Create issue ticket

考えれる26県の原因 両側性内反足

  • 内反股

    両側の先天性の外観 1-1 発生頻度 我が国での発生頻度は約1000人に1人とされています。漸減傾向にあるとされていますがここ数年は横ばい状態です。当院では開院以来800人以上の未整復の脱臼の患者さんを治療してきましたが最近は先天股脱の新患は年間で約20人くらいです。[hyogo-kodomo-hosp.com]

  • 頸性脊椎炎

    /私と寛骨臼回転骨切り術(RAO)/股関節症の関節面は再生能を有する/両側同時TKAの発想/先天に対する変形矯正用装具としての改良型Denis Browne副子/変形性足関節症に取り組んだ40年の経験から [トピックス] 整形外科におけるPET-CT/整形外科とICT(infection control team)の連携/骨・感染術後感染予防[igaku-shoin.co.jp]

  • 前頭骨骨髄炎

    /私と寛骨臼回転骨切り術(RAO)/股関節症の関節面は再生能を有する/両側同時TKAの発想/先天に対する変形矯正用装具としての改良型Denis Browne副子/変形性足関節症に取り組んだ40年の経験から [トピックス] 整形外科におけるPET-CT/整形外科とICT(infection control team)の連携/骨・感染術後感染予防[igaku-shoin.co.jp]

  • 非退行性先天性血管腫

    歩行 spastic gait 《アヒル歩行》 広義には片麻痺歩行も含むが、狭義には、両側錐体路障害時の両下肢伸展、位で、あまり足をあげず、爪先と足の外縁で床をこすりながら歩く歩幅の狭い歩行をさす。アヒルのように身体全体を揺さぶりながら小刻みに歩く(先天性股脱児などでもみられる)。[jscf.org]

  • 先天性多発性関節拘縮症

    (図11, 12) 図11 図12 先天性内反足の治療を行った患児のスポーツ活動について 生後3ヶ月以内に神奈川県立こども医療センターを受診し、15歳以上まで経過を診た特発先天、50人(男40、女10)76足(両側26人、片側24人)を対象として、中学、高校でのスポーツ活動を調査しました。[kcmc.jp]

  • コンラーディ・ヒューネルマン症候群

    さて、本日は着床前診断の中でも単一遺伝疾患を診断できるPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法についてご紹介いたします。 PCR法とは? PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法は、DNA増幅とも呼ばれており、受精卵から取り出した1つの細胞から核を取り出し、DNAを増幅させて検査を行う方法です。ごく少量のDNAから、特定のDNAを選択的に大量に複製することができるので、特定の遺伝子疾患があるかどうかの識別を行うことが可能になります。 この検査は、優性疾患、劣性疾患を含む単一遺伝子疾患を診断するために用いられます。 単一遺伝疾患とは?[…][ivf.seesaa.net]

  • 脊髄硬膜炎

    歩行 spastic gait 《アヒル歩行》 広義には片麻痺歩行も含むが、狭義には、両側錐体路障害時の両下肢伸展、位で、あまり足をあげず、爪先と足の外縁で床をこすりながら歩く歩幅の狭い歩行をさす。アヒルのように身体全体を揺さぶりながら小刻みに歩く(先天性股脱児などでもみられる)。[jscf.org]

  • ムコ脂質症

    /私と寛骨臼回転骨切り術(RAO)/股関節症の関節面は再生能を有する/両側同時TKAの発想/先天に対する変形矯正用装具としての改良型Denis Browne副子/変形性足関節症に取り組んだ40年の経験から [トピックス] 整形外科におけるPET-CT/整形外科とICT(infection control team)の連携/骨・感染術後感染予防[igaku-shoin.co.jp]

  • 足の無指症

    両側の先天性の外観 1-1 発生頻度 我が国での発生頻度は約1000人に1人とされています。漸減傾向にあるとされていますがここ数年は横ばい状態です。当院では開院以来800人以上の未整復の脱臼の患者さんを治療してきましたが最近は先天股脱の新患は年間で約20人くらいです。[hyogo-kodomo-hosp.com]

  • 先天性頸椎脊椎管狭窄症

    先天 出生時から、 尖*1 (必発)・ 転 ・ ・ 凹*2 という4つの主な変形を伴う疾患。 両側 と 片側性 が、同じ割合でみられる。 治療はまず、 矯正ギプス による保存療法を行う。重症の場合は、1歳前後で 軟部組織の解離術 を行う。矯正が得られたあとも、成長が終わるまで何らかの装具が必要となる。[nurseful.jp]

さらなる症状