Create issue ticket

考えれる86県の原因 中枢神経系疾患, 性感染症に対する陽性検査

  • 梅毒

    (2014年11月07日改訂) 疫学 梅毒は世界中に広く分布している疾患である。1943 年にマホニーらがペニシリンによる治療に成功して以来、本薬の汎用によって発生は激減したが、その後、各国で幾度かの再流行が見られている。1960 年代半ばには日本も含め、世界的な再流行が見られた。日本で梅毒は花柳病予防法(1928年)、性病予防法(1948年)で対象疾患とされ、1999年からはいわゆる感染症法のもと症例が報告されている。最近では、日本では1987年(報告数 2928)をピークとする流行が見られたが、その後再び報告が減少してきた。感染症法による感染症発生動向調査によると、1999 2012年は500例[…][niid.go.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • アシドーシス

    原因は呼吸数および/または呼吸量の減少(低換気)であり,典型的には中枢神経疾患,肺疾患,または医原性の病態に起因する。呼吸性アシドーシスには急性と慢性がある;慢性型は無症状であるが,急性型(増悪型)は頭痛,錯乱,および眠気を引き起こす。徴候には振戦,ミオクローヌス反射,および羽ばたき振戦などがある。[msdmanuals.com] 低換気の原因( 換気不全 で考察されている)としては以下のものがある: 中枢神経の呼吸ドライブを障害する疾患 神経筋伝達を障害する疾患および筋力低下を引き起こすその他の疾患 閉塞性,拘束性,および実質性の肺疾患 低酸素症は,通常低換気を伴う。 呼吸性アシドーシスには急性または慢性のものがある。[msdmanuals.com]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 慢性疲労症候群

    州立ワシントン大学に著作権のある音源と、個人所有の写真を許可なく無断で使用し、 Youtube を使って嫌がらせをしたグループへ告ぐ。 2度までは、個人的な通報で穏便に済ませたが、 3度目は、同大学の法務に連絡をとり、法的アクションを起こすことを理解してほしい(著作権侵害) このサイトは、沢山の”命”のために「真実」を伝える目的、 および、慢性疲労症候群(15歳発症)から他の自己免疫疾患を発症するも治療法がなく (再発性多発性軟骨炎・ベーチェット病、前者は希少疾患) ---生物製剤は1%未満の重篤な副作用で使えず、殆ど全ての免疫抑制剤に深刻な副作用が出るため使用できない---[…][cocurej.web.fc2.com]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 脱髄疾患

    髄鞘を形成するグリア細胞は、神経に栄養を与えたり、保護したりする役割もあるため、髄鞘が障害されると神経細胞にダメージを与えてしまう [1] 。 種類 [ 編集 ] 大きく分けて中枢神経と末梢神経疾患がある。[ja.wikipedia.org] ②急性散在性脳脊髄炎 多発性硬化症と同じ中枢神経の脱髄疾患の仲間です。ウイルス感染後やワクチン接種後にみられることが多いことが知られています。 意識障害やけいれんといった症状は多発性硬化症ではみられにくいのですが、急性散在性脳脊髄炎ではこういった症状がよくみられる点が参考になります。しかし、これだけではっきり区別はできません。[medley.life] 中枢神経 多発性硬化症 視神経脊髄炎 (Devic症候群) 同心円硬化症 (Balo病) 急性散在性脳脊髄炎 (ADEM) 炎症性広汎性硬化症 (Schilder病) 感染性 亜急性硬化症全脳炎 (SSPE) 進行性多巣性白質脳症 (PML) 中毒・代謝性 低酸素脳症 橋中心髄鞘破壊症 ビタミンB12 欠乏症 血管性 Binswanger[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 多発性硬化症

    多発性硬化症とは 多発性硬化症は、中枢神経を侵す非化膿性炎症性脱髄性疾患である。中枢神経髄鞘抗原を標的にした自己免疫性疾患であると考えられているが、証明はできていない。末梢神経は傷害されない。病因は現在のところ確立されていないが、遺伝因子と環境的因子の両者が発症のリスクになると考えられている。[bsd.neuroinf.jp] 寛解と再発を繰り返す中枢神経の炎症性脱髄を主として軸索変性を伴う疾患である。病変部位により症状の個人差が大きくまた同じ人でも症状の変化は大きい。中枢神経脱髄疾患のなかで最も多く、炎症、脱髄、グリオーシスを三主徴とし寛解、再燃、進行性の経過をとる。[ja.wikipedia.org] 中枢神経の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患 であると考えられている。遺伝因子と環境的因子の両者が発症のリスクになると考えられている。90%は再発 寛解 の経過を呈する再発寛解型で、残り10%程度は病初期から再発なしに慢性に症状が悪化していく一次性進行型を呈する。[bsd.neuroinf.jp]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • トキソプラズマ感染症

    妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] 免疫抑制状態の患者が罹患すると中枢神経障害や肺炎・心筋炎を起こすこともあり、より重篤な疾患を引き起こしやすい。 トキソプラズマ陽性のエイズ患者は、Tリンパ球が200以下になると予防をしないかぎりトキソプラズマ脳症を発症する。これはシスト中の緩増虫体が活性化し、血流に乗って全身に広がり脳に至るためである。[ja.wikipedia.org]

  • 血管炎

    血管炎症候群(けっかんえんしょうこうぐん、英: Vasculitis Syndrome )は、自己免疫疾患の一群で、主として血管に炎症の主座がある症候群。血管のみが冒されるわけではなく、他の臓器にも病変がみられることもある。 多くは慢性疾患である。血管は全身に分布している為、全身性疾患である事が多い。膠原病の一種に分類されるが、全身性エリテマトーデス(SLE)や関節リウマチ(RA)、シェーグレン症候群などに随伴する二次性血管炎以外は抗核抗体は診断に影響しない。 日本では、特定疾患(難病)として、国や都道府県による医療費支援制度の対象となっている疾患もある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 全身性エリテマトーデス

    正常は、 0.8で中枢神経でのIgG増加が示唆される。 IgG indexの計算ページ 疾患活動性の評価(BILAG Index) SLEの活動性によると判断されるものが対象で、薬剤、感染症、不可逆性のもの(骨壊死、皮膚硬化など)は対象としない。 各カテゴリーは、A(重症) E(既往なし)に評価される(評価の基準は文献参照)。[med.osaka-u.ac.jp]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 腫瘍随伴症候群

    腫瘍随伴症候群(しゅようずいはんしょうこうぐん、英: paraneoplastic[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査

さらなる症状