Create issue ticket

考えれる63県の原因 丘疹性皮

次の結果を表示: 丘疹性皮
代わりに検索: 丘疹性皮疹

  • 酒さ

    ミノサイクリン 45 mg (抗生物質)が 膿疱性酒さ に有効であるという質の低い証拠がある。 菌が薬剤耐性を持つ場合には、膿疱性にイソトレチノインが使われる場合があり、その場合には催奇形性のため避妊が必要となる。 ブリモニジン(α遮断薬)の塗布薬も治療薬として使用される(日本では未承認)。[ja.wikipedia.org] 鼻の先・頰 ほお などが赤くなり、脂ぎって、にきび状の きゆうしん ・膿疱 のうほう を生じる。赤鼻。酒皶鼻 しゆさび 。 出典 三省堂 大辞林 第三版について 情報[kotobank.jp] 第2度になると酒皶性 痤瘡 (ざそう)ともいい,鼻,ほお,額,おとがいなどに赤いが多数生じ,膿疱もまじってくる。 自覚症状 としては灼熱感があるがかゆみはさほど強くない。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報 大辞林 第三版 の解説 しゅさ【酒皶】 慢性皮膚疾患の一。[kotobank.jp]

  • 皮膚炎

    湿疹の三角形は、湿疹として生じる固の形態(紅斑、漿液、小水疱、膿疱、びらん、痂、落屑、治癒)を、通常とりうる経過を加えて表現した図である。慢性化するすなわち治癒しなかった場合は皮膚の肥厚、苔癬化を呈する内容も加えられている。経過が一定ではなく様々なパターンをとることが分かる。一方、病因論的に見ると典型的湿疹は接触皮膚炎である。[ja.wikipedia.org] 似た言葉に苔癬 という言葉があるが、これは一定範囲内のの集簇であり苔癬化とはまったく異なる概念である。扁平苔癬などが有名である。 まとめとして語句を整理する。 紅斑:炎症の始まりとして、血流が亢進した状態。 滲出性:表皮の炎症によって海綿状態がおこった状態。 小水疱:滲出性の内部に、より滲出液が貯留する状態。[ja.wikipedia.org] 細静脈から滲出が進み皮膚が膨らんでくる、この状態を滲出性 という。さらに滲出が進むと小水泡となる。炎症細胞の量が増えてくれば膿疱 となる。膿疱は細菌性皮膚炎でも特徴的だが、細菌がいなくても炎症細胞が増えれば起こしえる。やがて大きくなった水泡や膿疱は破れて湿潤(またはびらん)となる。[ja.wikipedia.org]

  • 膣カンジダ症

    抄録 産婦人科の観点から,直腸肛門に及ぶ,もしくは直腸肛門に原発する性感染症について,性器カンジダ症,赤痢アメーバ症におけるアメーバ性大腸炎,梅毒における初期硬結,硬性下疳,扁平コンジローマ,性器ヘルペス,尖圭コンジローマ,ボーエン様症の概要,診断,治療を述べた.これら性感染症の治療に臨むにあたり,他の性感染症も合併している可能性を十分[doi.org]

  • 尋常性ざ瘡

    および膿疱は直径2 5mmの赤色病変である。は比較的深い病変である。膿疱はよりも浅い病変である。 結節はよりも大きくて深く,より充実性である。このような病変は炎症を来した 類表皮嚢胞 に似るが,真の嚢腫構造は認められない。 嚢腫は化膿した結節である。まれに,嚢腫が深部膿瘍を形成することがある。[msdmanuals.com] 好中球、リンパ球による炎症を生じ炎症である赤色や内部に膿が溜まった膿疱へと移行する。囊腫壁が破裂すると皮下膿瘍や硬結となる。その後、囊腫を生じた部分に線維化が起きると、瘢痕やケロイドを生じる事もある。 ※ MSDマニュアルから引用し改変。[ja.wikipedia.org] 資料11 陰茎包皮にできたボーエン様症。性感染症の一つ。[dermatol.or.jp]

  • 連圏状ひ糠疹

    持久性隆起性紅斑 アナフィラクトイド紫斑 ステロイド紫斑 慢性色素性紫斑 皮膚アレルギー性血管炎 過敏性血管炎 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann症候群) 蕁麻疹様血管炎 結節性多発動脈炎 多発血管炎性肉芽腫症 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 巨細胞性動脈炎 リベド クモ状血管腫 下肢静脈瘤 血栓性静脈炎 モンドール病 悪性萎縮性[ja.wikipedia.org]

  • クロンカイト・カナダ症候群

    カウデン症候群:消化管にポリポーシスが発症し、顔面に小、四肢に角化性、口腔粘膜に乳頭腫が見られる疾患。[ja.wikipedia.org]

  • 猩紅熱

    皮疹は紅色の点状ないし粟粒大の小で、頸部、腋窩、鼠径部などから始まり、体幹へと拡大します。顔面では、両頬部に紅斑が見られ、口周囲は白く抜け、口角炎を伴います。皮疹は全身に広がった後、5 6日で消退し始め、1週間目ごろから体幹・四肢は色素沈着、粃糠様落屑を伴い、掌蹠は膜様鱗屑を伴います。[dermatol.or.jp]

  • 末梢神経障害

    被角血管腫は赤紫色の班点状であり下腹部、殿部、会陰部、肘などに好発する。症状は学童期に始まる四肢の疼痛や発熱、低汗症が極めて特徴的である。四肢の疼痛は発熱時や高温環境下で誘発され、数分から長いもので数週間続く。年齢が進むにつれ腎臓や心血管系にセラミドトリヘキソースが蓄積し腎不全、心筋障害、血栓症などをおこし。これらが死因となる。[ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    紅色の、結節で、鱗屑や血管拡張を伴うことが多い。顔面、四肢に好発するが顔面では鼻周囲に生じることが多い。組織像では真皮全層に大型の結節が認められる。 局面型水平方向に伸展する病型であり環状の形態を示す場合と斑状の病変とがある。環状病変が多い。環状病変は辺縁がやや堤防上に隆起し、中央部は正常皮膚色でやや萎縮性である。[ja.wikipedia.org] 紅褐色の、結節、あるいはそれらが癒合した病変であることが多い。外傷を受けやすい、膝蓋、肘、顔面に好発する。組織学的には類上皮細胞性肉芽腫に加えて偏光顕微鏡で病変部に重屈折性を示す異物が認められる。 皮膚サルコイド肉芽腫を認めサルコイドーシスに特異的な病変である。結節型、局面型、びまん浸潤型、皮下型、その他のまれな病型に分類される。[ja.wikipedia.org]

  • うっ滞性皮膚炎

    持久性隆起性紅斑 アナフィラクトイド紫斑 ステロイド紫斑 慢性色素性紫斑 皮膚アレルギー性血管炎 過敏性血管炎 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(Mucha-Habermann症候群) 蕁麻疹様血管炎 結節性多発動脈炎 多発血管炎性肉芽腫症 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 巨細胞性動脈炎 リベド クモ状血管腫 下肢静脈瘤 血栓性静脈炎 モンドール病 悪性萎縮性[ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状