Create issue ticket

考えれる44県の原因 不明瞭な発音

  • クラインフェルター症候群

    特に幼児期は、言語の遅れや発音不明瞭であることが多いようです。 病気がち 小さい頃は身体が弱く病気がちです。特に気管支関連の病気は多いようです。 また、心臓関連の障害のある方も見うけられます。 中年以降は、男性ホルモン不足による更年期障害に悩む方も多いです。[shonanjoy.com]

  • 鼻中隔偏位

    この穴によって口の中の水分が鼻に抜けたり、ストローが使いにくかったり、発音不明瞭になるなどといろいろと障害が生じることがあります。開いた割れ目は骨を入れて閉じます。穴が大きい場合は穴を閉じるために舌の粘膜を移植することもあります。[okayama-u.ac.jp]

  • 多発梗塞性認知症

    話をする時は発音不明瞭で、周囲が聞き取りにくくて困ることも少なくありません。 総合病院を受診し、CTを撮ると、小さな脳梗塞が複数見つかり、「血管性認知症」と診断されました。 特徴 「血管性認知症」は、アルツハイマー病に次いで2番目に多い認知症です。 有病率は、アメリカの調査によると65 70歳で0.2%。[e-heartclinic.com] しかし,感情の揺れは激しく( 感情失禁 :すぐに泣いたり怒ったりする),片 麻痺 ,歩行の障害,動作緩慢,発音不明瞭などの症状をしばしば伴います。進行すると言葉も発せず,飲み込みもできず,寝たきり状態になります。 また高血圧, 糖尿病 , 脂質異常症 , 喫煙 など心疾患や動脈硬化の危険因子を持っていることが多いことも特徴です。[kango-roo.com]

  • 大脳基底核出血

    発音不明瞭となり、鼻にかかったものとなります。大脳の広範な病変、たとえば多発性脳梗塞などにより両側性の錐体路(身体の随意運動にかかわる神経の伝導路)障害のあるときは仮性球麻痺といい、言語障害を伴います。一側性の脳障害でも軽い口周囲の筋肉の麻痺のため呂律が回らなくなることもあります。[azabunougeka.or.jp]

  • 脳血管性認知症

    話をする時は発音不明瞭で、周囲が聞き取りにくくて困ることも少なくありません。 総合病院を受診し、CTを撮ると、小さな脳梗塞が複数見つかり、「血管性認知症」と診断されました。 特 徴 「血管性認知症」は、アルツハイマー病に次いで2番目に多い認知症です。 有病率は、アメリカの調査によると65 70歳で0.2%。[e-heartclinic.com]

  • 幼児の半身麻痺 

    乳児期から自発的な運動が少なく、舌や口腔内の筋肉障害によって、話し方がゆっくりで、発音不明瞭なことが多いです。知的発達は比較的良好とされています。 脳性麻痺の合併症 脳性麻痺では、てんかん、視覚障害、消化器障害、知的障害など合併症を抱えるケースがあります。脳の障害がどの部位に及んでいるかによって障害の内容は変わってきます。[st.benesse.ne.jp] 1歳の誕生日頃から右手を使わなくなってきた1歳1カ月男児 J-5.部位や程度が変動する弛緩性片麻痺を10カ月より頻回に繰り 返す2歳男児 J-6.15歳頃より右手を使わなくなった,知的障害とてんかんをも つ16歳女性 J-7.生後4カ月に気づかれた右片麻痺と精神運動発達遅滞を呈する 8カ月女児 K.無呼吸 K-1.睡眠時無呼吸に気づかれた発音不明瞭[shindan.co.jp]

  • 筋萎縮性側索硬化症

    コミュニケーション障害 舌の動きが思いどおりにならず、ことばが不明瞭になり、とくにラリルレロ、パピプペポの発音がしにくくなります。 嚥下障害 舌やのどの筋肉が弱くなるために、食べ物や唾液(つば)を飲み込みにくくなり、むせることが多くなります。 ALSの症状があらわれるのは、50代から70代前半の年齢層に多いといわれています。[als.gr.jp]

  • 運動障害

    活舌が悪い状態であり、発音不明瞭で言っている事がわかりにくい。)や、 吃音 (きつおん。いわゆる”どもり”であり、言葉の最初が出にくい。)などがあります。 対応としては言語聴覚士によるセッションが考えられますが、多くは幼少期に受けるものであり、成人してから極端に改善することは少ないでしょう。[kaien-lab.com]

  • ニーマン・ピック病C型

    学童期… 学習が困難になる、摂食・飲み込み困難、目を上下に動かして物を追視できない、発音不明瞭になるなど。 診断が決まるまでの検査 ニーマン・ピックC型と疑われた場合、CTやMRI、脳波などの一般的な検査を受けますが、診断の決め手となるのは以下の検査です。 骨髄穿刺 骨髄は骨の中央にあり血液の細胞を作っているところです。[npcj.net] 発音不明瞭(構音障害)や食べ物の飲み込みにくさ(嚥下障害)、知能の低下も加わり、学童期には寝たきり状態となります。てんかんを併発することも多いです。学童期や青年期になってから発症する場合は学習の困難や行動上の問題、不器用さ、転びやすさなどを認めます。成人では幻覚、妄想などの精神症状で発症する場合もあります。[childneuro.jp]

  • 軽度の認知障害

    話をする時は発音不明瞭で、周囲が聞き取りにくくて困ることも少なくありません。 総合病院を受診し、CTを撮ると、小さな脳梗塞が複数見つかり、「血管性認知症」と診断されました。 特 徴 「血管性認知症」は、アルツハイマー病に次いで2番目に多い認知症です。 有病率は、アメリカの調査によると65 70歳で0.2%。[heartclinic-yokohama.com]

さらなる症状