Create issue ticket

考えれる50県の原因 両側性バビンスキー反射

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低ナトリウム血症

    低ナトリウム血症(ていナトリウムけっしょう、英: Hyponatremia)とは、何らかの原因により水の調節機能が正常に働かず血中のナトリウムの濃度が低下してしまう電解質代謝異常症のひとつで、臨床的には血中ナトリウム濃度が 136(mEq/L)未満になることを言う。つまり、体内総水分量(TBW)が過剰な状態である。 臨床的には抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)とそれ以外の非SIADHに分けられる。腎臓は50mmHg/kgH2O[…][ja.wikipedia.org]

  • 頸動脈狭窄症

    頸動脈狭窄症(頚動脈狭窄症、けいどうみゃくきょうさくしょう、英: Carotid artery stenosis)は虚血性脳血管障害の原因として重要であり、また全身動脈硬化の指標としても重要である。 吹田研究では面積狭窄率25〜50%の頸動脈狭窄症の患者の頻度は男性で6.5%、女性で3.0%であった。面積狭窄率で50%を超える頸動脈狭窄症の頻度は男性で7.9%であり女性で1.3%であった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 脳卒中

    脳卒中センター 脳卒中センターのご案内 当院では、平成20年7月1日より脳卒中センター(38床)を開設致しました。 脳卒中とは 脳卒中とは、脳の血管が急に詰まったり破れたりして起こる病気のことです。具体的には、詰まる病気としては脳梗塞・一過性脳虚血発作(TIA)、破れる病気としては脳内出血・くも膜下出血が挙げられます。脳のどの部位が病気になるかにより、手足や顔の麻痺・しびれ、言語障害、視覚異常、めまい、頭痛など多彩な症状が出ます。 脳卒中の存在は大昔から知られており、「 卒 然として(突然に)、邪 風 (悪いカゼ)に 中[…][hoshigaoka.jcho.go.jp]

  • 脳血栓症

    抄録 Endothelin-1 (ET-1) は血管収縮機構1を介して, 脳血管障害の病態生理に密接に関与している.また, Thrombornodulin (TM) は, 内皮より逸脱した血中微量蛋白質である.慢性期脳血栓症25名を対象として, 選択的cAMP phosphodiesterase阻害剤であるCilostazol 200mgの2週間投与前後における血中ET-1, TM値の変動について検討した.血中ET-1値は, 投与前2.16 0.68ng/m l を示し, 投与後1.75 0.80pg/m l へと有意に減少した (p 糖尿病合併群における血中TM値の基礎値 (3.18 0.70FU/m l )[…][jstage.jst.go.jp]

  • 前大脳動脈梗塞

    ホーム 病院のご案内 受診される方へ 診療科・部門のご案内 入院・ご家族の方へ 医療関係者の方へ 基本構想・病院長ご挨拶・医師一覧 等 各診療科・専門外来・部門について 外来診療のご案内・外来担当医一覧表 等 看護部の理念・病棟案内・看護師のご紹介 等 医師・看護師・コメディカル 等 採用情報一覧 当院の主な医療機器・調達情報・各種委員会情報 等 重要なお知らせ 一覧 寒い時期に急増!ヒートショックにご注意! インフルエンザにご注意ください! 新着情報 一覧 2019年4月24日 受診される方へ 鳥取県難病相談・支援センター鳥取 の情報を更新しました 2019年4月8日 医療関係者の方へ[…][tottori.hosp.go.jp]

  • 原発性進行性多発性硬化症

    基本概要 ホームページはこちら 診療科紹介 外来担当医表 専門医のご紹介 研究と教育 診療科紹介 脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経や筋肉の病気の診断と治療を行っています。 頭痛、物忘れ、性格の変化、理解力の低下、気を失う、目が回る、喋りにくい、手足に力が入らない、しびれる、痛む、筋肉が細る、足が前に出ない、立てない、転びやすい、ふらつく、手足が震えたり勝手に動く、顔や手足がけいれんするなどの症状です。 このような症状が出たときには脳神経内科を受診してください。 主な対象疾患 主な対象疾患[…][hosp.kyushu-u.ac.jp]

  • 脳幹梗塞

    脳梗塞と深い関係のある さまざまな病気 脳幹梗塞 人間の脳の最も中心部にある脳幹は、脳に12種類あるという脳神経のうちの10種類が集まっている、最重要部分と言えます。脳幹に梗塞が起きた場合の症状の特徴や治療法、後遺症について、まとめて解説します。 脳幹梗塞とは 脳幹梗塞は、人間の脳の中でも脳幹と呼ばれる部分へ続く血管で血栓や狭窄ができてしまって起こる脳梗塞です。 脳幹は脳のちょうど真ん中に位置していて、脳を支えている小さなキノコのような形の部分です。下から順に延髄、橋(きょう)、中脳の3つからできていて、それぞれの部分に人間の思考や活動の原点となる脳神経の中枢があります。[…][braininfarct-nav.com]

  • 淡蒼球錐体症候群

    錐体外路 症状(すいたいがいろしょうじょう)とは、錐体外路の障害で生じた症状である。錐体外路は、錐体路以外の全ての中枢神経系の経路のことで姿勢・ 運動 に対する基本的かつ無意識的な運動をコントロールし、運動が円滑に行うことができるように筋緊張などを調節している。自分の意思とは関係なく症状が出現し、 不随意運動 による症状と筋緊張の異常を認め、明らかな運動 麻痺 が無いことが特徴である。 大脳基底核とは大脳深部中央に存在する神経核の集まりで、錐体外路の中継点である。被殻、尾状核、淡蒼球、視床下核などから構成され、被殻と尾状核を合わせて線条体、被殻と淡蒼球を合わせてレンズ核と言う。[…][kango-roo.com]

  • 頸部脊椎症

    頸部脊椎症 Healthline Image 概要 通常、頸部脊椎症とは、 加齢と共に現れる症状で、首の関節に影響を及ぼす症状のことです。頸部脊椎症は、頚椎の軟骨や骨の磨耗の結果として、起こります。この病気は、主に加齢のため起こりますが、その他の要因によっても起こることがあります。この病気はまた、頚椎変形性関節症と首の関節炎とも呼ばれています。 メイヨ・クリニックによると、この症状は65歳以上の90%以上に見られますが、程度が非常に軽く症状に気がつかない場合もあります。(メイヨ・クリニック)[…][msn.com]

さらなる症状