Create issue ticket

考えれる4県の原因 両瞼を閉じるのが困難

  • 新生児顔面神経麻痺

    難聴・めまい外来 難聴・めまい外来は、難聴、めまい、顔面神経麻痺といった耳に関する疾患を幅広く扱っています。 真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎に対する鼓室形成術、耳硬化症に対するアブミ骨手術を数多く手掛けている他、人工内耳手術は乳児から高齢者まで行っており、難聴遺伝子検査やリハビリを含めて質の高い医療を提供しています。 めまい疾患に対しては各種平衡機能検査を行っており、特にメニエール病や良性発作性頭位めまい症の診断、治療に力を入れています。 さらに専門性の高い外来として、幼児難聴外来、人工内耳リハビリ外来、顔面神経外来があります。 1. 担当医師 講師 いまい たかお 今井 貴夫 平成7年[…][med.osaka-u.ac.jp]

  • ベル麻痺

    ベル麻痺(ベルまひ)とは、顔面神経の麻痺によって障害側の顔面筋のコントロールができなくなった状態のことである。顔面神経麻痺の原因として脳腫瘍、脳卒中、ライム病などがあるが、原因が特定できない場合にベル麻痺と呼ばれる。 この疾患の名称であるが、初めてこの疾患を報告したスコットランドの解剖学者チャールズ・ベル (Charles Bell)(1774 – 1842)にちなんで命名された。ベル麻痺は最も一般的な急性単神経炎であり、急性顔面神経麻痺の最も一般的な原因である。東洋医学ではメンタン、口眼歪斜、口僻と呼ばれている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー

    FSHDは、4番染色体テロメア近傍(4q35)にあるレトロ反復配列D4Z4領域のクロマチン構造を基盤とするエピジェネティックな疾患である。本研究では、申請者らの研究背景を活かし、FSHDに関して(1)ASH1と関連するクロマチン構造制御因子によるD4Z4転写制御機構の解明、(2)エピジェネティックな病態機構に着目した分子標的治療薬の開発、(3)放射性同位元素を用いるこれまでの煩雑な遺伝子診断法に代わる新たな診断法の開発を目指している。[…][research-er.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    神経内科疾患全般を診療の対象としていますが、その中でも特に免疫性神経疾患、特にHTLV-I関連脊髄症(HAM)、重症筋無力症、ランバート・イートン筋無力症候群、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症、多発筋炎などの診療と研究に積極的に取り組んでいます。10人のスタッフのうち4人が神経内科認定医です。基礎的研究としてHAMの発症機序の研究と最新の知見に基づいた安全で有効な治療法の確立を目指しています。また、神経筋接合部疾患のランバート・イートン筋無力症候群では、カルシウムチャネル抗体診断法の研究を中心に全国のセンター的な役割を果たしています。[…][med.nagasaki-u.ac.jp]

さらなる症状