Create issue ticket

考えれる14県の原因 不感症

  • 膀胱炎

    膀胱炎(ぼうこうえん、英:cystitis)は、膀胱に起こる炎症である。 急性膀胱炎と慢性膀胱炎がある。急性膀胱炎は細菌性の感染症である。慢性膀胱炎は、急性膀胱炎の慢性化のほか、間質性膀胱炎もある。なお、糖尿病などの合併症に膀胱炎を起こすこともあるが、それらは主に細菌性である。 女性に多く、男性では比較的少ない。発熱を伴わないことが多い。発熱を伴っているときには、実質臓器の炎症、特に腎盂腎炎まで感染が拡がっている可能性がある。排尿痛、頻尿、血尿のいずれかがあれば、ほぼ50%の確率で急性尿路感染症と診断される。 検査としては 尿検査 膀胱鏡検査などがある。[…][ja.wikipedia.org]

  • うつ病
  • 妊娠

    妊娠中・出産後のママへ 女性にとってお腹の赤ちゃんと過ごす10ヶ月はとても素敵な時間ですよね。でも妊娠中や出産後はホルモンバランスの変化により、さまざまな心と体の変化が起こりやすいものです。今まで経験した事のない症状に戸惑ったり、不安になりやすくなります。初めての妊娠・出産では自分で判断できず、不安は募るばかり。でもいちいち病院に行くのはちょっと・・・。そんな新米ママをサポートするのが「妊娠症状スッキリガイド」です。気になる症状や不安の解消に役立てて下さいね。 ※注意事項[…][ninsin.sakura.ne.jp]

  • 膣痙攣
  • 骨盤内炎症性疾患

    骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性感染症 (STD)の一種でもある。 膣から上記微生物が侵入し、子宮、卵管を経由して腹腔内に到達、骨盤内にて腹膜に炎症を起こすためこの名がある。従って女性にしか発生しない。 性交との関連性が強く、通常初経前、閉経後、妊娠中には発症しない。 初体験年齢の低下に伴って若年層にも増加している。 下腹痛、発熱、帯下、不正性器出血、性交時痛等が見られる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 神経症性障害
  • 痔を予防する(悪化させない)方法 トイレで強くイキまない なるべくイキむ時間を短くするよう心がけてください。そのためには、トイレにいる時間を短くすること。目安は3分以内。便はある程度イキめば出るもの。10の便のうち7から8は軽くイキんだだけで誰でもすぐに出るものなのです。 ところが残りの2から3の便を出そうとすると強くイキむことが必要になります。そうすると、肛門にものすごい圧力がかかることになるのです。痔になるのは神経質な人が多いのはこのためです。[…][takeda-kenko.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性的な不安

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 包茎

    クリトリス包茎は、クリトリスと包皮の間に恥垢(ちこう)が 溜まってしまう、刺激されても感じない、いわゆる不感症に なったり、包皮の肥大化など様々です。 恥垢(ちこう)が溜まることにより、陰核(クリトリス)と 包皮はくっついてしまい(癒着)性交時に痛みが 生じてしまう、臭いの元となってしまうと悪影響を 及ぼします。[kabacli.com] 不感症の原因にもなるために包皮切除手術等の治療も行われる。 五十嵐隆(監修)、佐藤裕之(参考部執筆)、2011、『EMB 小児疾患の治療 2011 - 2012 「IX 腎・泌尿器 9.小児の包茎に対する基本的治療方針は?」』[ja.wikipedia.org] 不感症気味である。 臭いがきつい。 かばしまクリニックでは女性の院長が担当します。 女性のデリケートな部分なので男性医師に診察・治療 されるより女性医師の方が安心できると思います。 かばしまクリニックでは、あなたのお悩みをお聞きする 無料カウンセリング をご用意しています。 かばしまクリニック院長 があなたのご相談に丁寧にお答えします。[kabacli.com]

さらなる症状