Create issue ticket

考えれる30県の原因 両側性肺門部リンパ節腫脹

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 小細胞肺癌

    はじめに Ⅲ期非小細胞肺癌に対する標準的治療は,化学放射線療法である。これまでの臨床試験は化学療法と放射線療法の併用時期の検討から始まり,放射線治療と同時に併用する薬剤レジメンの検討が主になされてきた。しかしながら,約20年の間,どのレジメンでも治療成績に大差はなく,治療成績の向上は見られなかった。一方,胸部照射については,通常分割照射法を用いた1回線量2Gy,総線量60Gyが長く用いられてきた。そこで,肺がん局所に対する治療強度を高めるべく,胸部照射に高線量を用いる第Ⅲ相試験が施行された。残念ながら,74Gyの高線量照射は60Gyの標準照射線量に比して予後が劣っていたという結果であった[…][innervision.co.jp]

  • 気管支原性癌
  • 再発小細胞肺癌

    UMIN試験ID UMIN000000828 最終情報更新日: 2016年4月5日 公開日:2007年9月20日 登録・組み入れ開始日:2007年9月1日 基本情報 試験簡略名 再発小細胞肺癌に対する塩酸ノギテカン療法(NGT療法)と、シスプラチン エトポシド イリノテカン療法(PEI療法)を比較する第III相試験 (JCOG0605) 試験進捗状況 参加者募集終了-試験継続中 試験実施地域 日本 実施都道府県 北海道、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、岡山県、愛媛県、福岡県、熊本県 対象疾患 再発小細胞肺癌[…][rctportal.niph.go.jp]

  • 結節性紅斑

    脚に出現した紅斑の例 結節性紅斑 (けっせつせいこうはん、 英 : erythema nodosum:EN )とは皮下の 脂肪細胞 の 炎症 ( 脂肪織炎 )。結節性紅斑は圧痛結節 [1] を引き起こし、一般に脛部に認められる。種々な病因に基づく急性炎症性の皮膚症状症候群(免疫反応)である。 目次 1 原因 2 症状 3 検査 4 治療法 5 出典 原因 [ 編集 ] 原因は不明で 細菌 、 ウイルス 、 真菌 などの感染アレルギーが主な原因と考えられている。このほか、薬剤によるもの、内臓の悪性腫瘍や、 ベーチェット病 、 結核 、 サルコイドーシス 、 クローン病[…][ja.wikipedia.org]

  • リンパ腫

    悪性リンパ腫(あくせいリンパしゅ、ML: Malignant Lymphoma)は、血液のがんで、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍である。 リンパ系組織は全身を巡っているため、肉腫及び癌腫の癌とは異なり、外科手術による切除は行わず(但し、腫大による圧迫などを緩和するため姑息手術を行うことはある)、主に放射線療法および化学療法を適応する。リンパ腫には「良性」はない為、必ず「悪性」ということになるが、日本語の病名としては明示的に「悪性リンパ腫」と呼び習わしている。診療科目は血液内科や耳鼻咽喉科などである。 悪性リンパ腫は、単一ではなく、多様な病型のリンパ系組織のがんの総称である[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 嚢胞性線維症

    嚢胞性線維症(CF症)(のうほうせいせんいしょう、Cystic[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺結核

    肺結核の話 呼吸器科科長 座安 清 肺結核と聞いても今の若い人にとってはなじみがない病気と考えられます。高齢者にとってはかつて肺病と言われて恐れられた病気です。宮城県の結核罹患率は結核の統計2007によると全国で2番目に低く、東北全体も東京や大阪に比べてはるかに低い結核罹患率であります。しかし米国と比較するとまだ3倍も高い状態です。また高齢者の結核の割合は年々増加しており、結核に対して免疫がない若年者に感染するという事態が今後増加すると考えられます。[…][minamitohoku.jp]

  • ホジキン病

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 ホジキン病 ホジキンびょう Hodgkin's disease 腫瘍, 悪性リンパ腫 の一種。臨床的には, 弛張熱 , 好酸球 増加,全身 リンパ節 の 腫大 などがみられる。特に頸部, 縦隔 ,腹腔,鼠径部の無痛性のリンパ節に初発することが多い。その他の症状としては,炎症と免疫不全がみられる。また,皮膚病変を伴わない皮膚のかゆみ,アルコール飲酒後のリンパ節の痛み,食欲不振などの症状もある。 脾臓 ,肝臓,骨髄も侵される。脾臓では小結節状の病巣が多数みられることが多く,これは 斑岩 脾と呼ばれている。組織学的には,単核および多核の 腫瘍 細胞,[…][kotobank.jp]

さらなる症状