Create issue ticket

考えれる661県の原因 不明の熱

  • ウイルス性上気道感染症

    エボラ出血熱 感染症予防法で一類感染症に分類されている致死的なウイルス性出血で、中央アフリカ・西アフリカなどでまれに発生する。 病原体 …エボラウイルス 感染経路 …ウイルスを保有している宿主は不明である。人同士は、患者の血液・体液などの接触により感染する。[nagaoka-med.or.jp] マールブルグ病 感染症予防法で一類感染症に分類されている致死的なウイルス性出血で、アフリカ中東部・南アフリカなどでまれに発生する。 病原体 …マールブルグウイルス 感染経路 …ウイルスを保有している宿主は不明である。患者の血液・体液などの接触により感染する。[nagaoka-med.or.jp]

  • リウマチ性多発筋痛症

    そういった場合、不明として検査を受けたり、悪性疾患の合併が疑われたりするだろう。頭痛は特異性が低いが、今までにないパターンの頭痛が新たに出現した場合は診断に重要である。 特異的な所見がなければ、多くの場合、検査前確率は50%以下である。[blog.livedoor.jp]

  • 皮膚感染症

    3.マダニでうつるライム病 4.不明と発疹をみたらツツガムシ病も考える 5.意外に多い日本紅斑熱の診断と治療 6.クリーピング病 7.皮膚輸入感染症 8.ケジラミ症の治療は?[m-review.co.jp]

  • 口内炎

    ウイルス感染ならが出るので原因がわかりやすい。 同じ口内炎でも、原因不明のまま繰り返すものを「再発性アフタ」という。詳しい原因は特定されていないが、理由はいくつか考えられている。まず、口の中をかんでしまったり硬い食べ物で傷ついたりした場所は口内炎になりやすい。歯並びや歯のとがり方によっては同じ場所を傷つけやすい。[style.nikkei.com]

  • 扁桃炎

    この病気は原因不明の血管の炎症であるが、溶連菌が一部関与しているといわれる。リウマチ熱発と関節痛があり、湿疹が出たり、また皮下に結節ができることもある。心臓への影響が大きく、心臓そのものの炎症である心炎、リウマチ性弁膜症を起こす。舞踏病を起こすこともある。 慢性扁桃炎は、年に何回も扁桃炎を繰り返して高熱を出す。[ja.wikipedia.org]

  • 咽頭炎

    疫学 正確な頻度は不明ですが、他の周期疾患に比較して多い疾患です。 3. 原因 病因・病態は殆ど解明されておらず、他の多くの自己炎症性疾患と異なり、明らかな遺伝性も認められません。 4. 症状 通常3 6日間続く周期性発熱発作が主症状であり、アフタ性口内炎・頸部リンパ節炎、咽頭炎などの随伴所見の幾つかを認めます。[nanbyou.or.jp] また、菌の直接の作用でなく、免疫学的機序を介して、リウマチや急性糸球体腎炎を起こすことが知られている。 さらに、発症機序、病態生理は不明であるが、軟部組織壊死を伴い、敗血症性ショックを来たす劇症型溶血性レンサ球菌感染症(レンサ球菌性毒素性ショック症 候群)は重篤な病態として問題である。[niid.go.jp] また、菌の直接の作用ではなく、感染後の免疫学的機序を介して、リウマチや急性糸球体腎炎を起こすこともよく知られています。更に、発症機序、病態生理は不明ですが、軟部組織壊死を伴い、敗血症性ショックを来たす劇症型溶血性レンサ球菌感染症は重篤な病態としてしばしば問題となっています。[kansensho.jp]

  • レンサ球菌感染

    また、菌の直接の作用でなく、免疫学的機序を介して、リウマチや急性糸球体腎炎を起こすことが知られています。さらに、発症機序、病態生理はまだ不明ですが、軟部組織壊死を伴い、敗血症性ショックを来たす劇症型溶血性レンサ球菌感染症(レンサ球菌性毒素性ショック症候群)は重篤な病態として知られています。[hotarugawa-clinic-toyama.com] また、菌の直接の作用でなく、免疫学的機序を介して、リウマチや急性糸球体腎炎を起こすことが知られている。 さらに、発症機序、病態生理は不明であるが、軟部組織壊死を伴い、敗血症性ショックを来たす劇症型溶血性レンサ球菌感染症(レンサ球菌性毒素性ショック症 候群)は重篤な病態として問題である。[niid.go.jp] また、菌の直接の作用ではなく、感染後の免疫学的機序を介して、リウマチや急性糸球体腎炎を起こすこともよく知られています。更に、発症機序、病態生理は不明ですが、軟部組織壊死を伴い、敗血症性ショックを来たす劇症型溶血性レンサ球菌感染症は重篤な病態としてしばしば問題となっています。[kansensho.jp]

