Create issue ticket

考えれる2,188県の原因 両側の骨盤帯虚弱, 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下

つまり: 両側の骨盤帯虚弱, 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下

  • リウマチ性多発筋痛症

    典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。[msdmanuals.com]

  • 眼咽頭型筋ジストロフィー

    手足の筋力低下もあり、主に躯幹に近い筋にみられる。きわめてまれに手足の遠位が侵されることがある。手足の筋の侵され方も軽く、また呼吸筋や心筋が侵されないため天寿を全うするといわれている。眼瞼下垂が強いとき、嚥下が困難なときは手術により良い結果を得ている。 (福祉用具トップページへ)[riha.hariko.com] 文字通り、物を飲み込んだり声を出すのに欠かせない喉の筋肉群である咽頭筋(いんとうきん)に障害が生じる疾病ですが、眼筋や舌の萎縮も半数以上にみられ、手足の筋力低下に広がることもあります。ただ、呼吸するのに必要な呼吸筋や、心臓を正しく拍動させるために収縮する心筋が侵されないので致命的な状況をもたらすことはありません。[gankenkasui.biz] 手足の筋力低下もあり、それは主に躯幹に近い筋にみられます。きわめてまれに手足の端のほうが侵されることがあります(この場合は眼咽頭遠位型ミオパチー( 遠位型ミオパチーページの眼咽頭遠位型ミオパチー参照) )との鑑別が必要となります。手足の筋肉の侵され方も軽く、また呼吸筋や心筋が侵されないので天寿を全うするといわれています。[jmda.or.jp]

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー

    これらの筋ジストロフィーは、筋肉の機能に関与している遺伝子の異常によって発生し、小児期や青年期に筋力低下を引き起こします。男児に発生する場合がほとんどです。 どちらの筋ジストロフィーも、筋力低下を特徴とします。 診断は、血液および筋肉組織サンプルの検査結果に基づいて下されます。[msdmanuals.com] 通常、DMDは1 4歳の小児期早期に発症し、一般に、歩き始めるのが遅い、立ち上がるのが困難、走ったり階段を上ったりするのが困難、などの筋力低下の症状が見られます 4 。筋変性が進行すると、平均で10代前半に歩行能力が失われます。呼吸筋の筋力低下により、最終的には人工換気補助が必要になり、また、心筋低下のため、心筋症につながります。[pfizer.co.jp] (外部のサイトを開きます) (3)呼吸機能低下、関節拘縮の予防には早期からのリハビリが大切 デュシェンヌ型では筋力低下、関節拘縮が進行するので、それを少しでも防ぐためのリハビリテーションが行われ、効果をあげています。[jmda.or.jp]

  • ステロイドミオパチー

    抄録 【はじめに】 皮膚筋炎(delmatomyositis:DM)は対称性の四肢近位筋・頸部屈筋の筋力低下、筋痛を主症状とし、Gottron兆候やヘリオトープ疹などの特徴的な皮膚症状を伴う慢性炎症性筋疾患のひとつである。[jstage.jst.go.jp] またこの頃から四肢の筋力低下が顕著となり、ステロイド大量投与が原因の、ステロイドミオパチーであると診断されました。 この方は生まれつきの変形股関節症や、気管支喘息の1年前に発症した梨状筋症候群など、複数の障害をお持ちでした。[kyotoekimae-sr.com] 対策:減量と共に回復するが、筋力の低下を防ぐための当該筋の軽度のリハビリや転倒による骨折を予防する 治療としてのステロイド投与で、近位筋優位の筋力低下をみることがあります。 ステロイド投与開始して3ヶ月以降に症状が出現することが多いのですが、投与量、投与期間と症状は必ずしも一致しません。[ameblo.jp]

  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    LEMS症状はの90%以上は体幹、四肢筋、特に下肢の筋力低下で発症し歩行障害が生じる。下肢の筋力低下は筋の強収縮後の筋力改善(post-tetanic potenciation)がみられる。そのため歩行開始時には下肢筋力低下がみられるが、歩いているうちに改善すると訴える。[ja.wikipedia.org] IIa 四肢・体軸 口腔・咽頭・呼吸筋の筋力低下 IIb 四肢・体軸 口腔・咽頭・呼吸筋の筋力低下 Class III 眼以外の筋の中等度の筋力低下 眼の症状の程度は問わない。[nanbyou.or.jp] 筋力低下はあるが、筋萎縮はない 抗AchR抗体 抗AchR抗体によって、神経筋接合部でのAch伝達が阻害される。[sapmed.ac.jp]

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    寒がり、疲れやすい、動作が鈍い 甲状腺腫大、のどの違和感、ボーッとしたような顔 息切れ、むくみ、心肥大 食欲低下、舌が肥大、便秘 脱力感、筋力低下、肩こり、筋肉の疲れ コレステロール上昇、肝障害、貧血 月経不順 原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、偽性副甲状腺機能低下症、高カルシウム血症、低カルシウム血症などがあります.[akasakamiura-clinic.com] このホルモンのバランスが崩れると、皮膚の痒み、倦怠感、食欲不振、筋力低下など様々な症状が出現し、胃潰瘍や骨粗しょう症、骨折、尿路結石症を引き起すこともあります。[kitasaito.jinyukai.jp] 慢性腎臓病に伴う場合の症状としては、骨・関節痛、骨塩量の減少や骨格の変形、血管・心臓・副甲状腺・肺・消化管などの石灰化、筋力低下、うつ状態、不眠、集中力低下が特徴的です。治療として副甲状腺ホルモンの分泌を抑制するシナカルセトの投与が行われています。 和久医師による内分泌関連論文 1. [kobatake.or.jp]

