Create issue ticket

考えれる190県の原因 中心暗点

  • 黄斑変性症

    その他、中心や変視症の有無を調べるために、アムスラー検査を行います。 眼底三次元解析(OCT)検査 肉眼では観察できない眼の奥の状態を断層画像で詳細に把握します。 その他、中心や変視症の有無を調べるために、アムスラー検査を行います。[ideta.or.jp] 周辺部が障害されていない場合、中心部のみゆがみを自覚します(図6)。 中心・視力低下 進行すると、見ているものの中心が欠けて見えなくなり(中心)、視力も低下します(図7)。 運転免許の更新や読書等が難しくなり、放置して更に視力低下が続くと、視力が0.1以下になる事があります。[eye-tamura.com] 症状は、歪み,中心,視力低下です。 カメラでいえばフィルムの真ん中が壊れ、黄斑部分の細胞が死んだり出血したりしながら壊れて、歪み、中心、視力低下になります。 中心部の変視 歪み (ある日突然目の前のものがぐにゃりと歪んで見えた,) 網膜の内部に浮腫が生じると中心部がゆがんで見え、直線が曲がって見えます。[tomihisa-eye.jp]

  • 緑内障

    《視野障害の進行》 目の中心をややはずれたところに(見えない点)ができます。 自分自身で異常に気づくことはありません。 暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気づかないことが多いようです。[toneri-ganka.com] 目の中心をややはずれたところに(見えない点)ができます。自分自身で異常に気づくことはあリません。 暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気づかないことが多いようです。 視野(見える範囲)はさらに狭くなり視力も悪くなって、日常生活にも支障を来すようになります。[sakemi-ganka.com] 初期 視野の中心からやや外れた所に、(見えない点)が発生します。ほとんどの場合、患者さんご本人は気づきません。 中期 暗点が広がって、視野の欠損(見えない範囲)が拡大します。この段階でも、片目が視野を補うので、異常に気づけない患者さんがたくさんおられます。 後期 視野の欠損が拡大して、見える範囲が狭くなり、視力も低下します。[kita-ganka.jp]

  • 多発性硬化症

    視力の低下、視野の異常、中心が特徴的である。 複視 複視は眼筋麻痺で生じ、核間性眼筋麻痺または外転神経障害によって生じる眼球運動障害である。MSでは核間性眼球麻痺が両側性に生じるのが特徴である。[ja.wikipedia.org]

  • 乳頭浮腫

    、傍中心、水平半盲、マリオット盲点拡大 視力 中心フリッカー 色覚 RAPD OCT MRI RAPD測定の注意点 半暗室 遠方視(近方視をすると近見反応により縮瞳) 左右均等、すばやく 若年者:瞳孔動揺あり 斜視 眼内に入る光量がかわり疑陽性を呈する 斜視眼には斜めから光を入れる 外傷性散瞳 元々、片眼に瞳孔異常あるとき、反対の健常眼[sugimoto-ganka.com] 図2.中心のイメージ 図3.下半分の視野欠損のイメージ 視神経症の分類、治療 (1)特発性視神経炎 特発性とは原因不明の意味です。20代から50代の、女性の方がやや多い疾患で、比較的急激に、片眼または両眼の視力低下が生じます。[nichigan.or.jp] シャルル・ボネ 症候群や後頭葉性幻視、閃輝が有名である。閃輝は突然ギラギラした模様が出現し、次第に拡大していき、その中心部は視野が欠損しとなる。10から20分ほどすると形が崩れて消失する。この光は赤、青、紫などの色がついていたり、無色であったりし中心部は見えない。[ja.wikipedia.org]

  • 眼動脈の閉塞
  • レーベル遺伝性視神経症

    レーベル遺伝性視神経症診断基準 (1) 症状 ① 急性 亜急性、両眼性、無痛性の視力低下と中心を認める。両眼同時発症の場合もあるが、通常は片眼に発症し、数週から数か月を経て、対側眼も発症する。[nanbyou.or.jp] レーベル遺伝性視神経症はおもに10歳代から30歳代にかけて、両眼性に急性、または亜急性の視力低下で発症し、その後数ヶ月の間に徐々に 視神経乳頭の耳側が青白く なり、通常1年以内に高度の視神経萎縮に至り、その結果視力低下、中心という視野異常を来す予後不良な遺伝性の視神経疾患であります。[asokaganka.jp] 両眼性で亜急性に視力低下、中心などの症状を起こす。 10歳代 30歳代と45 50歳代の二峰性の発症ピークがあり、男性発症率は女性の9倍である。ヨーロッパの統計で10万に2 3人が発症すると推定され、2015年に日本で始めての本格調査が実施され、日本の患者数は1万人前後と推定されている。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性貧血

    悪性貧血 (あくせいひんけつ)とは、胃粘膜の萎縮による 内因子 の低下により ビタミンB 12 が欠乏することで生じる 貧血 。 巨赤芽球性貧血 の一種。 概念 [ 編集 ] 胃粘膜が萎縮することでビタミンB 12 の吸収に必要な内因子が低下するために DNA の合成が障害されるために起こる。内因子の欠乏は他にも胃全摘後などにも起こるが、悪性貧血と呼ばれるのは 萎縮性胃炎 によるものだけである。「悪性」と呼ばれるのはビタミンB 12 が発見されるまでは治療法がなく致死的な経過をたどったため。 病態 [ 編集 ] 回腸 末端には内因子受容体が存在し、ビタミンB 12[…][ja.wikipedia.org]

  • 視神経炎

    急激な視力低下、眼球を動かす際に痛みを伴う眼球運動痛、見ようとするところが見えない中心が主な症状です。 2.虚血性視神経症 側頭動脈炎などが原因の動脈炎性と、糖尿病・高血圧・動脈硬化などが原因の非動脈炎性があります。動脈炎性では急激な視力低下をきたします。[ikec.jp] 急激に視力が低下し、視野の中央や見ようとするものが見えにくくなる中心が起こります。 原因 多発性硬化症(たはつせいこうかしょう)、ウイルスの感染など 症状 急激な視力の低下、視野の真ん中が見えない(中心)頭痛、眼球運動痛(眼球を動かすときの眼の痛み)、眼の圧迫感など[kozuki-eyeclinic.com] 主な自覚症状 片眼または両眼の急激な視力の低下、視界の中心が見えない中心、上または下半分の視野が欠ける水平半盲が主な症状で、眼球運動痛(眼球を動かす時に伴う痛み)などを伴うこともあります。 視神経炎の検査 視力検査 ・ 眼底検査 ・ 視野検査 のほか、磁気共鳴画像(MRI)検査・血液検査・髄液検査などが必要に応じて行われます。[ikec.jp]

  • 特発性全般てんかん

    JAPIC試験ID JapicCTI-153103 最終情報更新日: 2016年9月29日 登録日:2015年12月22日 基本情報 進捗状況 参加者募集中 対象疾患 てんかんおよびてんかん症候群 予定試験期間 目標症例数 200 臨床研究実施国 日本 研究のタイプ JAPICで詳細を確認する 試験の内容 試験の目的 治療 主要アウトカム評価項目 副次アウトカム評価項目 対象疾患 年齢(下限) 4 年齢(上限) 性別 男女両方 対象基準 ・ILAE(国際抗てんかん連盟)の「てんかん発作の臨床・脳波分類(1981)」で分類される強直間代発作を有する特発性全般てんかん患者であること。[…][rctportal.niph.go.jp]

  • ジギタリス中毒

さらなる症状

類似した症状