Create issue ticket

考えれる107県の原因 両側性肺浸潤, 軽度の低酸素血症

  • 肺水腫

    血液ガスではpH 7.372、PCO 2 40.1 mmHg、PO 2 58.4 mHg、HCO3 22.7 mmol/Lと酸素が認められ、血液検査では、WBC 11,700/µL、CRP 0.60 mg/dLと軽度の炎症反応がみられるものの、明らかな心電図や心エコー検査の異常はなく、心原性肺水腫を示唆する所見はみられなかった。[imic.or.jp] 心筋自体は酸素には強く、正常心筋は PaO2 30mmHgにも耐える。血圧は、交感神経系が緊張することにより軽度上昇するが、有意な変化ではない。最も重要な心血管系の変化は、肺血管の収縮である。この反応が強いと高地肺水腫(HAPE)へと進展する。また、低酸素血症に対して脳血流は増加し脳圧が上昇する。[med.teikyo-u.ac.jp]

  • 肺炎

    抄録 過敏性肺炎のトピックスの1つは特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fibrosis:IPF)と慢性過敏性肺炎の鑑別である.慢性過敏性肺炎の過半数は鳥抗原が原因であるが,多くが潜在性に発症するために診断が困難である.抗原曝露を受ける環境として,鳥飼育以外に羽毛製品に留意する必要がある.慢性過敏性肺炎では特異抗体の陽性率が低く,スクリーニングとして抗原回避試験が有用である.適切な治療により予後の改善を期待できるので,早期の診断が望まれる.[doi.org]

  • 急性呼吸窮迫症候群

    概要 疾患のポイント: 急性呼吸促迫症候群(acute respiratory distress syndrome、ARDS)とは、重症肺炎や敗血症、誤嚥など先行する基礎疾患を持ち、発症1週間以内にPaO 2 / FIO 2 300 Torrの低酸素血症を認め、胸部X線上では両側肺浸潤影を認め、かつ心源性肺水腫を否定できる病態である。[clinicalsup.jp] 敦, 濱村 憲佑, 矢田 昌太郎, 今野 秀洋, 上山 和也, 窪 麻由美, 白井 洋平, 鈴木 千賀子, 野島 美知夫, 吉田 幸洋 順天堂大学医学部附属浦安病院産婦人科 急性呼吸窮迫症候群(acute respiratory distress syndrome:以下ARDS)は,肺へのさまざまな種類の損傷によっておこり,レントゲン上の両側肺浸潤[jsog-k.jp] 基準は,発症が1週間以内で,胸部X 線で両側肺浸潤影(胸水や無気肺,結節で説明がつかない),心不全や輸液過多で説明されない肺水腫(ARDSの危険因子がない場合は心エコーで心原性肺水腫を否定する)です.[kango-roo.com]

  • 肺塞栓症

    肺塞栓症(肺血栓塞栓症・肺梗塞症)とは 肺塞栓症とは、肺動脈に血栓(血液の塊)が詰まる病気です。 一般的な原因の一つとして、脚の静脈血栓(深部静脈血栓症)があり、この血栓が血流にのって心臓を通過し肺動脈へ運ばれ肺塞栓症をおこします。 このため、深部静脈血栓症と肺塞栓症は関係深い病気であり、合わせて「静脈血栓塞栓症」といいます。 肺塞栓症は死亡率が高く、かかりにくい生活を心がけるなど注意が必要です。 1.肺塞栓症の主な症状 息苦しい、胸痛(息の吸い込み時)、冷や汗、動悸、せき、血痰、胸部圧迫感、失神、ショック、下肢の腫れ・痛み、皮膚の変色 2.肺塞栓症の主な原因と予防[…][y-heart.adic.or.jp]

  • 肺線維症

    特発性肺線維症の国際診療ガイドラインが2018年9月1日に改定となりました。 今回は診断方法についてのガイドライン改定です。 改定の主な点は 1)胸部HRCT所見の分類の変更 patterns of UIP, (UIPパターン) probable UIP, indeterminate:(鑑別困難) alternate diagnosis :(他の診断) に変更となり、possible UIPが削除されたこと indeterminateはさらにUIPの可能性があるものとそうでないものに分類されているようです。 2)胸部HRCTでProbable、indeterminate、alternate[…][ameblo.jp]

  • 外因性アレルギー性肺胞炎

    胸部X線写真では粒状影がびまん性に分布し, 軽度酸素を認めた. BALでは, リンパ球, 特にOKT3, OKT4陽性細胞が増加し, OKT4/OKT8は上昇していた. 沈降抗体の測定では Thermoactinomyces vulgaris に強陽性で, 病理では肉芽腫性間質性肺炎の像が得られた.[doi.org] 薬物療法については、軽度の症状で日常生活に影響しない場合では無治療で経過をみることがあります。中等、重症では、発熱、呼吸困難、酸素症などがあるため、ステロイド薬の経口・点滴投与や酸素吸入が必要な場合もあります。 非結核性抗酸菌症 非結核性抗酸菌症は結核菌とライ菌以外の非結核性抗酸菌で引き起こされる感染症です。[klc-familyland.jp]

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 両側性肺浸潤
  • 肺気腫

    肺気腫(はいきしゅ、Pulmonary emphysema)とは閉塞性肺疾患の一種で肺胞壁の破壊的変化を伴う疾患である。気道や終末細気管支から末梢にかけての含気区域が異常に拡大する病態を示し、中年以降の男性に多く発症し、過度の喫煙との関係が深いとする説がある 。日本の成人男性の喫煙率は低下しているが、肺気腫は近年増加傾向にある。これは、喫煙することが男性の常識となっていた世代が発症しやすい年齢を迎えていることがその一因である。なお、進行は緩慢ではあるが、放置するとさらに肺性心に移行する。まれに肺気腫がさらに拡張しブラと呼ばれる状態になり、さらに重篤な呼吸器機能障害に陥る事もある。 加齢 -[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 両側性肺浸潤
  • 慢性閉塞性肺疾患

    慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん、COPD: Chronic Obstructive Pulmonary Disease)は、代表的な慢性呼吸器疾患の一つであり、肺胞の破壊や気道炎症が起き、緩徐進行性および不可逆的に息切れが生じる病気である。多くの場合、咳嗽や喀痰も見られる。 気管支喘息も閉塞性肺疾患の一つであるが、COPDとは異なる病態として区別されている。しばしば混同されているが、アレルギーを主病因とすること、通常は可逆的であること、好発年齢が若い、などの点でCOPDと異なる。COPDと喘息が合併する場合も知られている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 両側性肺浸潤
  • 睡眠時無呼吸

    睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん、Sleep apnea syndrome; SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる疾患である。 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)、中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)、これら2つの混合性睡眠時無呼吸症候群、この3つに分類される。OSAが最も一般的である 。OSAのリスクファクターには、肥満、家族の病歴、アレルギー、咽頭扁桃肥大(アデノイド)などがある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 両側性肺浸潤

さらなる症状