Create issue ticket

考えれる1,322県の原因 丘疹性皮疹

つまり: 丘疹性皮

  • 関節炎

    III型アレルギーの機序で感冒後に、関節炎がおこるヒトパルボウイルスB19によるもの、HBV、HCV、風疹、HIVなどによるものもここに含まれる。 淋菌性関節炎淋菌性関節炎は遊走性単関節炎の他に、多関節炎の形態もとる。 細菌性心内膜炎 慢性多関節炎の早期慢性多関節炎の早期は急性多関節炎のように見えることもある。[ja.wikipedia.org] これは播種性淋菌感染症であり移動性の関節痛、主に四肢に出現する、手や足などの腱鞘炎を特徴とする。淋菌はチョコレート寒天培地での培養が必要なため培養検査で注意が必要である。セフトリアキソンで7〜10日間治療を行う。 経過痛風は6〜12時間でピークに達する急性の単関節炎で、下肢の関節、特に第1MTP関節に多くみられる。[ja.wikipedia.org]

  • 乾癬

    ご自身で乾癬のに気付かれていない場合や、出現前の方などは病気がはっきりせず、診断に時間がかかることがあります。 診断には下記の分類基準が用いられることが多いです。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 慢性期には、尋常乾癬のや、手足の再発膿疱の他、非特異的紅斑・疹など多様な症状を呈する。急性期皮膚症状が軽快しても、強直性脊椎炎を含むリウマトイド因子陰性関節炎が続くことがある。 4.治療法 エトレチナートとシクロスポリンはいずれも第一選択薬である。[nanbyou.or.jp] どんどん表皮が増殖し、角化が亢進している状態によって、白いかさぶた状のを多く生じる。 病態形成にT細胞性自己免疫系が関与する可能性が示唆されている。[ja.wikipedia.org]

  • 蕁麻疹

    しかし、繰り返しの抗原被曝により肥満細胞が活発になりの出現・消腿が1ヶ月以上も続くことがあり、その場合、慢性蕁麻疹ということになる。なお、接触性皮膚炎(かぶれ)でみられる湿疹は、IV型アレルギーであり、機序が異なる。[ja.wikipedia.org] ・中枢神経症状・関節症状を3主徴とする。Muckle-Wells症候群蕁麻疹と腹痛が1〜2日続き、それを周期的に繰り返すのが特徴。家族性寒冷蕁麻疹生後〜10歳位までに発症。寒冷によって誘発され、発熱・関節痛を伴う発疹の出現がある。1日以内には消褪する。[ja.wikipedia.org]

  • 帯状疱疹

    知覚神経の走行に一致して、出現の数日前から違和感や疼痛が出現することが多い(と同時、或いは出現後の事もある)。その後一般に帯状に紅色・浮腫紅斑・紅暈を伴う小水疱が列序性に出現し、疼痛やそう痒感を伴う。神経痛・神経障害のみでが出ないという病態(zoster sine herpete)もある。[ja.wikipedia.org] 髄液検査にて水痘帯状疱疹ウイルスを認めたが, を認めないことから無疹性帯状疱疹に伴う脊髄炎と診断した. 免疫能が低下しているとが現れにくいといわれており, そのため診断に苦慮することが多い. 本例は糖尿病, 肝硬変, 腎不全などによる免疫不全状態がその要因と考えられた.[doi.org] 帯状疱疹関連痛(たいじょうほうしんかんれんつう)とは、帯状疱疹に伴う神経痛様疼痛の総称で、が生じている最中の激しい疼痛と、治癒後に継続する痛みである。なお、発症後1〜3カ月を越えて残る疼痛は、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる。これは急性期の炎症によって、神経に強い損傷が生じたことで起きる。[ja.wikipedia.org]

  • 筋炎

    皮膚筋炎では、手指関節背側、肘、膝の伸側などに見られる紅色・角化紅斑(ゴットロン徴候)、手指関節背側の角化のつよい(ゴットロン)、上眼瞼の浮腫紅斑(ヘリオトロープ疹)、胸や肩に広がる紅班(ショール徴候)などの特徴的な皮膚症状を伴う。こうしたはかゆみを伴うこともある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 上まぶたのうす紫色の発疹はヘリオトロープ疹と呼ばれ特徴的なです。手指の関節の背側のかさかさしたはゴットロン徴候と呼ばれ、これも特徴的なです。ひじ関節、膝関節の伸側にも同じようなが現れることもあります。爪周囲にもや小さな血管が詰まった梗塞などさまざまな症状を起こします。[shinbashi-allergy.jp] 発疹では、まぶたのはれぼったい紫紅色の(ヘリオトロープ疹)、手指関節背面の皮がはげた紅色の(ゴットロン徴候)、肘や膝などの関節背面の少し隆起した紅色のなどが現れます。レイノー現象とは寒冷時に手指が白くなり、じんじんしびれたりする症状です。また、悪性腫瘍を合併することがあり、とくに高齢者のDMで注意が必要です。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 皮膚筋炎

    3)活動(皮膚筋炎に特徴的な疹、浮腫あるいは角化性の紅斑、脂肪織炎*が複数部位に認められるもの)がある。 *新生または増大する石灰沈着を含む 4)活動性の間質性肺炎を合併している(その治療中を含む。)。[nanbyou.or.jp] 皮膚筋炎では、手指関節背側、肘、膝の伸側などに見られる紅色・角化紅斑(ゴットロン徴候)、手指関節背側の角化のつよい(ゴットロン)、上眼瞼の浮腫紅斑(ヘリオトロープ疹)、胸や肩に広がる紅班(ショール徴候)などの特徴的な皮膚症状を伴う。こうしたはかゆみを伴うこともある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 上まぶたのうす紫色の発疹はヘリオトロープ疹と呼ばれ特徴的なです。手指の関節の背側のかさかさしたはゴットロン徴候と呼ばれ、これも特徴的なです。ひじ関節、膝関節の伸側にも同じようなが現れることもあります。爪周囲にもや小さな血管が詰まった梗塞などさまざまな症状を起こします。[shinbashi-allergy.jp]

