Create issue ticket

考えれる17県の原因 両側の副腎腺腫

  • クッシング症候群

    副腎シンチグラフィー:コルチゾール産生腺腫では腫瘍側の集積亢進と対側の抑制。ACTH依存性クッシング症候群では両側の集積亢進。[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    原発性アルドステロン症 副腎の腫瘍(大半は良性腺腫)や、両側副腎全体が肥大する過形成によりアルドステロンというホルモンが過剰につくられてしまう病気です。アルドステロンは脱水を防ぎ、血液中の電解質バランスを調整しています。[akaicho-clinic.com]

  • 原発性甲状腺機能亢進症

    原発性アルドステロン症 副腎の腫瘍(大半は良性腺腫)や、両側副腎全体が肥大する過形成によりアルドステロンというホルモンが過剰につくられてしまう病気です。アルドステロンは脱水を防ぎ、血液中の電解質バランスを調整しています。[akaicho-clinic.com] 両側副腎原発悪性リンパ腫の1例. 日本臨床外科学会雑誌74(9):2604 2609、2013 9. 甲状腺内副甲状腺腺腫の1例. 日本臨床外科学会雑誌75(8):2114 2119、2014 10. 術前管理に苦慮した肺結核併存原発性アルドステロン症の1例.[kobatake.or.jp]

  • 青色母斑

    通常、心粘液腫に対しては外科的切除、PPNADによるクッシング症候群に対しては両側副腎摘除、皮膚及び乳房粘液腫に対しては外科的切除、GH産生下垂体腺腫に対しては外科的切除もしくはソマトスタチンアナログの併用が行われる。[nanbyou.or.jp]

  • 医原性クッシング病

    両側副腎腫瘍 による クッシング症候群 の 種類 両側副腎腫瘍 による クッシング症候群 の種類は、 両側副腎皮質腺腫: 両側の単発腫瘤,腫瘤が被膜で覆われる,非腫瘍性副腎組織に著明な萎縮 両側副腎皮質大結節性過形成[Primary macronodular adrenal hyperplasia (PMAH)]: 結節部は被膜で被われず[nagasaki-clinic.com] 下垂体腺腫が原因のクッシング病の場合も、下垂体腺腫を切除します。目安としては1年 2年程度であるといわれています。[nagasaki-clinic.com]

  • 下垂体腺腫

    副腎シンチグラフィー:コルチゾール産生腺腫では腫瘍側の集積亢進と対側の抑制。ACTH依存性クッシング症候群では両側の集積亢進。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺腺腫

    両側副腎原発悪性リンパ腫の1例. 日本臨床外科学会雑誌74(9):2604 2609、2013 9. 甲状腺内副甲状腺腺腫の1例. 日本臨床外科学会雑誌75(8):2114 2119、2014 10. 術前管理に苦慮した肺結核併存原発性アルドステロン症の1例.[kobatake.or.jp]

  • 副腎皮質腺腫

    過剰のアルドステロンを片方の副腎だけが作るもの(多くは良性腫瘍の「腺腫」)と両側副腎が作るもの(多くは副腎の細胞が増えて腫れた「過形成」)の2つがあります。 通常は遺伝しません。本態性高血圧(原因がわからない高血圧)と比べると、脳卒中、心血管疾患、腎疾患などが多いです。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 局在診断としては、大きく分けて、1.片側あるいは両側副腎に腫瘍がある例(副腎性クッシング症候群)、2.下垂体にACTH(副腎皮質刺激ホルモン)を過剰に作る腺腫がある例(クッシング病)、3.下垂体以外にACTHを過剰に作る腫瘍が異所性にある例(異所性ACTH症候群)の3つの病気の型に分けられます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 副腎出血

    原発性アルドステロン症では、左右どちらか片側の副腎腺腫(良性腫瘍)がありそこからアルドステロン過剰を認める場合と左右両側副腎からアルドステロン過剰を認める場合があり、本検査で前者であると確認された時は、アルドステロンを過剰に作っている片側の副腎を手術で摘出することがすすめられます。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 副腎皮質刺激ホルモン-分泌下垂体腺腫

    両側副腎腫瘍 による クッシング症候群 の 種類 両側副腎腫瘍 による クッシング症候群 の種類は、 両側副腎皮質腺腫: 両側の単発腫瘤,腫瘤が被膜で覆われる,非腫瘍性副腎組織に著明な萎縮 両側副腎皮質大結節性過形成[Primary macronodular adrenal hyperplasia (PMAH)]: 結節部は被膜で被われず[nagasaki-clinic.com] 下垂体腺腫が原因のクッシング病の場合も、下垂体腺腫を切除します。目安としては1年 2年程度であるといわれています。[nagasaki-clinic.com]

さらなる症状