Create issue ticket

考えれる38県の原因 不規則な骨幹端

  • 骨肉腫

    長幹骨、特に脛骨や上腕骨の近位側および大腿骨遠位側の、骨幹のが好発部である。X線検査では、骨膜反応 骨表面から垂直に外側へ伸びている、濃い不規則な陰影を認める。 組織病理学的には、腫瘍細胞は多形性の強い核を有し、しばしば巨細胞を交え、異常有糸分裂像に富む。[ja.wikipedia.org] 病態 [ 編集 ] 長幹骨、特に脛骨や上腕骨の近位側および大腿骨遠位側の、骨幹のが好発部である。 X線検査 では、 骨膜反応 骨表面から垂直に外側へ伸びている、濃い不規則な陰影を認める。 組織病理学 的には、腫瘍細胞は多形性の強い 核 を有し、しばしば 巨細胞 を交え、異常 有糸分裂 像に富む。[ja.wikipedia.org]

  • 非退行性先天性血管腫

    先天奇形 LONP1 [HSA: 9361 ] [KO: K08675 ] H01825 Sedaghatian 型脊椎骨幹端異形成症 Sedaghatian 型脊椎骨幹端異形成症 (SMDS) は、まれな致死性先天性脊椎骨幹異形成症で、軽度の四肢短縮を伴う重篤な骨幹軟骨形成不全、扁平椎、骨端骨化の遅滞、不規則な腸骨稜、肺出血などを特徴[kegg.jp]

  • 悪性骨腫瘍

    病態 [ 編集 ] 長幹骨、特に脛骨や上腕骨の近位側および大腿骨遠位側の、骨幹のが好発部である。 X線検査 では、 骨膜反応 骨表面から垂直に外側へ伸びている、濃い不規則な陰影を認める。 組織病理学 的には、腫瘍細胞は多形性の強い 核 を有し、しばしば 巨細胞 を交え、異常 有糸分裂 像に富む。[ja.wikipedia.org]

  • 骨系統疾患

    C: 上腕骨は極度に短縮し,骨幹不規則に拡大している.診断的所見である点状石灰化は超音波でも観察可能である(矢印).近位肢節長管骨の短縮は上腕骨で特に著明に観察される (8) 低フォスファターゼ症 (Hypophosphatasia; HP) 組織非特異的アルカリフォスファターゼ(tissue non-specific alkaline[plaza.umin.ac.jp] B: X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • 片側不全麻痺

    先天奇形 LONP1 [HSA: 9361 ] [KO: K08675 ] H01825 Sedaghatian 型脊椎骨幹端異形成症 Sedaghatian 型脊椎骨幹端異形成症 (SMDS) は、まれな致死性先天性脊椎骨幹異形成症で、軽度の四肢短縮を伴う重篤な骨幹軟骨形成不全、扁平椎、骨端骨化の遅滞、不規則な腸骨稜、肺出血などを特徴[kegg.jp]

  • 常染色体優性脊椎肋骨異骨症

    Torrance型PLSDは不規則骨幹を伴う長骨の短縮、橈骨の弯曲、ウエハース様の椎骨を特徴とする。すべての亜型に、一貫して存在する軟骨細胞における小胞体の拡張した係蹄が認められるため、組織学的にTDとは区別される。[grj.umin.jp] C: 上腕骨は極度に短縮し,骨幹不規則に拡大している.診断的所見である点状石灰化は超音波でも観察可能である(矢印).近位肢節長管骨の短縮は上腕骨で特に著明に観察される (8) 低フォスファターゼ症 (Hypophosphatasia; HP) 組織非特異的アルカリフォスファターゼ(tissue non-specific alkaline[plaza.umin.ac.jp] B: X線像では,管状骨骨端部とその周囲に特徴的な点状石灰化stippled epiphysisが認められる.近位肢節である上腕骨と大腿骨は著しい短縮と骨幹のsplayingを示す. [plaza.umin.ac.jp]

  • 捻曲性骨異形成症

    Torrance型PLSDは不規則骨幹を伴う長骨の短縮、橈骨の弯曲、ウエハース様の椎骨を特徴とする。すべての亜型に、一貫して存在する軟骨細胞における小胞体の拡張した係蹄が認められるため、組織学的にTDとは区別される。[grj.umin.jp]

  • ヒルシュスプルング病 D型-短指症候群

    が未成熟で骨幹不規則であるため、長骨は短い。 先天奇形 DDR2 [HSA: 4921 ] [KO: K051 25 ] H00783 熱性けいれん 乳幼児の発熱時に起こる熱性けいれんは、幼年期の発作の中で最も一般的な疾患である。近年の分子遺伝学的研究により熱性けいれんをおこす遺伝子変異が報告されている。[kegg.jp]

  • 脊椎-巨大骨端-骨幹端形成異常

    Torrance型PLSDは不規則骨幹を伴う長骨の短縮、橈骨の弯曲、ウエハース様の椎骨を特徴とする。すべての亜型に、一貫して存在する軟骨細胞における小胞体の拡張した係蹄が認められるため、組織学的にTDとは区別される。[grj.umin.jp]

  • アダマンチノーマ

    長管骨では骨幹部,骨幹部の“髄質”に境界明瞭な病変を形成する。 種々の密度を示す間葉系紡錘状細胞の増殖と不規則な形態の線維骨から成る。この線維骨はアルファベット状と表現され,既存骨や反応性の新生骨に比較し,細く長い特徴を有する。骨が細胞の縁取りは見られない。 間質細胞の核は小型均一で目立った異型は無い。[soft-tissue-tumor.seesaa.net]

さらなる症状