  • 疥癬

    結節の症例写真 3.紅斑(赤い) 紅斑は、胸部などに個々のがばらまいたように点在します。顔面や背中には少ない傾向にあります。また、丘疹からヒゼンダニが検出されるのは稀です。 紅斑性小丘疹の症例写真[maruho.co.jp] 疥癬に特徴的なは 疥癬トンネル(小隆起茶色調、曲がりくねった線状)で、手首の屈側、手掌尺側、指、指間、肘、アキレス腱部などに認められる。その他、疹、小水疱、 痂、小結節なども見られる。陰嚢部には小結節を認めることがある。また、下腹部や背部、腋窩などにも丘疹を認めることもあるので、全身くまなく観察する ことが必要である。[nih.go.jp] 疥癬の症状 通常疥癬の典型的な症状は、 ① 腹部、大腿内側などに散発する粟粒大の紅斑(図1)、 ② 手掌、指間、手関節部屈側、足側縁、趾間、臍などに生じる線状の鱗屑を伴う(疥癬トンネル)(図2)、 ③ 陰嚢、陰茎、大陰唇、臀部、腋窩などの小豆大の結節(図3)、である。[bdj.co.jp]

  • 多発性筋炎

    3)活動(皮膚筋炎に特徴的な疹、浮腫あるいは角化性の紅斑、脂肪織炎*が複数部位に認められるもの)がある。 *新生または増大する石灰沈着を含む 4)活動性の間質性肺炎を合併している(その治療中を含む。)。[nanbyou.or.jp] 皮膚筋炎では、手指関節背側、肘、膝の伸側などに見られる紅色・角化紅斑(ゴットロン徴候)、手指関節背側の角化のつよい(ゴットロン)、上眼瞼の浮腫紅斑(ヘリオトロープ疹)、胸や肩に広がる紅班(ショール徴候)などの特徴的な皮膚症状を伴う。こうしたはかゆみを伴うこともある。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 上まぶたのうす紫色の発疹はヘリオトロープ疹と呼ばれ特徴的なです。手指の関節の背側のかさかさしたはゴットロン徴候と呼ばれ、これも特徴的なです。ひじ関節、膝関節の伸側にも同じようなが現れることもあります。爪周囲にもや小さな血管が詰まった梗塞などさまざまな症状を起こします。[shinbashi-allergy.jp]

  • 歯齦炎

    、眼瞼浮腫、浮腫、アナフィラキシー、斑状、血管浮腫、気管支痙攣、脱毛、皮膚乾燥、水疱性、扁平苔癬、眼充血、眼瞼炎、眼精疲労、視力低下、複視、嗅覚障害、結膜炎、味覚異常、味覚消失、高血圧、眩暈、しびれ、筋骨格硬直、肩こり、手指硬直、不眠症、意識喪失、音声変調、低血圧、てんかん、眠気、皮膚感覚過敏、流涙、気分変動、頻脈、不整脈、動悸[medley.life] 5).過敏症:(頻度不明)発疹、そう痒感、湿疹、蕁麻疹、紅斑、光線過敏皮膚炎、眼瞼浮腫、アナフィラキシー、斑状、血管浮腫、気管支痙攣。 6).皮膚:(頻度不明)脱毛、皮膚乾燥、水疱性、扁平苔癬。 7).感覚器:(頻度不明)眼充血、眼瞼炎、眼精疲労、視力低下、複視、嗅覚障害、結膜炎、味覚異常、味覚消失。[medical.nikkeibp.co.jp] 化膿性爪囲炎 耳せつ 尋常性毛瘡 丹毒 爪囲炎 爪郭炎 鼻せつ 蜂か織炎 蜂巣炎 蜂窩炎 疔 リンパ腺炎 リンパ管・リンパ節炎 リンパ管炎 リンパ節炎 ざ瘡 慢性膿皮症 化膿性汗腺炎 感染性粉瘤 汗腺炎 集簇性ざ瘡 集簇性ざ瘡 膿皮症 膿疱性ざ瘡 膿瘍 皮下膿瘍 粉瘤 ざ瘡 ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの) 尋常性ざ瘡 尋常性ざ瘡(多発性炎症性[fpmaj.gr.jp]

  • アトピー性皮膚炎

    が強い傾向がみられるようになる.また,が顔面から頸部に顕著である顔面型や,孤立で瘙痒の強い疹が体幹・四肢に多発する 痒疹 型の患者は成人に特有であり,難治性になることもある.[kotobank.jp] アトピー性皮膚炎のもう一つの特徴は、とくに湿疹をともない「アトピー性湿疹(atopic eczema)」と呼ぶ国もあります。アトピー皮膚炎のには次の種類があります。[nihonatopy.join-us.jp] の分布と年齢的特徴 は左右対称で,前額,眼囲,口囲・口唇,耳介周囲,頸部,四肢関節部,体幹などに好発します. 乳児期:頭,顔からが出現し,体幹や四肢に拡大します. 幼小児期:頸部,肘窩,膝窩などにが出現するようになります. 思春期・成人期:顔面を含む上半身にが強く出現する傾向があります.[zousantsushin.jp]

さらなる症状

類似した症状