Create issue ticket

考えれる445県の原因 不明の熱

  • リウマチ性多発筋痛症

    そういった場合、不明として検査を受けたり、悪性疾患の合併が疑われたりするだろう。頭痛は特異性が低いが、今までにないパターンの頭痛が新たに出現した場合は診断に重要である。 特異的な所見がなければ、多くの場合、検査前確率は50%以下である。[blog.livedoor.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    エボラ出血熱 感染症予防法で一類感染症に分類されている致死的なウイルス性出血で、中央アフリカ・西アフリカなどでまれに発生する。 病原体 …エボラウイルス 感染経路 …ウイルスを保有している宿主は不明である。人同士は、患者の血液・体液などの接触により感染する。[nagaoka-med.or.jp] マールブルグ病 感染症予防法で一類感染症に分類されている致死的なウイルス性出血で、アフリカ中東部・南アフリカなどでまれに発生する。 病原体 …マールブルグウイルス 感染経路 …ウイルスを保有している宿主は不明である。患者の血液・体液などの接触により感染する。[nagaoka-med.or.jp]

  • 家族性地中海熱

    監修のことば はじめに 第1章 不明を外来で診る 私の不明熱論 古典的不明 私の考える不明 診断できない不明 古典的不明の定義の抜け穴 古典的不明の定義 古典的不明の定義の抜け穴 外来で診る不明患者の一般的傾向 外来で診る不明の熱源候補の捉え方 外来で診る不明患者の一般的傾向 悪性疾患よりも良性疾患が多い傾向がある 重症[rr2.nakayamashoten.co.jp] 1 2カ月の周期で発熱や胸の痛みなどを繰り返す遺伝性の難病「家族性地中海」。原因不明の病気で、放置すると重い合併症を引き起こすことがあり、早めの受診と適切な治療が望まれる。京都大学医学部付属病院(京都市)小児科の平家俊男教授(現・兵庫県立尼崎総合医療センター院長)に聞いた。[medical.jiji.com] なお、不明の評価の詳細については 発熱・不明 の項を参考にしてほしい。 一部、臨床症状より診断が可能な症例も存在するが、通常臨床症状が類似するため、確定診断は遺伝子検査にて行う。[clinicalsup.jp]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    不明で若年女性ならば高安動脈炎、中年ならば結節性多発性動脈炎(PAN)、高齢者ならば巨細胞性動脈炎が疑われるが、これらは検査を行わないとわからない。超音波検査による血流評価やMRA(磁気共鳴血管画像)による血管評価ののちに生検を行うことが多い。 特に重要となる疾患はANCA関連血管炎である。[ja.wikipedia.org]

  • 皮膚感染症

    3.マダニでうつるライム病 4.不明と発疹をみたらツツガムシ病も考える 5.意外に多い日本紅斑熱の診断と治療 6.クリーピング病 7.皮膚輸入感染症 8.ケジラミ症の治療は?[m-review.co.jp]

  • レーノー現象

    38.3度以上の発熱が3週間以上続き、医療機関での精密検査を行っても原因の説明がつかない発熱を「不明」と定義し、さらなる原因の検索を進めます。[keio-rheum.jp] しかしながら診断がつかなかった不明の方の予後は基本的に良好であるとされています。 このように不明の原因は一つの分野に収まらずに非常に多岐にわたります。系統的な診察と適切な検査が診断のポイントとなります。当院のリウマチ膠原病科では、不明の診療にもあたっております。[chubuh.johas.go.jp] 膠原病(こうげんびょう)とは、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症が見られる病気の総称で、原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状が共通してみられます。女性に多く見られる病気で、比較的若い女性の不明(原因不明の発熱)として発見されることが多いです。 SLE や リウマチ など数種類の病気が含まれています。[kagawa-clinic.com]

  • 概要高IgD症候群

    もっと見る(外部サイトへ) 2017年11月25日(土) 05:59 コメント 『ロボブーマー』 菴連也著 - 読売新聞 高IgD症候群(メバロン酸キナーゼ欠損症) 福井県生まれの著者は16年前、生まれた直後から原因不明や関節炎に悩まされ、8歳で当時日本で6人しか見つかっていなかった難病「高IgD症候群」と診断された。[community.raresnet.com] なお、不明の評価の詳細については 発熱・不明 の項を参考にしてほしい。 一部、臨床症状より診断が可能な症例も存在するが、通常臨床症状が類似するため、確定診断は遺伝子検査にて行う。[clinicalsup.jp] 図2 HIDSの診断フローチャート ※ 乳児期早期からの不明な炎症反応高値、不明、皮疹や腹部症状、関節症状などを伴うことがある。 (乳児期発症のJIA、再発を繰り返す川崎病などの診断で長期フォロー中の患者も含む) 本疾患での具体的治療指針は未だ定まっていないが、発作時の副腎皮質ホルモンの短期的全身投与が多くの症例で有効とされている。[emeneki.com]

  • 咽頭炎

    疫学 正確な頻度は不明ですが、他の周期疾患に比較して多い疾患です。 3. 原因 病因・病態は殆ど解明されておらず、他の多くの自己炎症性疾患と異なり、明らかな遺伝性も認められません。 4. 症状 通常3 6日間続く周期性発熱発作が主症状であり、アフタ性口内炎・頸部リンパ節炎、咽頭炎などの随伴所見の幾つかを認めます。[nanbyou.or.jp] また、菌の直接の作用でなく、免疫学的機序を介して、リウマチや急性糸球体腎炎を起こすことが知られている。 さらに、発症機序、病態生理は不明であるが、軟部組織壊死を伴い、敗血症性ショックを来たす劇症型溶血性レンサ球菌感染症(レンサ球菌性毒素性ショック症 候群)は重篤な病態として問題である。[niid.go.jp]

  • 扁桃炎

    この病気は原因不明の血管の炎症であるが、溶連菌が一部関与しているといわれる。リウマチ熱発と関節痛があり、湿疹が出たり、また皮下に結節ができることもある。心臓への影響が大きく、心臓そのものの炎症である心炎、リウマチ性弁膜症を起こす。舞踏病を起こすこともある。 慢性扁桃炎は、年に何回も扁桃炎を繰り返して高熱を出す。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性関節炎

    炎症部位を特定するためレントゲン検査およびエコー検査を実施するが著変なしで、いわゆる「不明」であった。※犬の不明の原因として様々な原因が考えられるが(詳しくは過去の記事を参照)。その中でも免疫介在性多発性関節炎が最も多いという報告がある。本症例も関節穿刺を行い、関節炎の検査を実施。[tabaru.9syu.net] しかしながら診断がつかなかった不明の方の予後は基本的に良好であるとされています。 このように不明の原因は一つの分野に収まらずに非常に多岐にわたります。系統的な診察と適切な検査が診断のポイントとなります。当院のリウマチ膠原病科では、不明の診療にもあたっております。[chubuh.johas.go.jp] 貞博 (すずき さだひろ) 昭和57年卒 役職 膠原病科部長、総合診療科部長 リウマチ科部長、リウマチ膠原病センター長 資格 日本内科学会総合内科専門医・研修指導医 日本プライマリケア連合学会認定医・研修指導医・評議員 日本リウマチ学会専門医・指導医・評議員 日本医師会認定産業医 専門分野 膠原病全般の診断と治療、関節リウマチの内科的治療、不明疾患[shinonoi-ghp.jp]

さらなる症状