Create issue ticket

考えれる565県の原因 中枢神経系疾患

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性疲労症候群

    慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん、英語: Chronic Fatigue Syndrome, 略称: CFS)は、原因不明の強い疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)におよび継続する病気である。筋痛性脳脊髄炎(Myalgic Encephalomyelitis、ME)、ウイルス感染後疲労症候群(Post-Viral Fatigue Syndrome、PVFS)とも呼ばれる。また重篤度が伝わらない・慢性疲労と区別がつきにくいということから、Chronic Fatigue and Immune Dysfunction[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    多発性硬化症とは 多発性硬化症は、中枢神経を侵す非化膿性炎症性脱髄性疾患である。中枢神経髄鞘抗原を標的にした自己免疫性疾患であると考えられているが、証明はできていない。末梢神経は傷害されない。病因は現在のところ確立されていないが、遺伝因子と環境的因子の両者が発症のリスクになると考えられている。[bsd.neuroinf.jp] 寛解と再発を繰り返す中枢神経の炎症性脱髄を主として軸索変性を伴う疾患である。病変部位により症状の個人差が大きくまた同じ人でも症状の変化は大きい。中枢神経脱髄疾患のなかで最も多く、炎症、脱髄、グリオーシスを三主徴とし寛解、再燃、進行性の経過をとる。[ja.wikipedia.org] 中枢神経の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患 であると考えられている。遺伝因子と環境的因子の両者が発症のリスクになると考えられている。90%は再発 寛解 の経過を呈する再発寛解型で、残り10%程度は病初期から再発なしに慢性に症状が悪化していく一次性進行型を呈する。[bsd.neuroinf.jp]

  • 血管炎

    血管炎症候群(けっかんえんしょうこうぐん、英: Vasculitis Syndrome )は、自己免疫疾患の一群で、主として血管に炎症の主座がある症候群。血管のみが冒されるわけではなく、他の臓器にも病変がみられることもある。 多くは慢性疾患である。血管は全身に分布している為、全身性疾患である事が多い。膠原病の一種に分類されるが、全身性エリテマトーデス(SLE)や関節リウマチ(RA)、シェーグレン症候群などに随伴する二次性血管炎以外は抗核抗体は診断に影響しない。 日本では、特定疾患(難病)として、国や都道府県による医療費支援制度の対象となっている疾患もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • ライム髄膜脳炎

    MSは寛解と再発を繰り返す中枢神経の炎症性脱髄を主として軸索変性を伴う疾患です。MSは中枢神経脱髄疾患のなかで最も多く、炎症、脱髄、グリオーシスを三主徴とし寛解、再燃、進行性の経過をとります。健康な若年成人を主として侵す疾患であり、時に発症数週間から数ヶ月間疲労、脱力感、筋痛、関節痛がみられることもあります。[mbiotech.org] また、結核、クリプトコッカス症やヒストプラスマ症では肺に病変を伴うことがあったり、特にマイコプラズマに伴うものでは、その多くが呼吸器病変に引き続いて起こる多様な中枢神経合併症の一つとして知られる。[niid.go.jp] 多発性硬化症(multiple sclerosis; MS)は中枢神経の慢性炎症性脱髄疾患であり、時間的・空間的に病変が多発するのが特徴です。通常、詳細な病歴聴取や経時的な神経学的診察により時間的・空間的な病変の多発性を証明し、他の疾患を否定することで診断が確定します。[mbiotech.org]

  • 肝性脳症

    疾患・用語編) 急性脳症 の一覧へ戻る 糖尿病関連脳症 低血糖性昏睡では、低血糖のために中枢神経細胞の糖欠乏状態が進行し意識障害を呈します。 糖尿病性ケトアシドシースはインスリン欠乏に起因して著しい高血糖、中等度以上のケトーシス、代謝性アシドーシスを呈します。[neurology-jp.org] 疾患・用語編) 急性脳症 の一覧へ戻る 低ナトリウム血症関連脳症 低ナトリウム血症により血漿浸透圧が低下し、血管内と中枢神経細胞内に浸透圧較差が生じるため脳浮腫、頭蓋内圧亢進が生じます。全身倦怠感、頭痛、悪心・嘔吐、脱力、振戦、筋けいれん、てんかん発作、意識障害がみられます。[neurology-jp.org] ホーム 脳神経内科の主な病気 (疾患・用語編) 急性脳症 解説 急性脳症とは 急性脳症に関する公式の定義はありませんが、中枢神経に炎症、血管障害などの明確な病態が存在しない、あるいは疑われないにもかかわらず、中枢神経系の浮腫により広範な脳機能障害が生じ、せん妄状態(症状編 意識障害参照)や意識障害、けいれんなどが急激に出現した場合、急性脳症[neurology-jp.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    正常は、 0.8で中枢神経でのIgG増加が示唆される。 IgG indexの計算ページ 疾患活動性の評価(BILAG Index) SLEの活動性によると判断されるものが対象で、薬剤、感染症、不可逆性のもの(骨壊死、皮膚硬化など)は対象としない。 各カテゴリーは、A(重症) E(既往なし)に評価される(評価の基準は文献参照)。[med.osaka-u.ac.jp]

  • 腫瘍随伴症候群

    腫瘍随伴症候群(しゅようずいはんしょうこうぐん、英: paraneoplastic[…][ja.wikipedia.org]

  • 播種性血管内凝固症候群

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年3月 ) 播種性血管内凝固症候群 (はしゅせい けっかんない ぎょうこ しょうこうぐん、 英 : disseminated intravascular coagulation, DIC )とは、本来出血箇所のみで生じるべき 血液凝固反応 が、全身の 血管 内で無秩序に起こる 症候群 である。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態で、治療が遅れれば死に至ることも少なくない。 汎発性血管内凝固症候群 (はんぱつせい-[…][ja.wikipedia.org]

  • 髄膜癌腫症

    UMIN試験ID UMIN000030756 最終情報更新日: 2018年1月21日 公開日:2018年1月20日 登録・組み入れ開始日:2018年1月1日 基本情報 試験簡略名 中枢神経転移の発症予測因子、薬剤感受性因子についての探索研究 試験進捗状況 一般募集中 試験実施地域 日本 実施都道府県 対象疾患 肺癌 評価 主要アウトカム評価[rctportal.niph.go.jp] 腫瘍の中枢神経への親和性に関与するバイオマーカーの検出 副次アウトカム評価 髄膜癌腫症/脳転移における薬剤耐性に関与する因子の検出 試験デザイン 介入 適格性 年齢(下限) 20歳以上 年齢(上限) 100歳未満 性別 男女両方 選択基準 1)病理学的(細胞診または/かつ組織診)に原発性肺癌を認める症例 2)画像もしくは症候として髄膜癌腫症[rctportal.niph.go.jp]

さらなる症状