  • 脊髄麻痺性灰白髄炎

    重篤な症状としては、発熱、頭痛、項部硬直や背中の硬直、深部の筋肉痛などがあり、ときに筋力低下と麻痺がみられます。 症状と便の培養検査の結果に基づいて、診断が下されます。 完全に回復する場合と、永久的な筋力低下が残る場合があります。 ワクチンの定期予防接種で感染を予防できます。 ポリオを完治させる方法はありません。[msdmanuals.com] 脳神経支配の筋肉の筋力低下が見られます。食物を飲み込みにくくなったり、発音しにくくなったり、呼吸不全を起こしたりします。脊髄麻痺・球麻痺型は、19%を占めます。脊髄麻痺と球麻痺とが見られる型です。 弛緩性の麻痺(麻痺型)を起こした場合の致死率は、こどもでは2 5%ですが、大人では、15 30%とより高くなります。[izaki-office.jp] 多くは何らかの先行感染を伴い、手足や呼吸筋などに筋緊張の低下、筋力低下、深部腱反射の減弱ないし消失、筋萎縮などの急性の弛緩性の運動麻痺症状を呈する。発症機序が同一ではないが、同様の症状を呈するポリオ様麻痺、急性弛緩性脊髄炎、急性脳脊髄炎、急性脊髄炎、ギラン・バレー症候群、急性横断性脊髄炎、Hopkins症候群等もここには含まれる。[pref.okayama.jp]

  • 末梢神経障害

    慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp] 運動神経が障害されますと,身体のバランスを上手く保てないため歩行や立っていることも難しくなることがありますし,時に筋力低下をもたらすことがあります。 感覚神経障害では,チクチクする感覚,しびれ,焼けつくような痛み,振動や温度が感じられない感覚が鈍ることなどもみられます。[clinicalscience.info] 炎症性疾患や糖尿病などにより末梢神経が障害されると、手足の筋力低下、しびれや痛み、便秘などの症状が現れ、日常生活に支障を来すことがあります。重症例では排尿障害や不整脈が起こることもあるという末梢神経障害の原因と症状について、国立精神・神経医療研究センター病院神経内科医長の岡本智子先生にお伺いしました。 末梢神経とは?[medicalnote.jp]

    不足: 両側の骨盤帯虚弱
  • ニューロパチー

    末梢神経障害の原因により障害される感覚の種類には特徴がある。 〈運動症状〉 通常,下肢優位・末梢優位の,左右対称性の四肢筋力低下を呈する。 病初期には下肢のみに症状がみられることもある。前脛骨筋の筋力低下により下垂足となり,膝を高く上げる歩行(鶏歩)を呈する。 腱反射は減弱 消失するが,アキレス腱反射が最も早期から低下することが多い。[jmedj.co.jp] 早期発見のポイント 筋力低下、感覚障害のパターンや進行形式が多様であること、また末梢神経が障害される病気はほかにもたくさんあり、鑑別すべき病気も多いため、診断は容易ではありません。そのため、 末梢神経障害 に詳しい神経内科医を受診し、CIDPと診断されたら治療方針を決定してもらうのが望ましいです。[saiseikai.or.jp] 体性神経線維に障害が起きた場合には,手袋靴下型の感覚消失および遠位筋の筋力低下を来すことがある( 末梢神経系疾患および運動単位疾患 )。 診断 診断は自律神経障害( 自律神経系の概要 : 評価 )と末梢神経障害の具体的原因(例,糖尿病,アミロイドーシス)の証明に基づく。[msdmanuals.com]

    不足: 両側の骨盤帯虚弱
  • 多発性神経炎

    近縁語に ニューロパシー があるが,これは 末梢神経障害 の総括的な名称である。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 百科事典マイペディア の解説 多発性神経炎【たはつせいしんけいえん】 末梢神経が2ヵ所以上同時に冒された病気。 神経炎 の一種。[kotobank.jp] 症状 ・手足のしびれ ・脱力 ・筋力低下 ・歩行困難 ・顔面神経麻痺 治療 免疫ブログリン、血漿交換で回復を促進します。呼吸器感染症が併発した場合は、抗生物質投与や手術をします。筋力低下等、後遺症が出る場合があります。 検査 診断は神経内科の医師が行います。[b-net.tv] 慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー(CIDP) 2ヶ月以上かけてゆっくりと進行する末梢神経障害で、有病率は10万人あたり1 2人です。男女比は3:2で男性に多い傾向があります。 CIDPの症状・経過 四肢の筋力低下としびれ感が徐々に進行します。一方で、呼吸障害や自律神経障害が起こることはめったにありません。[utanohosp.jp]

    不足: 両側の骨盤帯虚弱

さらなる症状

類似した症状