  • レーノー現象

    38.3度以上の発熱が3週間以上続き、医療機関での精密検査を行っても原因の説明がつかない発熱を「不明」と定義し、さらなる原因の検索を進めます。[keio-rheum.jp] エリテマトーデス 32名、多発性筋炎・皮膚筋炎 28名、強皮症 3名、混合性結合組織病 4名、顕微鏡的多発動脈炎 4名、多発血管炎性肉芽腫症 9名、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 5名、結節性多発性動脈炎 2名、シェーグレン症候群 1名、ベーチェット病 1名、大動脈炎症候群 2名、リウマチ性多発筋痛症 3名、成人スチル病 4名、反応性関節炎 1名、不明[kitano-hp.or.jp] 膠原病(こうげんびょう)とは、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称で、原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共通してみられます。女性に多く見られる病気で、比較的若い女性の不明(原因不明の発熱)として発見されることが多いです。 SLE や リウマチ など数種類の病気が含まれています。[kagawa-clinic.com]

  • 骨盤内炎症性疾患

    本書を読めば、不明不明炎症を検討するごく稀な機会に自己炎症性疾患が見つかるという一般的なイメージが覆され、自己炎症性疾患はありふれた疾患と診断しているものの中(表1-1 )にも隠れている疾患であり、自分の患者の中にも診断がつかず長年苦しんでいる人がいるのではないかと、患者の病歴・家族歴を確認したくなるだろう。[kinpodo-pub.co.jp] 染色体異常,他に分類されないもの) 18 症状,徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの 18 症状,徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの(腹痛及び骨盤痛) 18 症状,徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの(めまい) 18 症状,徴候及び異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの(不明[e-stat.go.jp] ウイルス性心膜炎 繰り返す側腹部痛・側胸部痛 一般内科,救急外来,感染症内科,泌尿器科 急性腎盂腎炎 繰り返す単関節炎 リウマチ膠原病内科,整形外科 結晶性関節炎,回帰性リウマチ 繰り返す頭痛/ 髄膜炎 神経内科 片頭痛,Mollaret 髄膜炎 繰り返す発熱(のみ) 一般内科,救急外来,感染症内科,リウマチ膠原病内科 (その都度)かぜ,不明[kinpodo-pub.co.jp]

  • ニューロパチー

    HSPB1 ショック蛋白β-1 臨床 CMT2G 不明 12q12-q13 不明 研究のみ CMT2H/2K 5% GDAP1 ガングリオシド誘発性分化関連蛋白1 臨床 CMT2I 不明 MPZ ミエリンp0蛋白 臨床 CMT2J 不明 MPZ ミエリンp0蛋白 臨床 CMT2L 不明 HSPB8 ショック蛋白β-8 臨床 CMT2N[grj.umin.jp] 不明 AARS アラニルtRNA合成酵素(細胞質) 臨床 CMT2O 不明 DYNC1H1 細胞質ダイニン1重鎖1 研究のみ CMT2P 不明 LRSAM1 E3ユビキチン蛋白リガーゼLRSAM1 研究のみ 「検査の実施」とは,GeneTests Laboratory Directory掲載施設での利用状況である.GeneReviewsは[grj.umin.jp] CMT2B2 不明 MED25 RNAポリメラーゼII転写メディエーターサブユニット25 臨床 CMT2C 不明 TRPV4 一過性受容体電位カオチンチャネルサブファミリー5メンバー4 臨床 CMT2D 3% GARS グリシルtRNA合成酵素 臨床 CMT2E/1F 4% NEFL 神経フィラメント軽鎖ポリペプチド 臨床 CMT2F 不明[grj.umin.jp]

さらなる症状