Create issue ticket

考えれる189県の原因 中枢神経系刺激

  • ディルドリン中毒

    」を参照 — 鉛 急性経口摂取: 口渇,腹部の灼熱痛,嘔吐,下痢;中枢神経症状(例,易刺激性,注意力低下,意識レベルの低下,痙攣発作) 急性吸入: 不眠症,頭痛,運動失調,躁状態,痙攣発作 慢性曝露: 貧血,末梢神経障害,錯乱,鉛脳症 鉛,四エチル 蒸気吸入,皮膚からの吸収,または経口摂取: 中枢神経系症状(例,不眠症,不穏,運動失調,妄想[msdmanuals.com] 有機スズ化合物の体内蓄積性は低く、発ガン性や催奇形性は報告されていませんが、 皮膚、気道、角膜への刺激のほか、動物実験では肝臓障害、腎臓障害、 白質の浮腫形成による中枢神経の障害、胸腺萎縮などによる免疫阻害、 胎児死亡率の増加などの障害が知られています。[www1.river.go.jp] 中枢神経興奮,筋攣縮,無緊張症,強直間代発作,呼吸不全,肺水腫,悪心,嘔吐,昏睡を含む意識障害 支持療法,気道管理後に活性炭 痙攣発作の管理にジアゼパム ベンジン 「石油蒸留物」を参照 — ベンゾジアゼピン系薬剤 アルプラゾラム クロルジアゼポキシド ジアゼパム フルラゼパム 鎮静から昏睡,特にアルコールとともに摂取した場合 低血圧 気道管理[msdmanuals.com]

  • ニコチン中毒

    ニコチンは自律神経中枢神経などに作用する。少量では刺激であり、大量時には中枢神経抑制によって呼吸停止がありえる。しかし、嘔吐作用によってある程度が嘔吐され吐き出されることも多い。末梢血管収縮、血圧上昇、心拍増加などが起こる。タバコなど経口から摂取した場合に、症状は15-30分で出現し、半減期は1時間である。[ja.wikipedia.org]

  • 急性アンフェタミン中毒

    メタンフェタミンは、 アンフェタミン と同様の構造を有する、中枢神経刺激薬です。中毒性が高く、治療効果が低い、 スケジュールⅡ の薬剤で、日本では覚せい剤取締法により覚醒剤に指定されています。 患者数など病気の規模は?[medicinova.jp] 英語では、覚せい剤に相当する用語がなく、Stimulants(覚醒薬剤)には、アンフェタミンのほか、コカイン、リタリン、エフェドリン、カフェインなど中枢神経刺激薬剤全てを含みます。覚せい剤という用語は、ドイツ語のWeckamin(覚せいアミン)に由来するようです。[www2.wind.ne.jp]

  • 本態性高血圧症

    は,中枢神経に対する求心性神経回路を介して中枢神経刺激し,遠心性神経回路を介して末梢交感神経活動を活性化し,腎でのNa貯留を介して,血圧が上昇する.腎交感神経活性化と腎レニン-アンジオテンシン活性化は相互に刺激するため,レニン-アンジオテンシン活性亢進も直接昇圧に関与するとともに中枢神経系を活性化し昇圧に関連する.最近,複数の降圧薬[kotobank.jp] 増加は,高血圧症の発症において重要であると考えられている.ヒトでは精神的ストレス時に交感神経活性の増加とともに副腎髄質が活性化され,血漿アドレナリンが上昇して,心拍出量,心拍数,平均血圧および腎を含む内臓諸器官の血管抵抗の増加をきたす. c.腎交感神経 高血圧の発症および進行に,腎交感神経活動の亢進が関与していることが示唆されている.腎交感神経活性亢進[kotobank.jp]

  • うつ病

    中枢神経刺激薬 、 バルビツール酸 の使用は推奨されない。 シロシビン [ 編集 ] 2018年には アメリカ食品医薬品局 (FDA)が第IIb相の シロシビン 治験を承認し、既存の抗うつ薬による治療に失敗した治療抵抗性のうつ病を対象とし、臨床試験は北米と欧州の様々な国、およそ1年にわたって実施される [168] [169] 。[ja.wikipedia.org]

  • 起立性低血圧

    アデラール(日本では未発売の薬剤)やメチルフェニデート(商品名リタリン)などの中枢神経刺激薬が助けになる場合もある。ベンゾジアゼピン薬物もよく処方される。 学校の朝礼で倒れる、排便後立ちくらみがあるなど軽度の起立性低血圧に対して漢方薬で症状緩和をすることがある。[ja.wikipedia.org] アデラール(日本では未発売の薬剤)や メチルフェニデート (商品名リタリン)などの 中枢神経刺激薬 が助けになる場合もある [ 要出典 ] 。 ベンゾジアゼピン 薬物もよく処方される [ 要出典 ] 。[ja.wikipedia.org] 薬剤性及び脱水症性 利尿薬 交感神経α受容体遮断薬 中枢性α2受容体刺激薬 アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬) 抗うつ薬 - 三環抗うつ薬、セロトニン阻害薬 飲酒(アルコール) 節遮断薬 精神神経作用薬剤 - Haloperidol、levomepramazine、chlorpromazine等 硝酸薬 交感神経β受容体遮断薬[ja.wikipedia.org]

  • 反応性うつ病

    中枢神経刺激薬 、 バルビツール酸 の使用は推奨されない。 シロシビン [ 編集 ] 2018年には アメリカ食品医薬品局 (FDA)が第IIb相の シロシビン 治験を承認し、既存の抗うつ薬による治療に失敗した治療抵抗性のうつ病を対象とし、臨床試験は北米と欧州の様々な国、およそ1年にわたって実施される [168] [169] 。[ja.wikipedia.org]

  • 内因性うつ病

    中枢神経刺激薬 、 バルビツール酸 の使用は推奨されない。 シロシビン [ 編集 ] 2018年には アメリカ食品医薬品局 (FDA)が第IIb相の シロシビン 治験を承認し、既存の抗うつ薬による治療に失敗した治療抵抗性のうつ病を対象とし、臨床試験は北米と欧州の様々な国、およそ1年にわたって実施される [168] [169] 。[ja.wikipedia.org]

  • 松果体嚢胞

    メラトニンは アミノ酸 の1種 トリプトファン から合成されるもので、 中枢神経 では概日リズム以外の機能もある。メラトニンの生産は、光の暗さによって刺激され、明るさによって抑制される [11] 。 網膜は光を検出し、視交叉上核(SCN)に直接信号を伝える。[ja.wikipedia.org]

  • 心因性過換気

    強い不安に襲われて呼吸が乱れ、しらずしらずのうちに息を吸いすぎてしまい、その結果血液中の酸素の量が増え二酸化炭素の量は減り、それが中枢神経刺激し、いっそう不安をかきたてます。 息苦しさ、めまい、動悸、手足のしびれ、嘔吐感、けいれんなどの症状が起き、ひどい時は、意識を失うこともあります。[toorimichi.com]

さらなる症状