることが多い。脊髄障害や球麻痺症状も報告されている。痙攣は小児では多いが、成人では10%以下である。 検査所見では、末梢血白血球の軽度の上昇がみられる。急性期には尿路系症状がよくみられ、無菌性膿尿、顕微鏡的血尿、蛋白尿などを伴うことがある。[nih.go.jp]

  • せん妄

    直接因子 中枢神経に影響を与えて急性の意識障害を生じさせる器質的要因であり、中枢神経疾患(脳血管障害、脳炎、脳腫瘍、癌性髄膜炎、頭部外傷など)、二次的に脳機能に影響を及ぼす全身性疾患( 肺炎 などの 感染症 、 心不全 、 心筋梗塞 、 不整脈 、 肝・腎機能障害 など)、薬物や化学物質中毒、 アルコール や 睡眠薬 の離脱などが挙げられる[bsd.neuroinf.jp] 促進因子 心理的負荷や状況要因であり、環境の変化や身体疾患などによる身体的拘束、精神的 ストレス 、 睡眠 不足、 感覚 遮断または感覚過剰などが含まれる。[bsd.neuroinf.jp] 促進因子 心理的負荷や状況要因であり、環境の変化や身体疾患などによる身体的拘束、精神的 ストレス 、 睡眠 不足、 感覚 遮断または感覚過剰などが含まれる。[bsd.neuroinf.jp]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 感覚
  • 肝不全

    肝不全(かんふぜん, 英: liver failure)とは、肝臓の各生理機能(合成機能や代謝機能など)が病的に低下し、肝臓が役目を果たさなくなった状態である。肝不全に陥ると、生体の恒常性が保てないため、肝不全は死亡原因となることがある。肝不全には、大きく分けて2つの型が報告されている。 急性肝不全 最初の肝臓障害の兆候(黄疸など)から4週間以内に肝性脳症(精神錯乱、昏迷、昏睡)の進行やタンパク質合成の減少(アルブミンや血液凝固タンパク質など)が起きたものを指す。なお、甚急性肝不全は7日以内、亜急性肝不全は5-12週間のものを指す。 慢性肝不全[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 感覚
  • 多発性硬化症

    多発性硬化症とは 多発性硬化症は、中枢神経を侵す非化膿性炎症性脱髄性疾患である。中枢神経髄鞘抗原を標的にした自己免疫性疾患であると考えられているが、証明はできていない。末梢神経は傷害されない。病因は現在のところ確立されていないが、遺伝因子と環境的因子の両者が発症のリスクになると考えられている。[bsd.neuroinf.jp] 急性脊髄炎のみがみられその他の脱髄性病変が示唆されたない場合には全身性エリテマトーデスや混合性結合組織病、抗リン脂質抗体症候群による可能性も考慮する、 四肢の筋力低下 痙縮 感覚障害 Uldryらの検討では脊髄病変と感覚障害の対応は46.4%で対応があり、14.2%はおそらく対応するとしながらも全体として画像上のプラークと症候を結びつけるとは[ja.wikipedia.org] 視力 ・ 視野障害 、 運動麻痺 、 運動失調 、 痙性歩行 、 感覚 障害・異常感覚、 排尿 ・ 排便障害 、 複視 などが主なものである。[bsd.neuroinf.jp]

    不足: 腹痛
  • 結節性多発動脈炎

    この病気ではどのような症状がおきますか 38 以上の高熱、体重減少、筋肉痛・関節痛、四肢のしびれ、皮膚潰瘍、尿蛋白や尿潜血陽性、腎機能低下、腹痛・下血、脳出血・脳 梗塞 、高血圧など様々な症状がおきます。特に 重篤 な症状としては、腎不全、腸出血、脳出血・脳梗塞、狭心症・心筋梗塞などがあります。[nanbyou.or.jp]

    不足: 感覚
  • ゴーシェ病

    ゴーシェ病(ゴーシェびょう、Gaucher's disease)は、1882年にフランスの医師フィリップ・ゴーシェによって発見された病気。遺伝的要因により生まれつきグルコセレブロシダーゼという酵素が不足・欠損するなどして活性が低下するため、グルコセレブロシド(糖脂質)をセラミドに分解できず、肝臓・脾臓・骨などにグルコセレブロシドが蓄積する疾患である。またゴーシェ病は、ライソゾーム病、先天性代謝異常症、常染色体劣性遺伝に分類される。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 感覚
  • MELAS症候群

    英上院は24日、3人の遺伝情報を受け継ぐ受精卵をつくる新たな体外受精技術の実用化を承認した。この技術を認めるのは英国が世界初とされる。下院も今月上旬に実用化を承認しており、早ければ来年にも「3人のDNA」を持つ赤ちゃんが誕生する。 新技術は、細胞質に含まれるミトコンドリアという器官のDNAに異常のある女性が対象。①女性の卵子とパートナーの男性の精子からつくった受精卵から核を取り出し、健康な女性の卵子でつくり核を除いた受精卵に移す、②ミトコンドリアDNAに異常のある女性の卵子の核を、健康な女性の核を除いた卵子に移し、パートナーの男性の精子と体外受精させる、という2通りがある。[…][asahi.com]

    不足: 感覚

類似した症状