Create issue ticket

考えれる4県の原因 中心除去がある皮膚病変

  • 梅毒

    梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの1種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症である。第一感染経路は性行為であるため性病の1つとして数えられるものの、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性遊走性紅斑

    定義 この場合は、ダニ咬傷の後に発現する、皮膚に広がる迂回性紅斑を言う。これは(ライム)ボレリア症の1期である。特徴的に咬傷部位に赤色の丘疹が生じ、その中心から色が薄くなり、非鱗屑性、帯状の浸潤が遠心性に広がる。慢性遊走性紅斑はしばしば悪寒、発熱、頭痛、嘔気、疲労、背部痛および項部硬直などの症状を伴う。[dermis.net]

  • ライム病

    News Scan 5人に1人は抗生物質による治療後も症状が消えない 休眠状態の「生残菌」が原因かも By Richard Bartz,via Wikimedia ライム病は本当に厄介な病気だ。マダニが媒介するこの感染症はかつて,簡単に克服できると考えられていた。マダニに咬まれた場所を中心にできる目玉のような赤い発疹が診断の決め手となるこの病気は,抗生物質を数週間服用すれば治るだろうと。だが米疾病対策センター(CDC)はここ数十年で,ライム病患者の5人に1人が治療後も疲労や痛みなどの症状を引きずっていることに気づいた。「治療後ライム病症候群」と呼ばれ,原因は不明だ。[…][nikkei-science.com]

  • 体部白癬

    著者 小林 裕美 大阪市立大学大学院医学研究科皮膚病態学 収録刊行物 Medical mycology journal / 日本医真菌学会 [編] Medical mycology journal / 日本医真菌学会 [編] 52(3), 177-181, 2011-07-30 日本医真菌学会 1 皮膚糸状菌症 (白癬) 望月隆 最新皮膚科学大系, 204-223, 2003 被引用文献1件 2 ODOM RB Diseases resulting from fungi and yeasts, Andrew's diseases of the skin, 358-416, 2000 被引用文献1件 3 HAY RJ[…][ci.nii.ac.jp]

さらなる症状