Create issue ticket

考えれる27県の原因 両側足関節クローヌス

  • 慢性腎不全

    現在地 : Pfizer co.jp ホーム 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 慢性腎不全に関する情報 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 疾患情報 成長相談室 お子さんの低身長や成長障害について解説しているサイトです。 自分でチェック 病医院検索 子どもはどうやって成長するの? 成長障害の治療ってどうするの? 身長の伸びがおそいかも? 成長ホルモンで治療中の方へ 身長が低い病気ってなに? Pfizer for Patients内にある関連する病気の情報を検索する SGA性低身長症 細菌性髄膜炎 ワクチン 血友病 このページの先頭へ[pfizer.co.jp]

  • 脳血栓症

    抄録 Endothelin-1 (ET-1) は血管収縮機構1を介して, 脳血管障害の病態生理に密接に関与している.また, Thrombornodulin (TM) は, 内皮より逸脱した血中微量蛋白質である.慢性期脳血栓症25名を対象として, 選択的cAMP phosphodiesterase阻害剤であるCilostazol 200mgの2週間投与前後における血中ET-1, TM値の変動について検討した.血中ET-1値は, 投与前2.16 0.68ng/m l を示し, 投与後1.75 0.80pg/m l へと有意に減少した (p 糖尿病合併群における血中TM値の基礎値 (3.18 0.70FU/m l )[…][jstage.jst.go.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    基本概要 ホームページはこちら 診療科紹介 外来担当医表 専門医のご紹介 研究と教育 診療科紹介 脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経や筋肉の病気の診断と治療を行っています。 頭痛、物忘れ、性格の変化、理解力の低下、気を失う、目が回る、喋りにくい、手足に力が入らない、しびれる、痛む、筋肉が細る、足が前に出ない、立てない、転びやすい、ふらつく、手足が震えたり勝手に動く、顔や手足がけいれんするなどの症状です。 このような症状が出たときには脳神経内科を受診してください。 主な対象疾患 主な対象疾患[…][hosp.kyushu-u.ac.jp]

  • 脳腫瘍

    神経膠腫 (グリオーマ:glioma)治療方針 担当医 村垣善浩 (先端生命医科学研究所教授) 、丸山隆志(講師)、新田雅之(助教)、齋藤太一(助教) 1.東京女子医科大学の治療方針 当院での神経膠腫(グリオーマ)治療の特徴は、 情報誘導手術(11)[…][twmu.ac.jp]

  • 脳塞栓症

    脳塞栓症における心房細動 脳塞栓症における心房細動を容易に発見する ―非侵襲的 前胸部貼付型 テレメトリー式心電送信機 Duranta ―[…][marianna-neurology.jp]

  • 脊髄炎

    対象家畜: 山羊 1.原因 レトロウイルス科( Retroviridae )、レンチウイルス属(lentivirus)、山羊関節炎・脳脊髄炎(CAE)ウイルス。ゲノムは同一の単鎖の-RNAが2本で、二量体を形成している。逆転写酵素を有し、自らのゲノムRNAを宿主細胞質内で逆転写し、合成されたウイルスDNA(プロウイルス)を核内の宿主細胞のDNAへ組み込むことで増殖する。 2.疫学[…][naro.affrc.go.jp]

  • 頸部椎間板ヘルニア

    症例Report 『頸部椎間板ヘルニア』 :2014. 7. 10 :平塚 症例 頸部椎間板ヘルニア  ミニチュアダックスフント 13歳 オス 主訴 食欲・元気消失、歩様の異常、頸部の疼痛 レントゲン検査 胸部、腹部及び頸部のレントゲン検査では特に異常所見は認められなかった。 MRI検査 頸部MRI検査にてC(頸椎)4-5椎間で腹側(左寄り)から中程度の、C3-4椎間及びC5-6椎間の腹側から軽度の脊髄圧迫所見を認めた。なお、頭部検査では、脳実質内に腫瘍・炎症等の器質的変化を疑う所見は認められなかった。以上のことから、C4-5間の頸部椎間板ヘルニアと診断。 [MRI 頸部矢状断面 T2強調画像][…][kanjipc.jp]

  • 肝性脳症

    肝性脳症(かんせいのうしょう、英語: Hepatic encephalopathy)とは、肝臓の機能低下による意識障害である。別名を肝性昏睡(かんせいこんすい、Hepatic coma)とも、また門脈体循環性脳障害とも言う。 肝硬変が進行した場合や劇症肝炎などの重篤な肝障害によって引き起こされる。まれに先天性尿路回路欠損を伴うことがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語: Amyotrophic lateral sclerosis、略称: ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。ICD-10ではG12.21。日本国内では1974年に特定疾患に認定された指定難病である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    吉良 潤一 九州大学 大学院医学研究院 神経内科学 DOI: 10.14931/bsd.3696 原稿受付日:2013年4月15日 原稿完成日:2014年2月21日 担当編集委員: 漆谷 真 (滋賀医科大学 医学部 神経内科) 英語名:multiple sclerosis 英略名:MS 独:Multiple Sklerose 仏:sclérose en plaques 多発性硬化症は、時間的・空間的に多発する 中枢神経系 特異的な非化膿性炎症性 脱髄性疾患 である。中枢神経系の様々な部位が傷害されるので、MSの臨床症状は多彩である。中枢神経 髄鞘 抗原を標的にした 自己免疫性疾患[…][bsd.neuroinf.jp]

さらなる症状